ブライダルローンで結婚資金は準備出来る?特徴と他のローンとの比較

MENU

ブライダルローンで結婚資金は準備出来る?

 

結婚式は一生に一度の晴れ舞台です。せっかくの式なのですから、好きな人たちを招待して好きな内容の式を好きな式場で送りたいものです。しかし結婚式には高額な資金が必要となります。

 

結婚前から二人でコツコツ貯金をしていれば賄えますが、特に若い世代や親からの支援を受けられないような場合は、どうにかしてお金を工面しなくてはなりません。結婚式の費用は前払いになることがほとんどですので、ご祝儀を当てにしていてはいけないのです。

 

では結婚式にはどのくらい費用がかかるのでしょうか。足りない場合はブライダルローンやカードローンで借りることはできるのでしょうか。それぞれの借り入れ方法の特徴とメリット、デメリットを見ていきましょう。

 

結婚費用の相場は600万円!前払の結婚式費用はブライダルローンで

まず結婚式の費用ですが、式の前にも結納をしたりと、さまざまなところで出費があります。

 

結婚にかかる平均的な費用で見ると、結納や会場費が13万円、婚約指輪が30万円、結婚指輪が二人分で20万円、挙式披露宴費用が340万円、新婚旅行が50万円、お土産費用が10万円。実に450万円以上の出費があります。

 

これに加えて新郎新婦の衣装費用や写真撮影、来客へのお車代や仲人へのお礼など含めると、おおよそ600万円は必要になります。もちろん式をもっと豪華にしたい、たくさん人を呼びたいとなるとさらにお金はかかってきます。

 

また、結婚費用は地域によっても大きく違いがあります。

 

会費制が主流となっている北海道では挙式、披露宴費用はかなり低くなります。国内で最も結婚にお金をかけているのが千葉県です。北海道の場合は式の費用も下がりますが、ご祝儀として入ってくる金額も少ないです。

 

結局のところ負担しなくてはならない金額に、大きな地域差は発生しないでしょう。ただし初期費用として自分たちが負担する金額には違いがありますので、千葉県など首都圏の人の結婚式のほうが負担は大きくなります。

 

こうした出費に対応することができるローンがあります。それがブライダルローンと呼ばれるローンです。

 

ブライダルローンは目的別ローンの1つで、見積もりを出してからお金を借りるローンです。もちろん利用できる自己資金があればその金額は引いて借り入れをすることができます。

 

ブライダルローンの特徴は、挙式以外にも利用できる点です。結婚すると新生活を送ることになりますが、その転居費用や新しい家具を購入する費用に利用できるものも多くあります。金融機関のブライダルローンによって、どこまで利用範囲があるのかは異なります。あらかじめ確認をしておき、利用範囲の広いブライダルローンを選ぶと良いでしょう。

 

ブライダルローンはカードローンと違って、審査が下りたあとにまとめてお金を借りるローンです。好きなタイミングで追加融資を受けることはできず、さらにお金が必要になれば再度審査が入ります。審査に必ず通るというわけではありませんので、ある見積もりには余裕を持たせておき、かつかつの挙式にならないようにしましょう。

 

ブライダルローンは自分たちで有利な条件のものを探しても良いですし、式場があっせんしてくれるブライダルローンを利用するのも良いでしょう。金利はそのブライダルローンによって異なりますし、借り入れできる上限も違っています。すべて言いなりになって決めていくのではなく、自分たちで自発的に動いて資金集めをすることも大切でしょう。また、借入期間から有利なローンを選ぶ方法もあります。

 

賢く結婚資金を準備!ブライダルローンのメリットは低金利!

結婚式の費用は全部で600万円ほどかかりますが、ご祝儀や援助によってある程度賄うこともできます。自分たちが負担する費用としては、おおよそ200万円ほどでしょう。式の内容や招待する人によってご祝儀の金額や費用は異なりますので、場合によってはもっと資金が必要になることもあります。

 

平均的に600万円ですが、一気に600万円を払うわけではありません。指輪の費用や衣装代は50万円程度ですので、場合によってはクレジットカードで購入することもできるでしょう。もちろんブライダルローンを利用しても良いのですが、どの支出にローンを利用するかは本人たち次第です。なるべく少額な出費は自分たちの費用で賄うようにし、払いきれないような高額な出費のものをローンで対応したほうが良いでしょう。

 

ブライダルローンのメリットは何と言っても低金利なことです。カードローンの金利は10%を超えるものも多く、10%なら低金利な部類になります。金融機関が提供しているブライダルローンのほとんどは1ケタ台です。例えば千葉銀行は5%、十六銀行は4.5%、四国銀行は3.4〜7.5%などです。金利は契約者の信用力や限度額によって異なりますが、一般的には借入額が大きくなるほど金利は低くなります。

 

また、メガバンクではブライダルローンとしての商品はありませんが、多目的ローンやフリーローンを利用してお金を借りることができます。多目的ローンやフリーローンの特徴は、その使い道の多さです。ほとんどの出費に対して対応することができますので、新居への引っ越し資金としても利用したい場合は、使途が比較的自由な多目的ローンを選ぶという手もあります。

 

こうしたローンには融資上限額が設定されています。多くのブライダルローンは300万円から500万円程度ですが、実際の融資はこの金額内で行われます

 

では利息はどのくらいになるのでしょうか。例として千葉銀行で200万の融資を5.2%で受けた場合でシミュレーションしてみましょう。

 

毎月の返済額はおおよそ38000円とすると、最終的な返済額は2,275,000円ほどになります。275,000円の利息が発生してしまいました。金利が低くても高額な借り入れは長期の返済になることが多く、その間に利息負担も大きく膨らんでいくのです。そのためご祝儀を使って前倒しでローンの返済をする人も多くいます。

 

ただしブライダルローンや目的ローンのように非極度型のローンでは、随時返済を利用するときに手数料がかかったり、随時返済自体を制限しているものもあります。借り入れをする前に前倒しで返済することができるローンなのか確認しておくと良いでしょう。早めに返済をすると利息負担は大幅に減少します。

 

低金利だと条件が厳しいかも?ローンの利用条件と審査ポイント

ブライダルローンでもカードローンでも、一般的に金利が低いローンほど審査が厳しくなるという特徴があります。低金利なローンであれば将来発生する利息負担を圧縮することができますが、そもそも契約できるかどうかという問題があります。

 

ローンの契約には条件が設定されているものもあります。

 

例えば年齢や年収、勤続年数を設定しているところや、正社員のみとしているところもあります。勤続年数は長ければ長いほど有利になりますし、役職がついていれば信用力も上がります。ブライダルローンの契約ができなかった場合は別の借り入れ方法を探さなくてはなりませんが、他社に申し込みをする場合でも注意しなくてはならないことがあります。

 

こうしたローン商品は、短期間に申し込みができる回数が制限されているという点です。多くの金融機関で1か月に申し込みができる上限回数は3,4回となっています。

 

申し込みがあって信用情報を確認すると、いつどこの会社に申し込みをしており、契約ができているのかいないのかまで確認することができます。

 

短期間にたくさん申し込んでいると、それだけお金に困っていることがわかり、返済できるのか疑問視されることになります。落ちてしまったら次を申し込めば良いという作戦は使えませんので、確実に契約できるであろうローンを攻めていくことも大切です。

 

ブライダルローンでは他社の利用状況も確認されます。この場合の利用状況とは、他のカードローンやクレジットカード、割賦で購入している携帯や商品の支払い履歴です。

 

延滞があるとまずブライダルローンの契約はできません。また、過去に大きな金融事故を起こしてしまっている人も審査に通ることはできないでしょう。自分の信用情報は開示請求することができますので、こうした審査の厳しいローンに申し込みをする前に、一度確認してみるのも良いかもしれません。

 

信用情報は一生残るわけではなく、CICやJICCの情報は5年経てば削除されます。延滞をした場合でも、2年間利用して問題なく支払いをすれば、過去の情報は古いデータとして追い出されて消えていきます。これはブライダルローンだけでなく、住宅ローンやマイカーローン、他のカードローンなどでも同じような審査が行われます。

 

消費者金融でも目的別ローンを利用できる会社がありますが、銀行以外からの借入は総量規制の対象となりますので、収入証明書が必要になるでしょう。年収が300万円の人であれば100万円までしか借りることができませんので、申し込みをする会社が総量規制の対象外であることや、借入限度額が年収の3分の1を超えないようにすることも大切です。

 

配偶者を連帯保証人とすることで信用力が若干上がることもあります。

 

ブライダルローンの流れ

ブライダルローンとして利用できるものは多くの会社が提供をしているので、「ブライダルローン」と名前がついていないフリーローンや多目的ローンも含め、さまざまな金融商品から希望のものを選びましょう。

 

 

選ぶコツとしては、総量規制の対象かどうか、貸出できる上限金額、金利、随時返済ができるかどうか、手数料、返済期間などです。

 

申し込みをしたいローンが決まったら事前審査を受けます。店頭で申し込みをすることもできますが、電話やインターネットでも可能です。また、最短で当日中に結果を聞くことができます。

 

事前審査に通過したら本申し込みを行いますが、その際にローンの申込書、本人確認書(免許証やパスポート、保険証など)、年収が確認できる収入証明書(確定申告書、源泉徴収票、給与証明、納税証明など)、住民票、見積書、ローンの引き落とし口座の届印などいくつか必要なものがあります。

 

カードローンと違って、目的のあるローンでは見積書が必要になるという特徴があります。そしてお金を借りることができたら、それ以外の目的に利用することはできません。

 

見積書には結婚式場での費用はもちろんですが、新しい家具を購入する予定の場合は、購入する商品の費用も予めまとめておく必要があります。ただ漠然とお金を借りるのではなく、何にいくら使うのかしっかりと決めておかなくては、審査に通ることはできません。

 

ブライダルローンはカードローンのように即日融資をしてもらうことはできません。それは、しっかりとした厳しい審査が行われるためです。審査の中で重要視されるのは収入や年齢、他社での支払い状況もありますが、それと同時に在籍確認も行われます。

 

在籍確認とは、申込書に記入されている会社に本当に本人が勤めているかどうかを調べる審査です。勤務先に電話をかけ、本人がいることがわかれば確認は終わります。また勤務先自体が審査対象となることもあります。小さな会社で働いている人よりも、資本金も多く従業員数も多い大企業で働いている人のほうが、信用力が高くなるのです。

 

本審査が通れば融資をしてもらうことができるようになりますが、申込からおおよそ2、3週間かかるものだと思っておいたほうが良いでしょう。

 

急いでお金が必要な場合はブライダルローンは適さないことがありますので、お金がいつ必要になるのかも逆算して申し込みをしておきましょう。審査に通過すれば、早い会社であれば翌日に振込が行われます。借りたお金は見積もりを出していることにのみ使い、それ以外のものには利用してはなりません。

 

では必要になる日まで時間がなく、急いでお金が必要な場合は、どのような手段で工面したらよいのでしょうか。

 

本当に時間がない!そんな時にはカードローン

金利の面から考えるとブライダルローンのような目的を持ったローンのほうが確実に有利ですが、資金が必要な日まで時間がないと間に合いません。そこで利用したいのがカードローンです。カードローンは利用使途が自由な分、見積書を出す必要もなく、最短即日で融資をしてもらうことができるという特徴があります。他にも特徴があり、限度額内であれば自分の好きな金額を好きなタイミングで借りることができます。

 

ブライダルローンを利用したけれど、結局それだけでは賄えなくて足りなくなってしまったとき、再びブライダルローンの追加融資を受けるより、カードローンで対応したほうが簡単に済むでしょう。カードローンは急いでいるときには助けられる存在ですが、デメリットもあります。それは金利の高さです。カードローンは契約している人の信用力や限度額によって金利が大きくことなります。

 

50万円借りている人でも、高金利の契約になっている人もいれば低金利の人もいるのです。初めての契約では高金利になることがほとんどですので、カードローンを選ぶときは最低金利に注目するのではなく、最大金利を見ておきましょう。銀行系カードローンでも15%近くになるものも多く、消費者金融であれば18%になることもあります。

 

また、一言にリボ払いと言ってもさまざまなタイプの支払い方法があります。金利が支払う金額に含まれている元利定額制、元金に利息をプラスして支払う元金定額制など、利用する金融機関によってリボ払いの種類が違います。

 

元利定額制の場合は支払った中から利息を引いた分が元金に充てられるため、当然元金の減りの速さは遅くなります。元金がなかなか減らないと完済までの道のりが長くなるので注意が必要です。

 

例えばプロミスで17.8%の金利で100万円借りた場合、返済期間5年で総額1517000円ほどの支払いになります。一方ブライダルローンであれば千葉銀行の5.2%の金利だと1137000円ほどで収まり、38万円も高額な出費になってしまいます。

 

また、カードローンの契約ではブライダルローンのような高額な契約をすることが難しいでしょう。特に新規の取引となれば金融機関も慎重になります。また好きなときに借り入れができる利便性は、返済を長引かせる特徴があり、しっかりとした返済計画を立てないとカードローンの完済は難しくなります。

 

カードローンを利用する場合はその特徴をしっかりと理解したうえで、計画的に使わなくてはなりません。自分のお金のようにカードで引き出せるのは便利ですが、これもれっきとした借金であり、ブライダルローンよりもかなり高いコストがかかっているのです。余裕があるときにどんどん返済をしましょう。

 

ブライダルローンとカードローンの違い

ではブライダルローンとカードローンの違いをまとめてみましょう。

 

まず金利です。ブライダルローンはどこの金融機関のものでも1ケタ台となっているものが多く、カードローンの半分以下の金利で借りることができるものがほとんどです。カードローンでは契約時の金利は18%近くになるものもあります。ただしカードローンは借り入れ条件の見直しが可能な商品でもあります。

 

ブライダルローンは最初の契約から変更することはできませんが、カードローンは毎月しっかりと利用実績を作っていけば、限度額をアップしたり金利を引き下げてもらえるのが特徴です。初回の契約から半年程度するとまず1回目の交渉が可能となる金融機関が多いので、定期的に連絡をいれて条件を緩和していくと良いでしょう。ただし消費者金融の場合は最大限度額は年収の3分の1までとなり、それ以上の限度額を設定することはできません。

 

限度額が上げられないと、引き下げられる金利にも限りがありますので、総量規制の対象外となっている銀行系カードローンのほうが長期的には有利になります。

 

随時返済にも違いがあります。ブライダルローンは計画的に返済を続けていくローンですので、随時返済が制限されていたり、返済するたびに手数料がかかるものもあります。カードローンではATM手数料がかかるところもありますが、どこの会社でも無料でいつでも受付をしてくれています。

 

実は短期的にお金を借りてすぐに返せる見込みがあるのであれば、借り入れに手間のかかるブライダルローンを選ぶよりもカードローンのほうが有利になることもあります。

 

カードローンでは借りることができる金額上限が低くなってしまうことも多いので、少額の出費のケースのみ対応できるでしょう。

 

審査にかかる時間も違います。カードローンは最短即日で早ければ1時間程度で現金を手にすることができます。ブライダルローンは2,3週間かかりますので、条件は有利ですが急いでいるときには不向きです。いったんはカードローンの契約をして費用を賄い、ブライダルローンで融資をしてもらったら完済するという手段もあります。

 

2つのローンの契約をしなくてはなりませんので、できればそのようなことがないように事前に準備を進めておきたいものです。同時にどちらも申し込みをすると、審査の厳しいブライダルローンのほうで契約ができなくなってしまうこともありますので、慎重に契約をしましょう。

 

同一人物では不利になりますが、配偶者がカードローンを契約する場合は影響はほとんどありません。

 

カードローンだけで借り入れをしてしまうと返済期間が長くなって生活に支障をきたすこともありますので、計画的な利用と返済が必要です。

 

まとめ

結婚に関する費用は高額で、特に若い世代にとっては大きな出費となります。最近では結婚することを支出面でネガティブに考えている人も少なくなく、それがまた結婚平均年齢の上昇につながっているという考えもあります。

 

確かに結婚に関する費用は決して安いものではありません

 

しかし家庭を築く2人を祝うものとして、一生の中のさまざまなイベントの中でも、お金に変えられない素敵な思い出を作ってくれることでしょう。

 

結婚費用はブライダルローンやカードローンで賄ったり、ご祝儀や両親の援助でカバーすることもできます。しかし自立する2人が挙げるものですから、できればそういったものに頼らずに普段から貯金をして、自分たちの力だけで式を達成する努力も必要です。また、収入に見合った式を挙げることも大切です。

 

結婚式には「見栄」もありますが、自分たちの能力を超えたものにしてしまうと、のちのち生活が大変になってしまうこともあるからです。

 

負担をできるだけ小さくしてお金を借りたいのであれば、早い段階で計画をしてブライダルローンの申し込みをしておきましょう。早ければ早いに越したことはありません。そして生活に無理がない返済計画を立てる必要があります。

 

もし時間がない場合はカードローンで対応することもできますが、カードローンの「いつでも借りられていつでも返済できる」という特徴には注意が必要です。しっかりとした意志を持って返済を進めないと、なかなか完済することが難しい商品だからです。

 

リボ払いの種類によっては、残高が減ってくると毎月の返済額が減るものもあります。返済額が減れば生活は楽になるかもしれませんが、支払いが長期化しやすく、結果として利息による負担は高額になります。

 

カードローンでお金を借りるのであれば、随時返済を有効活用し、少しでも余裕があるときにどんどん元金を減らす努力が必要です。カードローンは審査通過率も高く契約できる可能性が高い商品ですが、自分の支払い能力を超えてしまうこともあります。

 

消費者金融系のローンであれば年収の3分の1までしか借りることはできません。銀行系カードローンでは年収の3分の1以上借りることもできますし、規制対象の金額に含まれていません。複数のローンを同時に支払いをするのは非常に苦しいことですので、さまざまなところから少額ずつ借りるような借り方はやめましょう。

 

そしてカードローンの契約をするのであれば契約内容を更新できるように、信頼される利用を心がけなくてはなりません。金融機関に信頼されればだんだんと金利も低くなり、負担を小さくしていくことができます。わずか数%の金利でも長期間になれば大きな差になることもあるのです。


カードローン おすすめ

×