カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキング

MENU

消費者金融とクレジットカードならどちらがお得?

クレジットカードにキャッシング枠がある場合、カードローンのようにお金を借りることができます。申込時の契約内容によってはキャッシング枠が設定されていないものもありますが、設定されていて限度額に余裕がある場合は、新規で消費者金融や銀行と契約するのとどっちが有利に利用することができるのでしょうか

 

クレジットカードでお金を借りるのと消費者金融で借りるのにはどのような違いがあるのでしょうか。どちらもお金を借りることができるカードですが、利用方法や利便性によっては新規で契約したほうが良いこともあります。

 

ずばり!

まずクレジットカードのキャッシング枠は、カード会社にとってはショッピングのおまけのような扱いです。もともとクレジットカード会社はショッピングで利用してもらうことを前提にカードを発行しています。

 

もし他のカード会社や金融機関でお金を借りていた場合、それだけで審査のときにマイナス評価することもあります。また、融通が利くのは消費者金融のカードローンです。

 

もともと「キャッシング」とは、借りたお金を翌支払い月にまとめてすべて返済する借り入れのことを指します。最近のクレジットカードではリボ払いに変更することができるものも多いため、実質カードローンとの違いはなくなってきました。

 

しかし借りている途中にリボ払いに変更しようとしても、変更が間に合わないこともあります。それは事務的な手続きで、締め日以降の変更は受け付けることができないためです。支払が確定してしまったらリボに変更できないため、借りている金額によっては大きな負担をしなくてはならないことがあります。

 

消費者金融などの「カードローン」は、もともとリボ払いをするためのものですので、そういった手続きをすることなく最初から負担は小さくなっています。もちろん途中で随時返済を利用することもできますので、一括払いのような支払い方も可能です。

 

クレジットカードは一度リボ払いに変更すると一括払いに変更することはできません。

 

随時返済を利用することも可能ですが、対応しているATMが消費者金融と比較すると少ない点を挙げれば、消費者金融で借りたほうが便利でしょう。

 

クレジットカードのキャッシングで気をつけなくてはならないのが、キャッシング枠がショッピング枠の一部に設定されている場合です。それぞれの枠が独立しているものもありますが、どちらかというと、そういったカードは少数派です。多くのカードがショッピング枠の一部にキャッシング枠が設定されているため、ショッピングで利用しすぎているとお金を借りることができなくなってしまいます。

 

特に電話代や光熱費などの生活で利用した費用をクレジットカード払いにしていると、知らない間に限度額が減少していることもあります。お金を借りたいときに借りることができないのはクレジットカードでキャッシングする場合の注意点です。カードローンでは全額お金を借りるための限度額ですので、いくら利用しているのか把握しやすく、管理が簡単です。

 

消費者金融のカードローンの大きなメリットは、返済の自由度です。随時返済ができることはもちろん、次の支払日の支払い金額を上げてみたり、支払が厳しい月は金額を少なくしてみたり、基本的には利息負担以上の支払いがあれば、その月の支払いは完了したことにしてくれます。

 

クレジットカードでも残高を全額返済することは可能ですが、コールセンターに連絡をして利息の計算をし、その日のうちに支払いをしなくてはなりません。カードローンのようにATMから自動で返済することができません。銀行振り込みになれば振込手数料もかかりますので、返済するのも一苦労でしょう。

 

また、契約内容についても交渉が容易なのが消費者金融のカードローンのメリットです。一定期間利用していると金利の引き下げや限度額のアップをしてもらうことができます。利用しない場合でも限度額をアップすることによって、金利が下がることもあります。クレジットカードのキャッシング枠はもともと金利が固定されているものが多く、交渉する余地がありません。有利な条件で利用するためには、ゴールドカードに変更したり、カードそのものを変更する必要が出てきます。

 

ゴールドカードでは年会費がかかるものもありますので、利息を下げるために年会費を払うのはメリットが小さくなってしまうでしょう。キャッシングをしている間は良いかもしれませんが、年会費は完済したあとも続きますので、安易な気持ちでステータスをアップするのは負担が増える原因となります。

 

一方、消費者金融のカードローンにはクレジットカードのようなステータスはなく、利用限度額や金利はすべて利用者の信用力によります。信用されればされるほど有利な金利で借りることができます。総量規制対象のため、年収の3分の1以上の借入をすることはできませんが、銀行のカードローンのように低金利の契約になる可能性もあります。

 

消費者金融というだけでイメージが悪く感じる人もいますが、最近では銀行の傘下にはいった消費者金融も多く、経営は極めて透明性のあるものとなってきています。


カードローン おすすめ

×