カードローンの返済はコツと注意点を抑えておけば安心して借りれる!

MENU

カードローンの返済はコツと注意点を抑えておく!

カードローンを利用してお金の融資を受けるときには、毎月定額の返済または利息を含めた元金ご返済することになります。返済方法は、契約をするカードローン会社により返済金額の組み合わせが異なります。

 

また、返済方法も複数用意されている場合があります。自分に適した返済方法と返済額を考えてカードローンを利用すれば安心できます。

 

そのためには返済に関する知識を吸収しておくことがとても重要です。間違った返済知識は、カードローンを利用した後の返済に関する大きな負担となって自分自身に帰ってきます。これから返済について勉強をしましょう。

 

利用するカードローンによって返済方法が変わる

カードローンの利用により返済方法が変わっています。

 

カードローンは、銀行系の金融機関が発行するものや消費者金融系の会社が発行するものなど発行する相手によりカードローンの返済方法は異なっています。銀行系のカードローンでは、その銀行の口座から引き落とす方法があります。銀行系のカードローンでは一般的な返済方法ですが、最近ではその銀行の口座を開いていなくても利用できるようになっています。

 

銀行の口座を持っていない場合には、ATMで返済日までに返済額を振り込むことになります。

 

自動引き落としでないため忘れてしまうことがあります。消費者金融系の会社のカードローンでは、このATMの振込が一般的です。最近ではこれ以外にネットバンキングや口座振込の方法により返済することができます。これらの返済方法はお金を借りた人の環境により選ぶことができるようになっている場合があります。   

 

銀行系のカードローンでは、口座を開いていなくても利用できる場合にはその銀行口座からの引き落としができません。その銀行に振り込みを行う手続きが必要です。振込手続きを忘れてしまいがちな人は、その銀行の口座を開いてお金を貯金しておくことでその口座から決まった日に引き落としを行ってくれます。延滞することなくカードローンを利用できることになります。   

 

カードローンの利用で怖いのは、延滞することです。自動引き落としのようにしている場合には忘れる事はあまりありませんが、ネットバンキングの返済やATMからの振り込みを行うときには忘れてしまう人がいます。

 

初めての振込忘れであれば延滞であっても大きな事故と処理されませんが、たびたびこのような延滞があるとブラックリストに載ってしまうことや注意人物としてその後のカードローンの利用が難しくなってしまうことがあります。返済方法は自分自身の性格を考えて最適な方法を選択しましょう。   

 

返済を忘れないようにするためにも複数返済方法を選択できる銀行系の金融機関または消費者金融系の会社のカードローンを利用することで、この延滞の防止対策として有効なものになります。カードローンの審査を気にする人もいますが、返済方法についても注意を払って契約しないと、利用できない状況になってしまいます。

 

どうしても忘れてしまいがちな人は、スマホのカレンダーや自宅のカレンダーにサインやマークもつけて忘れない習慣を身につけるようにしましょう。返済は、トラブルなどにより信用をなくしてしまうことがあります。利用するカードローンの返済方法の確認は必ず行う必要があります。

 

返済シミュレーションを使ってみよう!

カードローンを利用する前に返済に関するシミュレーションの計算をしたい人は多いです。必要なお金ですが返済できるか不安な人もいます。そのためにあらかじめ計算しておく事はとても大切な事前準備です。この計算方法は、計画的な返済をするためにも必要なことですが、詳しい計算方法を知らない人が多いです。

 

この計算方法は、毎月の返済額、返済期間と借り入れ可能額によりをシミュレーションすることができます。このシミュレーションを行うことで、計画的な返済を行うことができます。

 

カードローンを利用する人が、毎月いくらくらい返済すれば、いつ完済できるのか疑問を持つ人が多いです。カードローンの利用をする人たちの多くが持っている疑問で、シミュレーションを行うときに便利に利用できるのがシミュレーターと呼ばれるものです。インターネットのウェブサイトで、カードローンのシミュレーターを検索することで容易に見つけることができるものです。   

 

毎月の返済額の計算方法では、借りる金額、返済するための月数と金利の情報があれば計算が可能です。

 

カードローンの返済方法は、通常分割払いのリボルビング返済方式を採用しています。返済をスタートさせる時からの元金割合と返済が終了する間近の元金割合は異なっており返済が終了する間近の元金割合の方が多いです。

 

この元金割合の計算は、借り入れをした利用金額に金利を乗じて1年間の365日で除した後借り入れをしてから最初の返済までの日数を乗じた額が金利です。毎月一定金額の返済を行うためこの返済額から金利を引いた残金が元金になります。これを繰り返し計算することで元金が終了するまで計算していくことになります。

 

返済金額が通常一定金額となっているため借り入れを行っている金額の残金により返済金額が変動することがありますが、一定金額を繰り返し返済していくことになります。この返済金額の中で元金と金利の割合が変動していきます。   

 

返済期間の計算では、カードローンを利用した金額と毎月の返済額そしてカードローンに対する金利の情報により計算ができます。この計算では、カードローンを利用して返済するまでの利息の合計額を計算する必要があります。利息の合計額が大変な手間がかかるためこちらの計算を行うときにはシミュレーターを利用することで容易に計算をすることができます。   

 

借り入れ可能額の計算方法では、毎月返済ができる金額と返済期間を決めることで借りることができる金額を求めることができます。こちらの計算では毎月の返済額と返済期間の月数そして金利の情報が必要となります。この計算では返済金額に返済回数を乗じて計算した金額から合計利息金額を差し引くことで借り入れ可能額が計算できます。

 

こちらの計算にも合計利息金額の計算をする必要があります。自分自身で計算することも可能ですがシミュレーターを利用したシミュレーション計算をすることで容易に求めることができます。   

 

カードローンを利用する時のシミュレーション計算は、自分自身で計算できますが、求める答えにより大変手間がかかるものがあります。そのためシミュレーターを利用して計算することで、数字が苦手な人でも容易に計算が可能です。返済について不安な人は、シミュレーション計算することで返済可能な経済状況なのか、数年の返済が続けていくことができるか最初に調べることができます。

 

返済についての素朴な質問

カードローンの利用で気になるのが返済に関する素朴な疑問です。カードローンを初めて利用しようと考えている人は、当然返済について気にすることがあります。カードローンを利用している人にとっては、素朴な質問になってしまいますが返済についての質問はとても大切です。返済について理解していないと間違った解釈により返済を行うことで、トラブルに発展してしまうことがあります。  

 

銀行系の金融機関で利用できるカードローンでは、カードローン専用の通帳が発行されることがあります。返済について理解していないと決められた返済日にカードローン専用の通帳に預け入れをしてしまいます。しかし、返済方法が別の銀行口座の場合には、その口座に返済できる元金がなければ返済できません。本人はカードローンの専用口座に返済しているため返済ができていると勘違いしてしまいます。

 

銀行口座を利用した返済では、確実に返済すべき銀行口座を確認しておくことが必要です。返済についての素朴な質問で、銀行口座を複数持っている場合には、どの銀行口座が返済のために引き落としをしてくれるか銀行で確認しておきましょう。素朴な質問ですが確認をしておいて損がありません。   

 

カードローンの毎月の返済額も確認しておきたい返済についての素朴な質問です。カードローンの返済では、一定金額を返済するリボルビング方式を採用しています。この方式では、利用する金額が増えることで返済額も一定金額増えることになります。

 

カードローンで10万円の利用を行っている場合には、毎月1万円の返済になっていましたが、追加でカードローンを利用したことにより、カードローンの残高が20万円を超えた場合には、毎月の返済額が2万円になります。これはカードローンの返済残高が一定金額増えることで返済額も一定金額増えることになります。

 

これを理解していないと間違った返済額を続けてしまいます。特に引き落としではなくATMやネットバンキングの返済方法では、間違った返済金額をしてしまいます。必ず確認をしておきましょう。   

 

カードローンの返済に関する素朴な質問で返済方法が複数ある場合には、あらかじめ決めた返済方法で返済を続けることになります。申し込みの記入欄で特定の返済方法を選択しなかった場合には、一般的な返済方法が採用されます。申し込みをした人によっては気がつかないうちに異なる返済方法になっていることがあります。

 

希望する返済方法があるときには必ず申し込みをするときに確認をしておきましょう。返済をしているときに返済方法を変更できない場合があります。

  

カードローンの返済についての素朴な質問では、土日祝日を挟んだ場合に返済日がずれる場合があります。返済方法がATMを利用した場合には、返済日がずれる事はありませんが、銀行口座の引き落としの場合には平日の日に引き落としを行います。そのため返済日がずれることがあります。

 

この返済日では年末年始のときに注意をする必要があります。返済日が1日の場合には実際の引き落とし日が翌日以降となります。また、ゴールデンウィークの時にも返済日がずれることがあるため必ず確認をしておく必要があります。

 

返済能力にあった借り方をしましょう!

カードローンの申込では、消費者金融系の会社に申込をしたときには年収の3分の1までが借り入れ限度額となります。しかし、申込者によっては多くの借り入れ限度額を設定したいと考えることがあります。しかし、消費者金融系の場合には年収の3分の1を超えるカードローンの利用ができないです。

 

銀行系の金融機関で利用するカードローンでは、総量規制の対象となる年収の3分の1の規制がありません。そのため信用により限度額が設定されることになります。この時に注意したいのが返済能力を超えた限度額が設定されることです。

 

銀行系の金融機関の場合には、年収以外にも申込者の資産や家族構成により限度額が設定されることがあります。収入が低い場合でも相続などにより財産を取得している場合や家族が裕福な場合には信用により限度額が高く設定されます。このような場合には返済能力に適した借り方をしないと返済不能に陥ってしまいます。毎月の返済額が、普段の生活で返済できる限度を超える場合には返済できなくなってしまいます。

 

この状態が続くと裁判所からの差し押さえやカードローンを作成した銀行等から督促が来ます。通帳に返済できる財産があれば返済に充当できますが、財産がなければ不動産などの差し押さえ最悪の場合には給与の差し押さえに発展します。そのため返済能力にあった借り方をしないと返済ができなくなる状態になります。

 

申込者が借り入れ限度額を高く設定する理由としては、多額の借り入れをしたい場合と金利を低く設定したい場合があります。高額の借り入れ限度額を設定すると実際に利用者金利を低く設定してくれます。それだけ信用があるため金利を低く設定したいと高額の借り入れ限度額を設定する申込者がいます。しかし、限度額が高額のため気がつかないうちに多くの借り入れを行ってしまうことがあります。

 

気がついたときには返済できない状況になっていることがあります。そのため借り入れ限度額を設定に関しては、返済能力の範囲内で設定を行う必要があります。

 

カードローンによる借り入れが多くなってしまったときには、返済能力を超えない範囲で使わないようにしましょう。使ってしまう場合には、銀行系の金融機関や消費者金融系の会社に相談して限度額をされてしまう方法があります。これまでの金利よりも高くなくなってしまうことがありますが、返済能力に適した借り方を行うことができるため返済不能に陥る問題を解決することができます。

 

また、転職した場合で、年収が変動するときには必ずカードローン会社に連絡をしましょう。年収が低くなった場合には借り入れ限度額も低くなります。返済能力に適した限度額を設定するようにするためにも、年収の変動は必ず報告することが必要です。


カードローン おすすめ

×