カードローンの金利・利息ってややこしいと思いませんか?簡単な考え方、教えます!

MENU

カードローンの金利がややこしい!簡単な考え方、教えます

 

カードローンなどのお金の借り入れをするときには、審査を受けてカードローンの使用ができます。銀行系の金融機関や消費者金融系の会社に申込をしますが、金利の利率が異なります。

 

金利の利率が異なることが利息の負担も異なることになります。カードローンを利用する場合に知っておいて損のない金利や利息について説明します。

 

金利と利息ってそもそも何?

カードローンを利用する時に、返済の事を考える人はあまりいないでしょう。カードローンの申込の時に審査に通るか不安になる人はいますが、審査が通過してカードローンのカードが発行されれば、必要なお金を利用することになります。しかし、カードローンを有効に活用する人は返済のことも考えます。

 

低金利のカードローンを利用することが返済の負担が少ないからです。カードローンの返済では元金と利息の支払いをします。この利息について理解していない人が少なくそして金利のことを知らない人も多いです。カードローンを利用する人の中には、返済に関する負担は、返済額しか考えず元金と一緒に返済をする負担金のことを考えない人が多いです。   

 

カードローンで金利といえば、カードローンを利用したことで借りているお金に対して元金と一緒に負担をする利息の金額を計算するときに必要な数字です。利率とも呼ばれるものでこの金利を借り入れ金額に乗じて足を計算することになります。

 

この金利が低金利であればあるほど元金と一緒に返済をする利息の割合が小さく、元金と一緒に返済する利息が少なくて済みます。

 

そのためカードローンの契約ではこの金利がいかに低金利なるかが申し込みをした人の信用度に比例することになります。この信用度は貸し倒れのリスクとも関係しており信用度が高いとカードローンで貸したお金の回収が確実にできることになります。そのためカードローンの申込で信用度の高い人は、金利の利率が低く低金利で利用できることになります。   

 

カードローンの元金と一緒に支払いをする利息は、カードローンを発行した会社の収入になります。利息は、お金を貸している手数料のようなもので、金利をもとに計算されるものです。カードローンの金利が低金利となっているときには、同じ借入額であっても利息の金額が異なります。また、利息の負担は金利の割合に左右されるもので、カードローンの利息はこの金利を借り入れた金額の残高に乗じて計算を行います。

 

カードローンを検討する時は金利がとても重要

カードローンを利用しようと検討するときに、誰でも不安になるのが審査を通過するかです。カードローンの申込を行い審査に通過しないとカードローンを利用できないからです。そのため申し込みをする人が気にするのはカードローンの審査が通過できるかどうかになります。

 

信用度が高く収入の多い人であれば心配なく、審査に通過してカードローンのカードの発行を行ってくれます。ここでさらにカードローンを利用する的に踏み込んで考えたいのが金利のことです。

 

銀行系の金融機関が発行するカードローンや消費者金融系の会社が発行するカードローンでは、金利の数字に幅があります。

 

メガバンクが提供するカードローンでは、金利が4%から18%と幅広く設定をされています。

 

これは、カードローンを利用した借り入れ額の残高に影響されているわけではありません。このカードローンのカードを発行した会社は、借り入れ限度額の違いにより金利を4%から18%の幅で設定しています。

 

 

借り入れ限度額により金利の利率が異なることになりますが、通常借り入れ限度額が低ければ金利が低いと思われますが、カードローンでは反対です。借り入れ限度額が多ければ多いほど金利が低く低金利として利用できることになります。この設定方法は、カードローンお申し込みしたしとの信用度に比例しています。

 

高い信用度がある人は金利を低く低金利で利用できることになります。

 

そのためだれでも低金利で利用するために借り入れ限度額を多額申し込むことになりますが、ここで審査の壁が立ちはだかります。

 

審査に通過しないと利用できないカードローンでは、借り入れ限度額が高い場合には審査が当然厳しくなります。審査に通過できる信用度を考えて借り入れ限度額の申し込みをしないと、審査に通過できずカードローンを利用することができません。必ず自分の信用度に適した借り入れ限度額を記載して申し込みを行いましょう。

 

カードローンの検討では、金利の数字に注目して選ぶことができます。カードローンを提供している銀行系の金融機関や消費者金融系の会社が数多くあります。その中から自分に適したカードローンの会社に申し込みを行いましょう。

 

ただし、消費者金融系の会社では、カードローンの申し込みを行った記録を信用情報機関に登録することになります。そのため何度もカードローンの申込をすると審査に通らないことがあります。必ず必要な会社にカードローンの申込を行うことが、金利を重要視して利用することができます。

 

実際の返済額を計算してみる

カードローンの実際の返済額は、紙面またはweb明細を利用して知ることができます。しかし、自分自身でも実際の返済額を計算することは可能です。自分自身でカードローンの返済額を計算する場合には、必要な情報を入手します。カードローンの返済額の計算では、毎月の返済額、カードローンの利率をして返済回数です。

 

返済回数が分からなくても毎月の返済額と利息の金額がわかれば元金の計算が可能です。この元金の計算ができることで毎月返済する返済額の元金と利息の割合が計算できることになります。毎月の返済額が決まっていることで毎月減少していく元金の割合がわかるので、何回返済を続ければ借り入れの返済が終了するか分かることになります。   

 

カードローンの返済では、一般的に定額リボルビング払い方式を採用している会社が多いです。

 

この方式は、借り入れ限度額の残高に応じて毎月一定金額の返済を行う方法です。カードローンを利用して50万円以下の残高がある場合には毎月1万円を返済します。50万円を超えて10万円増えるまでは毎月1万円に5,000円が加算されて1万5,000円返済します。

 

このように一定金額で返済額が変動する返済方法となります。毎月返済する金額が一定金額となっていますが、最後の返済をするときには元金と利息の金額が1万円に満たないことがあります。このときには1万円以下の金額を最後に支払いカードローンの支払いが終了します。

 

この一定金額には毎月計算された利息と返済金額から利息を控除した残額が元金として返済されることになります。そのためカードローンを利用した後の返済当初は元金よりも利息の割合が大きいことになります。徐々に利息の割合が減少していき元金が増えていくことになります。

 

この計算では、カードローンの借り入れ残高に利率を乗じて計算した数字を1年間の365日で除した後、返済までの日数を乗じて計算されます。計算された数字が、翌月返済する利息の金額となります。毎月返済する一定金額から利息の金額を控除することで元金の金額がわかります。この元金の金額がわかることで実際に返済額がいくらになるか計算することができます。

 

この計算が難しいと考える人は、インターネットのウェブサイトで同じ計算ができるようにシミュレーター計算ができるサイトがあります。こちらを利用して簡単に計算することが可能です。返済額の計算は、カードローンの計画的な利用にもつながるため、損のない計算です。

 

金利ってどう決まるの?

カードローンの金利は、カードローンの申込をした時の審査により決定されます。カードローンの申し込みの審査で、カードローンの申し込みをした人に対する金利が決定されて、この契約の見直しを行われるまでその金利で計算されることになります。

 

カードローンの金利の計算の決定の仕方は、審査の重要項目に影響があります。カードローンの審査の重要項目の内容は、カードローンを発行する会社により異なります。しかし、基本的な重要項目が公表されているためこの基本的な重要項目によりほぼ決定されることがわかります。

 

消費者金融系の会社に申し込むカードローンでは、貸し倒れのリスクを考えて金利の設定を行います。そのためカードローンの申込を行った人の年収や勤務先そして家族構成により決定されることになります。多くの年収を得ている場合には、毎月の返済額よりも総量規制の対象となる借り入れ限度額を高く設定することができるからです。

 

そして勤務先により信頼度が異なります。大手の1部上場企業であれば信頼度が高く中小企業よりも借り入れ限度額を高く設定されます。また、公務員の方がより有利な借り入れ限度額の設定が行われます。家族構成により返済できる人がいる場合には、本人の信用度に合わせて審査を行います。貸し倒れリスクがさらに減少する結果になるため借り入れ限度額が高く設定されます。   

 

銀行系の金融機関が提供するカードローンでは、消費者金融系の会社と同じように審査を行います。この時に消費者金融系の会社と異なるのが、カードローンの申込を行った人の財産の調査もします。同じ銀行に口座を持っており貯金が多くある場合にはその貯金により返済が可能です。そのためカードローンの借り入れ限度額についても高い借り入れ限度額を設定することができます。   

 

借り入れ限度額を高く設定することができる場合には、低金利でカードローンを利用することが可能です。

 

返済能力がある人は、借入限度額を高く設定して低金利での利用ができることになります。これはカードローンが、借り入れ額ではなく返済能力により審査をすることで、金利を設定していることがわかります。

 

なんとかして金利を下げたい!そんな人は

カードローンで金利を下げたいと考える人もいます。カードローンの申し込みをした時に年齢が若かったり、収入が少なかったりして審査が希望の借り入れ限度額で利用できない場合には、金利を下げたいと考えます。   

 

カードローンの金利は、カードローンの申し込みを書時の審査により金利の利率が設定されます。この審査の後カードローンの契約を行いこの時に金利が決定することになりますが、金利を下げる事は可能です。   

 

カードローンの金利を下げる方法では、2つ存在

その1つがカードローンの申し込みもした人が、カードローンの発行会社に金利の引き下げを申請することです。

 

この時の金利の引き下げの申請では、単純に金利の引き下げだけの申請と借り入れ限度額を増やしてもらうことで金利を引き下げてもらう申請があります。

 

しかし、どちらの申請を行った場合でも、簡単にこの申請が通過する確率は低いです。カードローンを利用している人が申請する金利の見直し等は、審査を行った会社にとって審査の見直しを要求していることになります。カードローンの会社では審査の見直しを行うべき事由が発生していないと金利の引き下げには応じてくれません。金利を引き下げるだけの事情が必要となります。

 

年収が審査を行った時以上に増えている場合や中小企業に勤めていた会社を転職して1部上場企業で働いている場合など、貸し倒れのリスクが低くなっていなければ難しいでしょう。   

 

金利引き下げの方法の2つ目は、反対にカードローンの会社から提案がある場合です。

 

借り入れ限度額を増額する提案や金利を下げる提案などです。この提案をされた時にカードローンの利用者が、その提案に応じれば最終的に金利を下げることができます。カードローンの発行会社が提案する場合には、よほどの問題がなければその提案通りになります。これはカードローン会社が、以前行った審査を見直していることになるため、こちらが見直しの提案をする必要がありません

 

この場合には金利の引き下げの可能性が高いです。

 

金利を引き上げることを考えている場合には、カードローン会社からの提案を待つことが確実な方法です。また、どうしてもカードローン会社の提案を待つことができない場合には、金利の低いカードローン会社に申込をする方法があります。出来れば銀行系の金融機関が発行するカードローンに申込をすることで金利を下げたカードローンを利用できる可能性があります。

 

金利の低いお金の借り方はないのか?

金利の低いお金を借りる方法では、消費者金融系の会社が提供するキャッシングやカードローンを利用する場合には金利が高いです。この金利が高いのは銀行系の金融機関と比較すると金利が高いため、金利の低いお金を借りるには銀行系の金融機関を利用することになります。  

 

銀行系の金融機関が提供しているカードローンは、最低金利は確かに消費者金融系の会社に比べて低金利です。しかし、一般的なサラリーマンが利用する金利ではあまり大差がありません。そのためカードローンを利用する場合には、即日融資や利便性より申し込むことになります。   

 

カードローンよりも金利の低いお金の借り方では、銀行や信用金庫を利用することになります。銀行や信用金庫でもカードローンを提供していますが、よほどの信用度が高くなければ金利の低い利用は難しいです。そこで保証人や担保のある借り入れを銀行や信用金庫では行うことができます。カードローンは無担保での無保証人で利用できるためよほど信用度が高くなければ金利の低い利用は難しいです。

 

しかし、担保や保証人が用意できる場合には金利の低いお金を借りることが可能となります。

 

会社や個人経営をしている人以外のサラリーマンでも担保や保証人がいることで金利の低いお金を借りることができます。マイホームの購入のための借り入れとなる住宅ローンや車を購入するときに利用するマイカーローンです。これらは金利の低いお金にするために担保や保証人を提供することが可能です。

 

銀行系の金融機関が提供するカードローンであっても、担保や保証人の提供がある場合にはカードローンの申込をする人の信用度以上に金利を低く設定してくれることがあります。

 

これはその銀行や金融機関で長く取引をしていることが条件となりますが、財産を持っている両親がいる場合には、銀行や金融機関はその両親の信用によりカードローンを設定しても金利を低くしてくれることがあります。これは貸し倒れのリスクが低くなるため必ず回収できる可能性が高くなるからです。

 

消費者金融系の会社では、このような家族情報を提供しないため金利の低い設定は本人の信用度で審査されます。審査に時間がかかる銀行系の金融機関のカードローンですが、金利の低いお金を借りる場合には、利用できる事は利用して申し込みを行いましょう。

 

返済計画をしっかり立ててからお金を借りよう!

急な出費でお金が入用の時にカードローンの申し込みをするときでも返済計画を考えてからお金を借りましょう。少額の借り入れの場合には返済期間も短く繰上げ返済ができるカードローン会社を利用することで利息の負担が少なくお金の借り入れが可能となります。   

 

カードローンの利用でまとまったお金が必要なときには、返済計画をしっかり立ててからお金を借りないと返済の負担が後で経済的な圧迫となります。カードローンの利用でお金を借りた場合には、借り入れを行った残額により毎月の返済額が異なります。

 

一般的なカードローン会社では、少額の借り入れ限度額となる30万円以下または50万円以下の返済額の場合には最小金額の返済額ですみます。

 

しかし、これらの金額以上のお金を借りる場合には、毎月の返済額が増えることになります。増える返済額は、契約をしたカードローン会社により異なりますが、借り入れ残高が5万円または10万円増えるごとに5,000円または1万円返済額が増えることになります。

 

カードローンを利用する金額が少ないときには返済額の負担が少なく、無理のない返済ができますが借り入れ金額が増えることで返済する金額が増えていきます。気がつかないうちに高額な返済額の負担になっていることがあります。そのため簡単にカードローンを利用しないように返済計画を立てることが大切です。

 

カードローンの返済額が最少額の範囲内で返済できるようにお金を借りることも、無理のない返済負担になります。返済負担により延滞が頻繁に続くとカードローンの契約が解約されてしまいます。このような状況になると信用情報機関に延滞の記録が登録されてしまいます。その後カードローンの申込をしても審査に通過しないことがあるため、返済計画はとても大切なものになります。

 

返済計画を行うときにはその他の毎月の支払いや生活費のことを考えて計画することが安心できる返済計画につながります。


カードローン おすすめ

×