1. カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキング
  2. 銀行カードローン
  3. バンクイック
  4. バンクイックの保証会社ってどこなの?

バンクイックの保証会社ってどこなの?

 2018/04/01 バンクイック
この記事は約 5 分で読めます。 378 Views

バンクイックの保証会社ってどこなの?

テレビCMでもお馴染みのバンクイックは、三菱東京UFJ銀行のカードローンです。

メガバンク系のカードローンということで大きな安心感と共に、低金利、即日融資、テレビ窓口と呼ばれる自動契約機など、金利も低く利便性も高い商品ということで、業界トップシェアを誇る人気商品となっています。

審査時間も大手消費者金融並みの最短30分を実現しているのですが、一体、これらの審査を行っているバンクイックの保証会社はどこが担当しているのでしょうか。
 

結論は・・・

結論は、バンクイックの保証会社は、三菱東京UFJ銀行グループの大手消費者金融業者のアコムが担当しています。

サラ金時代の厳しすぎる取り立てが社会問題化し、貸金業法が改正されると大手消費者金融各社は経営難に陥ることにありますが、アコムは、メガバンクの三菱東京UFJ銀行の子会社となることで生き残ることができました。

また、それまでは、個人向け融資商品にはそれほど力を入れていなかった銀行ですが、サラ金各社が経営難に陥ったことから、その受け皿となり、個人向け融資商品業界にカードローンとして参入することになりました。

バンクイックは、低金利の銀行商品でありながら、グループ子会社の大手消費者金融アコムのノウハウを取り入れ、低金利で、且つ、審査時間の短縮、即日融資、自動契約機などの利便性も高いという、銀行カードローンと消費者金融キャッシングのいいとこを兼ね備えた商品として、最強のカードローンとして人気を誇っています。
 

身内だけど管理は別々

もちろん、同じグループ企業同士とは言え、お互いに株式上場している企業ですので全くの別会社ということになります。つまり、身内だけど管理は別々ということになります。

従って、バンクイックの審査に対して、アコムに三菱東京UFSJ銀行が口をはさむことはできませんし、あくまで、審査については、保証会社であるアコムに全面的に依頼しているということになります。

前述のように、貸金業法の改正により、過払い金返還などの要因で経営難に陥った消費者金融の多くは、銀行子会社となりましたので、同様にグループ企業の消費者金融が保証会社をしているケースは、他の銀行グループでも見られます。

以前であれば、銀行カードローンの審査時間には2〜3週間はかかるというのが常識でしたから、グループ企業に消費者金融業者が入ってきたことで、審査時間の大幅な短縮などが可能となっています。つまり、銀行カードローンにとっては、大きなメリットとなっているのです。
 

バンクイックは総量規制に引っかからない

貸金業法の改正で、貸金業者である消費者金融業者や信販会社などは、総量規制の適用を受けるようになります。これは、サラ金の厳しすぎる取り立て行為が社会問題化したことによる規制強化で、貸金業法の下の貸金業者の場合には、年収の3分の1以上の貸し出しをすることはできないなどの規制が適用されることとなりました。

総量規制を守らないケースでは、行政指導の対象ということになり、営業停止などの厳しい処分が下されることになります。

ただし、総量規制は貸金業者を対象としたものですから、銀行カードローンであるバンクイックは総量規制の適用を受けることはありません。つまり、基本的には年収の3分の1以上でも貸出ができますし、貸金業者のように、50万円を超える貸出、および、他社との借入合計が100万円を超える場合には収入証明書を提出しなければならないということもありません。

バイクイックは銀行カードローンですので、総量規制の適用を受けませんが、バンクイックの保証会社であるアコムは消費者金融業者ですので総量規制の適用を受けます。

ここで耳より情報!実は、消費者金融などの貸金業者の場合には、総量規制の適用のため、50万円を超える貸出、他社との合計が100万円を超える貸出の場合には、収入証明書の提出が義務付けられています。

しかし、総量規制の適用を受けない銀行カードローンの場合には、50万円を超える場合や他社との合計で100万円を超える場合でも収入証明書の義務はなく、各銀行の独自の審査基準で収入証明書の提出を要求することができるのですが、何と、バンクイックの場合には、200万円までの利用であれば、原則として収入証明書提出の必要がありません。

もちろん、保証会社の審査基準により、200万円以下でも提出を求められることはありますが、初回から200万円以上を借りる人もそう多いわけではないでしょうから、少額融資の場合には保証会社の判断により、収入証明書の必要が無いというのは有難いサービスとなります。
 

賢い戦略として

バンクイックを利用する際の賢い戦略としては、まず、保証会社の審査に通る必要があるのですが、バンクイックでは、銀行カードローンとしてはめずらしくお試し診断サービスがあります。これは、生年月日、性別・既婚か独身、他社の借入の3項目を入力するだけで瞬時に利用可能かどうかの診断が行われます。

もちろん、本審査ではありませんが、正確な情報を入力すれば信頼性の高い診断となります。

また、バンクイックでは振込サービスが提供されていませんので、借入をする際にはカードを取得する必要があります。カードは、保証会社の審査が通れば、テレビ窓口から申込んだ場合には契約完了後にその場でカードを取得できますが、webから申込んだ場合には、振込サービスがないため、三菱東京UFJ銀行の本支店内にあるテレビ窓口まで出向いてカードを取得する必要があります。

事前に、webから申込んで保証会社の審査を済ませておけば待ち時間なしでカードを取得するができます。

\ SNSでシェアしよう! /

カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

この人が書いた記事  記事一覧

  • レイクALSAの審査内容とは?在籍確認の有無やスペック徹底調査

  • スルガ銀行ってどんな保証会社なの?

  • スルガ銀行カードローンの特徴

  • スルガ銀行カードローンの「tポイント月リザーブドプラン」

関連記事

  • 「バンクイック」は三菱UFJの銀行カードローンです

  • 三菱ufjのテレビ窓口ってどうなの?

  • バンクイックの審査が厳しいって本当?

  • 三菱ufjカードローンで否決してバンクイックで可決した時の口コミ

  • バンクイックの審査に落ちる原因は何!?考えられる原因をまとめてみました

  • マイカードプラスとバンクイックの審査の違い