クレジットカードのキャッシングのすべて!借り入れ方法や手順は?

MENU

クレジットカードでキャッシング!借り入れ方法や手順は?

 

人は、一生懸命、働き、収入を得ます。しかし、本人の意思に合致する収入には届いていない方がほとんどです。そして、何か、突発的に、資金が必要になったときに、資金が不足してしまい、頭を抱えてしまう方が多いのです。

 

クレジットカードに付随しているキャッシング機能を使えば、その心配を解消することが可能です。キャッシングに対し、怖い思いを抱いている方は多いかもしれませんが、正しい使用方法を覚えていれば、怖くはないのです。

 

クレジットカードのキャッシングの仕組み

そもそも、クレジットカードを使用する方は多くても、キャッシング機能を使用している方は、そんなに多くはないと思われます。クレジットカードのキャッシングとは、理解出来る言葉で表現すると、クレジットカード会社との契約を利用し、お金を借りるということになります。しかし、キャッシングは、契約しているカード会社から、借金をするということではないのです。

 

クレジットカードの仕組みを考えてみましょう。ショッピングであろうが、キャッシングであろうが、クレジットカード会社はお金を貸していることに変わりはないのです。

 

カードで1万円の服を購入し、支払いは翌月ということは、その期間中、その1万円を課している状態です。カードで1万円をキャッシングしたとしても、1万円を貸していることになります。そのため、カード会社とクレジットカード契約を結んでいれば、ショッピングが出来るだけではなく、そのカードを使用し、キャッシング機能を使用することも可能なのです。

 

クレジットカードのキャッシングにおいての限度額は、クレジットカードの利用限度額と同じく、キャッシング枠というものが設定されているので、それ次第となります。キャッシング枠が50万円であれば、10万円や20万円は借りることは可能ですが、60万円を借りることは出来ません。ただ、その利用限度額は、増枠することも可能です。それには、利用者と会社側の信頼関係が重要となります。

 

またキャッシングでは、原則、謝礼とは言いませんが、借りたお金に対し、金利手数料を付随させて、支払わなければなりません。金利負担は、クレジットカードのリボ払いと同じです。一ヶ月に1.5%、年で換算すると、約18%程度の負担となります。キャッシングは、コンビ二や銀行のATMで、銀行口座からお金を引き出すことと同様の方法で、行います。

 

ただ、キャッシングカードを保持したりすると、まるで、自分の銀行口座と勘違いしてしまう錯覚へと落ちてしまうことがあります。そうなってしまうと、巷で叫ばれている借金地獄への入口に入ってしまうのです。キャッシングを使用しないのであれば、キャッシング枠を0円にしておくのが、賢明です。

 

頻繁に使用してしまうことを防ぐ効果よりも、万が一、紛失してしまったときの不正利用を防ぐ意味もあるからです。キャッシングにおいて、いちばん、簡単なことはお金を借りることであり、いちばん、難しいのは、お金を返すことなのです。キャッシングは笑顔を見せるときもあれば、裏の顔を見せるときもあるのです。

 

キャッシングを利用する方法

キャッシングを利用する前に、前提として、大切なことがあります。それは、整然とした返済計画を立てることです。

 

この整然とした返済計画を立てなければ、湯水のようにお金を借りてしまい、日々の生活が頓挫します。想像以上に酷い状態となりますので。理路整然とした返済計画を考え、実行できるスケジュールを立てたのであれば、キャッシングを利用することを勧めます。

 

キャッシングを利用する場合は、大概、次の方法を使用します。

まず、カードを挿入し、画面に表示された引き出しの欄を押します。そして、4桁の暗証番号を入力します。次に、一括返済か、リボ払いという返済方法を選択します。そして、借入金額を入力します。これで終了です。

 

入力する暗証番号は、自分の誕生日や車のナンバーといった単純な数字の羅列を使用することは回避して下さい。それは、銀行口座と一緒であり、本人以外の悪用を防止するためです。本人にしか判別出来ない4桁の暗証番号を使用するべきです。忘れてしまう場合があります。その場合には、そのときに備え、メモをし、大事なところに保管しておきましょう。

 

返済方法においては、一括払いは、借入金に金利手数料を含めた金額を一括で返済するということです。確実に返済の負担は生じますが、金利手数料の支払いは、少額となりますので、ダメージが少ないのです。

 

リボ払いとは、事前に決めていた金額を支払日にて返済していく方法です。

 

この支払い方法の選択に異論は存在します。一括払いであれば、借りていたお金は無くなります。しかし、リボ払いでは、分割返済となりますので、借りたお金の一部が無くなるわけで、また、その返済額と同じ金額を借りることも可能なわけです。そのどちらが良いのか、ということになります。そのために、キャッシングでは、少額の使用と理路整然といた返済計画が必要となるのです。借入金額においては、利用限度額の範囲内であれば、いくらでも、借りることが可能です。

 

返済に無理が生じないような金額を借りましょう。キャッシングの賢明な利用方法は、急な出費に対し、対応するということです。急な出費であれば、無難に返済することが可能なのです。しかし、その利用方法を間違えてしまうと、返済することが主な目的となってしまうのです。そうなってしまえば、使途目的が裏返ることとなり、出口の見えない日々が始まってしまうのです。そうなってしまうと、キャッシングの持つ良い意味での存在が消えてしまうのです。

 

返済には2つの方法がある

クレジットカードに付随されたキャッシング機能を使用するのも良いですし、キャッシングカードを使用しても構いませんが、借りたお金は、必ず、返済しないといけません。

 

返済方法には2種類、存在
  1. ショッピングの利用額と合算して返済する方法
  2. ATMを使用した先取り返済方法

があります。

 

キャッシングを利用して借りたお金は、自動的に支払日に返済されます。その概要は、借入金と金利手数料が合算された金額です。

 

ATMによる返済には、確固とした理由が存在します。それは、金利手数料です。この金利手数料は、一日でも、早期に返済した方が、得になります。よって、決められている支払日よりも前にATMを利用し、返済することが可能なのです。ATMによる返済手順は、預け入れを選択して下さい。銀行口座に入金するときのイメージに近いかもしれません。

 

どちらにしても、返済金額は、借入金に金利手数料が日割りされて、加算されていきますので、返済方法は、引き落としのカードよりは、ATMやインターネットで返済出来るキャッシングカードの方が便利かもしれません。

 

返済が遅れてしまった場合、どうなるのか、という疑問が生じます。返済日を過ぎても、連絡しないでいると、数日後にはがきや電話での催促があります。それでも、連絡が取れない場合、勤務先に借金返済を促す電話がいきます。職場に借金が発覚してしまう可能性はありますが、この時点では、プライバシーに配慮してくれます。

 

はがきや電話での催促をしても、返済確認が出来ない場合は、最初に送付されたはがきよりも強めの書き方で、20日以内に支払いをするように明記された督促状が自宅に送付されてきます。

 

これらの報告を無視してしまうと、クレジットカードそのものが、使用出来なくなります。それでも、返済を延滞していると、催告書が送付されてきます。

 

催告書とは、早期に支払いして下さい、という催告の手紙なのです。

 

この催告に従わなかった場合、財産の差し押さえが実行されます。この差し押さえは、裁判所の許可で行われる法的処分ですので、拒否は出来ないのです。

 

返済日を過ぎてからの返済は、通常の金利手数料に加え、遅延損害金を支払うことにもなります。キャッシングを利用した場合は、どの返済方法が現在の自分に合っているのかを把握した上で、決定しましょう。そうしなければ、様々な弊害が現れてしまいます。その弊害に揺るがされることのないようにしなければなりません。

 

キャッシングを利用するメリット・デメリット

キャッシングを利用するということは、いわば、お金を借りるということです。その事実を考慮すると、不安が浮かぶのは仕方ありません。広告を見て、その実態を把握せずに利用するということは、正直、お勧め出来ません。

 

元来、キャッシングというスタイルは、手続き及び時間が掛かりがちな銀行の融資に対する、新たな融資のスタイルとして誕生したものです。手軽に便利に借り入れすることに特化していることが、キャッシングを利用することのメリットとして断言出来ます。

 

その他に挙げられるメリットとしては、

  • 申込から借入までのスピードが簡単でスピーディーであること
  • 原則、無担保及び保証人不要で利用出来ること
  • 誰にも内緒で利用しやすい

ことがあります。

 

非常に簡単な手続きで、特に、スピーディーに借入が出来ることは、借りる方からすれば、非常に助かる一面です。インターネットや電話、店頭などで申し込み、事前審査を経て、必要書類の提出、契約手続き、そして、借入出来るようになりますが、このたった4ステップで進めることが出来るのです。

 

借入出来るまで、そんなに時間が掛かりません。無担保及び保証人不要というメリットを考慮する上では、誰にも迷惑を掛けることなく、自分の財産を失うリスクにさらされることなく、お金を借りることが出来る、ということが浮かび上がってきます。

 

キャッシングは、信用貸しとも呼称されます。社会的に信用可能かどうかを融資の根拠とするシステムを取っているからです。キャッシングは、非常に手軽で、利便性がありますが、デメリットも存在します。デメリットのひとつとして、金利手数料が借入期間と金額に応じて発生することが上げられます。ただ、視点を変えてみると、銀行からお金を借り入れても、発生するものなのです。

 

しかし、キャッシングの金利は、相対的に、高めの設定になっていることが特徴なのです。

 

キャッシングは、無担保で保証人不要というスタイルを取っているため、有担保及び保証人必要の融資と比較してしまうと、どうしても、金利を高くせざるを得ないことが背景として、存在します。もうひとつのデメリットとして、挙げられることは、借入限度額という借入可能な金額の制限があることです。

 

借入限度額は年収及び信用で決定されます。年収は、総量規制に関わってくることですし、信用度というものは、新規申込者は実績がない分、信用度も未知数という分、借入限度額は低目に設定される傾向にあります。メリットとデメリットを充分に理解することができたら、キャッシングを利用するようにしましょう。

 

キャッシングを利用する上で知っておくべき基礎知識

キャッシングを利用する上で、知っておかなければならないことがあります。

 

キャッシングというものは、個人の意思に合致した金額を借りられるわけではありません。そこには、法律と年齢の関係が存在します。

 

2010年に施工された改正貸金業法により、年収の3分の1以上の借入を原則禁止とする総量規制が定められました。年収300万であれば、上限100万円までが借入限度となります。従って、この総量規制を超過する金額の申込みは、審査が通らないこととなります。

 

年齢制限もあります。キャッシングの申込可能な年齢は、弁済能力の有無により、20歳以上が絶対条件ですが、上限は65歳から70歳となります。キャッシングをしたからには、返済は必ず、行わなければなりません。返済が遅れると、コールセンターから確認を行う連絡があり、督促状を贈られるなど、法律に沿ったスタイルで、返済を迫られることは記憶に残しておくべきです。

 

返済期日を過ぎた時点で、遅滞損害金が請求されます。その利息は約20%と高めに設定されていることが多く、返済期日から超過した日数分の日割り計算となります。それでも、支払わない場合は、返済が出来るまでの一定期間、利用停止を余儀なくされたり、一括返済請求されたり、と多くの罰則が科されてしまうのです。そして、返済遅延の記録が信用情報機関に登録されてしまうのです。

 

このリスクを説明すると、今後の生活で起こりえる車や住宅ローンの利用、新規のクレジットカードを作る際の審査が必要となる取引が不利になってしまうのです。返済遅延という事故を起こしている人には、信用欠落の烙印を押されてしまうのです。複数のキャッシングを利用している方は、返済計画を考慮すべきです。

 

何故なら、効率的に使用しているのであれば、問題はありませんが、返済を他のキャッシングで補っているのであれば、返済に追われる日々はいつまでも、続くことになります。人間は、自分に甘いですから、その構造が続く限り、返済に浸り続けることになります。利用するキャッシングはひとつに絞り、効率的に使用しましょう。

 

キャッシングを利用するのであれば、基礎知識として認識しておくべきです。借入も返済もすべて、自分の思い通りにはいかないのです。

 

今すぐお金を借りたい方はカードローンがおすすめ

カードローンという言葉を耳にしたことがあると思いますが、カードローンとは、個人に向けた無担保融資のことを示します。無担保でありますから、個人信用を重視したローンということになります。

 

審査状況によっては、否決になる場合もありますから、そのような意味であれば、基本的に、気軽に借りられるローンではないことは確実であると言えます。しかし、厳格な年齢制限が存在するわけでもなく、原則、定職に就いており、安定した収入が存在する方であれば、申込は可能です。

 

カードローンは、

  1. 目的ローン
  2. フリーローン

があります。

 

目的ローンとは、自動車ローンや教育ローンなどの資金の使途が限定されるローンのことを示します。

 

フリーローンは資金の使途が限定されません。そのため、フリーローンは、目的ローンより、金利は高目に設定されています。カードローンの特徴としては、限度額内で、何度でも、借りたり、返したりすることが可能となります。

 

返済方法として、残高スライド定額リボルビング方式が主流となっています。利用残高に応じ、毎月、5千円や1万円など、決められた返済額に基づいて、返済を続けていくことになるのです。そして、カードローンは、毎月の返済を続けている限り、限度内であれば、何度でも、利用することが可能となっています。カードローンの場合、一度、付与された限度額は余程のこがない限り、減額されることはありません。

 

返済によって、借りられる枠が出来ても。利用する度に毎回、審査を受け、契約しなければならないローンと比較すると、非常に大きなメリットとなるわけです。

 

しかし、枠内であれば、必要な金額を自由に引き出せるということは、借金という感覚が希薄になるというデメリットも浮かび上がってきます。長期間も利用しているという事実を鑑みてみると、元金の他に、金利だけで相当な金額を支払っているということになります。これは大きな損失といえます。

 

カードローンは、即日融資に対応していることもあり、すぐにお金を借りることが可能です。インターネットから申し込むこと、指定銀行の口座を保持していれば、その可能性は高まりますから、すぐにお金を借りたい方には、カードローンを利用することをおすすめします。

 

簡単にまとめると

いますぐにお金を借りたい方には、カードローンがいいのですが、クレジットカードのキャッシングを利用するのであれば、理路整然とした返済計画、そして、キャッシングに関する基礎知識を得た上で、利用すべきです。キャッシングは必要に応じて、使用すべきであり、決して、延滞しないように返済することが大切です。

 

キャッシングは、利便性に富んだものでありますから、使用したい気持ちを強く抑制しながら、利用してください。借金というものは、原則、ゼロにしておいて、後悔するということはありません。


カードローン おすすめ

×