銀行カードローンと銀行系カードローンの比較

カードローンの種類はいくつか見つかります。発行する金融機関によって分類することが可能ですね。銀行カードローンと銀行系カードローンを比較してみましょう。

 

名前は似ていますが、どのような違いがあるのでしょうか?

 

銀行カードローンは、もちろん銀行が発行しているカードローンです。銀行系カードローンは、銀行系消費者金融が発行するものとなります。カードローンという名称は同じですし、利用方法もとても似通っているのです。

 

ただし最も大きな違いとして、この二つのカードローンは規制を受けている法律が違っています。

 

銀行が取り扱うローンは、銀行法に基づいたものですね。消費者金融は貸金業法による規制を受けています。利用者に大きな影響があるのは、貸金業法の中でも総量規制でしょう。

 

総量規制は、貸金業者からの借入が年収の3分の1までと定められている法律です。

 

銀行系カードローンでは、この総量規制に基づいた限度額設定がなされます。一方銀行カードローンは、原則として総量規制額を気にせずに申し込むことができるでしょう。

 

とはいっても、カードローンの利用目的などによって、どちらを選ぶのか変わってくることもあります。たとえば、限度額はあまり大きくなくてもよいから、できるだけ早くキャッシングしてしまいたいということもあるでしょう。そんな時には、銀行系消費者金融のカードローンが最適ですね。

 

カードローン申し込み前には、銀行か銀行系かにこだわらず、いくつかピックアップすることをおすすめします。