土日でも借りれる中堅・中小消費者金融

平日ではなく、土日になって急にお金が必要になるということがあるものです。銀行は当然営業時間外ですが、消費者金融であれば土日でも借りれる場合があります

 

しかし、すべての消費者金融が対応しているというわけではありません。

 

特に、中堅・中小消費者金融の場合は、融資が振込に限定されているケースが多く、土日になると、利用できない場合がほとんどです。

 

ここでは、土日でも借りれるのはどこかについて、考えてみましょう。

最初にちょっとおさらい

土日でも借りれるかどうかですが、これは銀行振り込みサービスを利用している金融業者の場合は不可ということになります。

 

銀行のカードローンやキャッシングなどは、銀行の営業時間内に申し込みをする必要があり、平日の夕方以降、土日祝日には、残念ながら利用することができません。インターネットで申し込みは随時受け付けていますが、受理されるのは翌営業日となります。週末に現金を手にすることは不可能ということです。

 

消費者金融の場合は、無人契約機を設置している業者があり、その機械からローンカードを発行してもらうことで、土日でも借りれる可能性があります。ただし、すべての消費者金融が対象ではなく、大手のみに限定されているのが現状です。いわゆる中堅や中小企業レベルの貸金業者は、銀行振り込みによる融資しかできない場合があります。

 

そうなると、銀行振り込み可能な時間帯にしか借りられないということになります。土日はどうしようもないともいえるでしょう。

 

365日、年中無休で店舗を開けているという貸し金業者があるのなら、直接出向いて融資してもらうことも可能でしょう。しかし、そういうところがみつからない場合には、土日でも借りれるかどうかは、無人契約機の有無にかかっているということです。ですので、週末に急な出費に迫られた場合には、何よりもまず、無人契約機を探すことが大事だといえるでしょう。そうすれば、融資を受けられることもあるかもしれません。

審査も土日に出来るの?

融資を受ける際の審査で一番重要になるのは、「在籍確認」です。

 

カードローンなどの融資の場合、無担保・無保証人で融資をしてくれるのが特徴です。しかし、金融業者は返済してもらえないと困りますので、貸出する際には、申込者の収入を確認する必要があります。けれど、一定限度額以内では収入証明の提出は求められず、その代わり会社に直接電話をし、本当に在籍しているかどうかを確認するという方法をとっています。それが、「在籍確認」です。

 

土日でも借りれるかどうかは、この在籍確認が土日の間に完了するかどうかにかかっているというわけです。しかし、土日には会社が定休日で、誰も電話に出ないという場合もあるでしょう。その場合に、審査が完了できるかどうか不安になる人もいるかもしれません。

 

週末に電話確認ができない場合には、書類による在籍確認が認められるケースがあります。これは、会社の社員証や源泉徴収、最近の給料明細などが認められることがあります。ですので、申し込みの際に、その旨を伝えるとよいでしょう。それが認められると、土日でも借りれることになります。

 

書類が認められて土日でも借りれるかどうかは、会社によって規定が違います。審査基準というのは、一定ではありません。ですので、もし1社で断られても、諦めずに、別の会社に問いあわせしてみることです。もしかしたら、別のところであれば、あっさりと認めてもらえることもあるかもしれません。

無人契約機でも審査基準が厳しいとは限らない

無人契約機を設置している金融業者は、ある程度の大手ということになります。中堅や中小規模の消費者金融では経営が厳しく、無人契約機を設置するほどの資金がないのが現状です。そうなると、「大手だと、審査基準が難しいのでは?」と思ってしまう人もいるかもしれません。

 

しかし、実際には審査基準は思っているほど厳しくない場合があります。銀行の場合は、正社員のみであるとか、会社の勤続年数や会社の信用度なども審査に考慮される場合があります。その結果、融資できないとなることがあります。しかし、消費者金融の場合、収入は必要ですが、アルバイトやパートでも可能という風になっている場合がほとんどです。つまり、わずかであっても毎月給料が振り込まれているなら、審査に通過する可能性があるということです。

 

また、金額を低めにしておけば、審査に通過しやすくなります。50万円の融資は無理でも、10万円ならOKということがあります。ですので、とりあえず借り入れ限度額は低めで申し込むのがよいでしょう。土日でも借りれるかどうか心配なら、欲張らず、最低必要額のみにするのがよいということです。

 

さらに、週末お金が必要になりそうな気配があり「土日でも借りれるかな…」と不安を感じているのであれば、事前に銀行や消費者金融のカードローンの申し込みをし、カード発行をしておくのが一番です。そうすれば、不意の出費にも慌てることなく対応することができるでしょう。