一万円を借りるための業者探し

MENU

一万円を借りるための業者探し

 

お金を借りる必要が出たとき、おおざっぱな金額ではなく必要最低限の金額で借りたいと考える人も少なくありません。たくさん借りるとそれだけ利息負担も大きくなってしまいますので、必要以上の借入は無駄でもあります。

 

しかし銀行でも消費者金融でも、最低利用額や最低契約額が設定されているため、自分の好きな金額だけ借りることができないことも珍しくありません。

 

一万円程度の少額から融資してくれる金融機関を探す場合はどのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。

一万円を借りれる業者の見つけやすさとは

クレジットカードのキャッシングやカードローンでは、最低契約金額が10万円となっているところも多く、一万円だけの契約はできないところが多くあります。しかし契約額が大きかったとしても、利息負担は利用金額にのみかかってくるものです。

 

多くの業者は最低利用金額が一万円となっていますので、10万円の契約をして一万円だけ借りることにすれば無駄はありません。一万円を1ヶ月借りたときの利息は、金利が18%の場合は10000×0.18÷12で、およそ150円です。もちろん随時返済をすればもっと利息負担は小さくなります。

 

千円単位で借りることができる業者は非常に少なく限られていますが、どこの金融機関でも一万円であれば問題なく見つけることはできるでしょう。

 

銀行のように低金利のローンで契約をすれば有利な契約内容になりますが、その分契約のハードルが高くなり、審査に通るかどうかわからなくなります。とりあえず一万円だけ借りたいのであれば、契約のハードルが比較的低い消費者金融から借り先を選ぶと良いでしょう。

 

少額の利用であれば多少金利が高かったとしても、大きなコストになることはあまりありません。将来的にもっとたくさんの資金を長期間借りる必要が出てきた場合は、低金利のローンを探すと良いでしょう。そのとき他社で信用されるような利用実績があれば、審査のときに有利に働くこともあります。最初から低金利のローンの契約をすることは難しいので、こうした一万円程度の少額の借入は、信用情報を作る良い切欠となるでしょう。

一万円を借りるときは「千円単位」で借りれるもの?

そこでもう1つ気になるのが、千円単位で借りることができる金融機関の存在です。1万円以下で借りることができる金融機関は非常に少ないのですが、一万円以上であれば千円単位で借りる金額を増やすことができる金融機関も存在しています。

 

どうしてこのように少額の借り入れができないかというと、システムの維持費用が増えてしまうことが挙げられます。少額の融資は利用者にとっては便利かもしれませんが、お金を貸している金融機関にとってはあまり利益にならない部分です。そのような融資を実現するために多額のシステム開発資金を投じることは、利益を求める金融機関にとってはメリットのないことなのです。

 

また、千円単位の貸し出しがあればそれだけ管理も面倒になります。少額の滞納をしている人にも連絡を入れなくてはならなくなりますし、システム以外でお金がかかってしまうこともあります。郵便による催促をするのであれば、切手代もバカになりません。このような少額融資は金融機関にとっては手を出したくない領域ですので、対応している業者が限られているのです。

 

こうした経緯により、ほとんどのカードローンやキャッシングには最低利用金額が設定されています。

 

また、金融機関によっては借り入れ方法によって最低利用金額が変わるものがあります。

 

例えばエポスカードのキャッシングの場合は、ネットから振り込み融資を依頼する場合、千円単位で希望することができますが、ATMから引き出す場合は一万円単位となります。

 

カードによってこのような違いがありますので、あらかじめ確認しておく必要があります。

バンクイックで借りるのがオススメなワケ

千円単位で借りられると宣伝している業者でも、最低利用金額が千円からとは限りません。一万円以上から千円単位となっていることもありますし、借りる手段によって最低利用金額が異なることもあります。

 

そこで検討しておきたいのが、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」です。三菱東京UFJ銀行は言わずと知れたメガバンクです。このような大きな銀行で借りることはハードルが高いと考えられがちですが、実は保証会社はグループ内の消費者金融である「アコム」です。そのためバンクイックの審査基準はアコムとの契約と同水準となっており、銀行系カードローンの中でも契約しやすいカードローンとして知られています。

 

バンクイックでは千円の少額から融資をしてもらうことができますし、手数料は無料です。

 

少額利用で気をつけておきたいのが、ATMや振り込み手数料です。場合によっては利息よりも高くなってしまうこともありますので、少額利用をするのであればできるだけ手数料のかからない金融機関を選ぶと良いでしょう。特に少額で繰り返し利用するような場合には注意しておきたいところです。

 

手数料がかかる金融機関の場合、利用金額によっても手数料の値段が変わることがあります。例えば1万円未満は108円、それ以上は216円など、ある金額を境に手数料が倍になるようなものもあります

 

一般的に銀行系カードローンは手数料無料となっているところが多いので、銀行系カードローンで審査に通りやすい金融機関は見逃せません。


カードローン おすすめ

×