さまざまな金融機関が利用できる「ダイレクトワン」

MENU

さまざまな金融機関が利用できる「ダイレクトワン」について

カードローンを契約するときに重要なポイントの1つが、さまざまな場所で利用できるかどうかです。使える場所が少ないと、いざというときにお金を借りることができませんし、返済にも困ることがあります。

 

スルガ銀行グループの消費者金融であるダイレクトワンでは、さまざまな金融機関と提携をしていますので、中小の消費者金融ではありますがカードローンの利便性で困るようなことはないでしょう。店頭窓口やインターネットからの申し込みをすれば、最短即日で融資をしてもらうこともできます。ダイレクトワンとはどのようなカードローンなのでしょうか。

 

ダイレクトワンの審査について

ダイレクトワンの審査の流れは、他の金融機関のカードローンと同じような手順となっています。

 

まず申し込みを行います。
申し込み方法は

  • パソコン
  • 携帯電話スマートフォンからインターネットを経由した申し込み

が便利でしょう。

 

フォームには2種類あり、

  1. 簡単申し込み
  2. 詳細申し込み

があります。

 

簡単申し込みは入力項目数は少なくなりますが、電話での確認が多くなり、反対に詳細申し込みでは電話での確認項目が少なくなります。

 

ダイレクトワンでは在籍確認が行われます。在籍確認とは、勤務先の職場に電話をかけ、本当にその職場で申込者が働いているかどうかチェックする審査です。本人が出なくても、会社に所属していることさえわかれば確認は完了します。金融機関名ではなく個人名で電話をかけてきてくれますので、会社のほかの人にカードローンの審査であることがばれる危険性は少ないでしょう。

 

ただし本人に取り次いだ場合は、本人確認として名前や生年月日などを伝えなくてはならず、カードローンの契約に慣れている人がいると、その電話が在籍確認と思われてしまうこともあるでしょう。

 

その後の審査も無事に通過すると、書類を提出することになります。パソコンやスマートフォンから写真を撮影し、そのまま投稿することができます。写真を撮ることができない場合は、FAXや郵送も利用できます。

 

郵送にしてしまうと到着まで時間がかかるため、即日融資はできません。急いでいるのであれば店頭窓口に持っていくのも1つの手段です。

 

その後連絡先に契約内容が通知されます。問題がなければローンカードが発送されます。スマートフォンがない場合は窓口やFAX、郵送で書類の記入が必要になります。

 

ダイレクトワンの重要事項

ダイレクトワンはスルガ銀行が提供しているカードローンのように思っている人もいますが、実はそうではありません。

 

銀行グループ所属の消費者金融です。立ち位置的には、三菱東京UFJ銀行のアコム、三井住友銀行グループのプロミスやモビットといったあたりです。当然ダイレクトワンからの借入は総量規制の対象となりますので、年収の3分の1以上の借入をすることはできません。さまざまな金融機関で借り入れをしている場合は、規制対象になっていないか注意しておきましょう。

 

ダイレクトワンはさまざまな人を対象としています。収入があれば主婦や学生でも借入可能ですが、全く収入がない専業主婦は契約できません。

 

借り入れ場所もさまざまあり、ATM、店頭窓口、電話による振り込みを利用できます。

 

返済も同じようにATMや窓口、振り込みが利用できます。ダイレクトワンはさまざまな金融機関と提携をしているため、利用できるATMの数が多いのが特徴です。グループ銀行であるスルガ銀行はもちろん、E-net、セブン銀行、イオン銀行、プロミス、ゼロバンク、タウンネットワークサービスを利用できます。

 

ダイレクトワンにはカードローン以外にもさまざまなローンがあります。例えばペットオーナーズ。ペットにかかる費用を借りることができるローンです。限度額は最大50万円と低くなっていますが、金利はダイレクトワンのカードローンよりも低いのが特徴です。こちらも収入があればさまざまな人が利用できるローンです。

 

女性専用のレディーファーストというローンもあります。こちらは対応してくれるオペレーターが必ず女性になるというだけで、カードローンの内容としては特に優遇されているわけではありません。申込者にもさまざまな理由がありますので、お金を借りることに躊躇いがある女性は利用してみるのもよいでしょう。

 

まとめ

ダイレクトワンは地方の消費者金融でありながら、さまざまな場所で利用できることから利便性は高い会社だと言えます。

 

ダイレクトワンの契約をするときに、スルガ銀行のダイレクトワンとして紹介されていますが、銀行系ローンではないということはしっかりと認識しておきましょう。

 

さまざまな利用場所が用意されているのは便利ですが、スルガ銀行にダイレクトワン支店口座を開設しておくことでさらに便利になります。

 

ATMを利用すると金額によって手数料が発生しますが、ダイレクトワン支店への振り込みや返済は手数料が一切かからないためです。自宅からでも簡単に手続きをすることができるため、外出する必要はありません。

 

返済額については注意しておかなくてはならないことがあります。ダイレクトワンは残高スライドリボルビング方式ですが、かなり細かく金額帯が設定されているため、返済が進むと頻繁に約定額が変わってくるのです。10万円ごとに返済額が3000円〜4000円ずつ変わってきます。追加で融資を受けたときは必要な返済額が増額しますので、無理な借り入れはしないようにしましょう。

 

スルガ銀行は静岡県に地盤を置く地銀の1つですが、県外からの利用も可能な金融機関です。Tポイントと連携をしているなど、銀行としては少し変わった特色もあります。

 

スルガ銀行の銀行カードローンを利用したいのであれば、リザーブドプランというローンへ申し込みを行いましょう。そちらは金利が3.9%〜14.9と低く設定されているため、ダイレクトワンで契約するよりも条件は有利と言えます。総量規制対象外ですので、他社の借り入れをまとめるのにも適しているローンでしょう。

ダイレクトワンについての口コミ

 

ダイレクトワンにはさまざまな人が申し込みを行います。一般的に中小消費者金融へ申し込みをするのは、大手銀行系カードローンの審査で落ち、大手消費者金融の審査で落ち、それでもまだ借り入れを希望している人です。中小の消費者金融はそうしたさまざまな状況の人への融資を行っているため、審査内容も比較的緩く、幅広い人へと契約を行っています。

 

ダイレクトワンの口コミを寄せている人の中には、自営業で過去に任意整理を経験した人もいます。

 

任意整理とは、債務整理の1つで、司法書士や弁護士を挟んで、当事者同士で借金の返済について相談する制度です。

 

こうした手続きをすると「ブラック」として信用情報に記録が残り、ローンの契約ではかなり不利になってしまいます。ほかのさまざまな会社では審査に通らなかったものに、ダイレクトワンでは契約ができたという記録があります

 

金融機関によって審査基準が異なりますので、ブラックでも誰でも契約することができるというわけではありません。しかしこうした実績があることから、大手で契約ができなかった場合でも、借り入れできる可能性があるでしょう。また、自営業は社会的な信用力で見ると正社員よりも低くなります。銀行系ローンでは正社員のみに絞っているところもあります。

 

一般的にリスクの高い人ほど金利は高くなり、限度額も低くなりますが、ダイレクトワンの最大限度額は中小消費者金融としては大口の300万円です。上手に利用して信用力を高めることができれば、将来的には銀行ローンと同じくらいの金利まで引き下げることができる可能性もあります。

 

ローンはさまざまな会社が提供していますが、たくさんの会社と契約をすると多重債務状態になります。最終的には使いやすい会社に絞って、深い付き合いをするとよいでしょう。


カードローン おすすめ

×