バンクイックの審査が厳しいって本当?

MENU

バンクイックの審査が厳しいって本当?

一般的には銀行系のカードローンは審査が厳しいと言われていますが、三菱東京UFJ銀行であるバンクイックは審査の対応が柔軟なことで知られています。

 

実際に多くの口コミでも他の銀行では審査に通らなかったが、バンクイックでは通ることができたなどの声が上がっています。

 

とはいえ、いくら柔軟な審査を行ってくれるバンクイックであっても、誰でも必ず審査に通るという訳ではありません。

 

では、バンクイックではどのような方が審査に通ることができて、どのような方が審査に落ちてしまうのでしょうか。審査の内容などについて見ていきましょう。

実は敷居の低いローン!

バンクイックは銀行系カードローンではあるのですが、実は敷居の低いローンとなっていて、外国国籍の方や収入が無い学生や専業主婦であっても借入ができるのです。

 

外国国籍の方の場合は永住権を取得していれば申し込みができますし、学生の場合には親権者の同意があれば、限度額10万円まで借り入れをすることが可能です。

 

さらには収入が年金のみの方であっても借入可能と、非常に敷居の低いローンである事が分かります。

 

このように年金受給者や専業主婦などの収入が少ない、もしくは収入がない方は消費者金融はもちろん、銀行であっても利用できる場所は少ないので、その点においても非常に利用しやすいローンと言えるでしょう。

 

ただし専業主婦の場合には限度額が30万円と制限されていますので注意してください。

 

また学生や専業主婦のように限度額に制限のある方に関しては、申し込みをした時点で他社からの借入がある場合には、審査の通過が難しくなってしまいますので、その点においても注意する必要があります。

 

このように幅広い年齢や職業に対応していますので、他で審査に落ちてしまった方であっても、バンクイックであれば審査に通ることが可能かもしれません

アコムのノウハウで運営されている

バンクイックは銀行系のカードローンですが、そもそも銀行系は大口融資をメインに行っていた為、小口融資のノウハウが少なくリスク軽減の為、優良な顧客でなければ融資をしていませんでした。しかし、近年は大手の消費者金融を傘下に入れて経営統合する動きが活発になったことから、小口の融資も行うようになってきました。

 

さらには銀行系のカードローンには保証の制度があり、その制度によって債務者の返済が滞った場合には、債務者の代わりに返済をしてくれて、その後の督促を請け負ってくれるのです。

 

小口融資を主体とした消費者金融は督促のノウハウが充実していますので、審査も甘くなる傾向にあるのですが、バンクイックではアコムが保証会社として付いています。審査基準に関してもアコムのノウハウを利用してい運営をしていますので、このことがバンクイックが柔軟に審査を行える秘訣となっています。

 

過去にアコムの審査に通らなかった経験がある方の場合には、バンクイックでも審査に通らない可能性もありますが、それは絶対という訳ではありません。

銀行だからと言って審査が厳しいわけではない

銀行系は金利が安い分審査が厳しいといったイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。逆に消費者金融では金利は高いが審査が甘いと思われている方も多いですが、これは間違いなのです。

 

先ほどもお伝えした通り、多くの銀行系のカードローンでは消費者金融を保証会社として付けていて、そのノウハウを基に運営をしています。実際にバンクイックでもアコムを保証会社として運営をしていて、簡単に言ってしまえばアコムに丸投げをしている状態にあります。(参照:バンクイックの保証会社ってどこなの?

 

また消費者金融では過去に借金によって破産をする方が多くいたことから、そのような事態を防ぐ目的で、総量規制と呼ばれる法律が制定されました。総量規制とは年収の3分の1以上を超える金額を融資してはならないといった法律です。実はこの総量規制と呼ばれる法律は消費者金融では適応されているのですが、銀行では適応外となっているのです。

 

ですので、アコムを始めとする消費者金融で総量規制のみが引っかかり審査落ちをしてしまった方であれば、銀行系なら審査に通る可能性があるという事になります。

データで見るとわかりやすい

このように、アコムが保証会社として付いて、そのノウハウをそのまま利用して運営をしていることや、総量規制と呼ばれる法律の適応外となっていることから、審査が通りやすいことが分かりました、このことはデータでも分かりますので見ていきましょう。

 

消費者金融も含めた申し込みの数を見てみても、大手の消費者金融を押さえてバンクイックが1位となっています。

 

また三菱東京UFJ銀行が公開している資料では、バンクイックの融資残高は右肩上がりで推移していることが分かります。

 

2013年3月末の時点では1,661億円となっていて、2014年3月末の時点では2.474億円、2015年3月末の時点では3,114億円、2016年3月末の時点では3,716億円となっていて、このデータはバンクイックが多くの消費者に受け入れられている客観的な証拠と言えます。

 

ですので、消費者金融はもちろんのこと、他の銀行系でも審査に通ることが難しい方や、初めてカードローンに申し込みをするといった方は、まずバンクイックに申し込みをしてみてください。


カードローン おすすめ

×