1. カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキング
  2. お金の豆知識
  3. サークルkのヘビーユーザーが多い「ゼロバンク」

サークルkのヘビーユーザーが多い「ゼロバンク」

 2018/04/01 お金の豆知識
この記事は約 5 分で読めます。 199 Views

サークルkのヘビーユーザーが多い「ゼロバンク」

全国的にはあまり知られていないコンビニATM、ゼロバンク。キャッシングやローンにコンビニのATMを使うことは当たり前になっていますが、このATMの名前は聞いたことがない、という方はそれなりに多いかもしれません。

そこで、ゼロバンクとはどんなコンビニに設置されているもので、どんな金融業者を利用できるのか、そしてどんな人が良く使っているのか。関わりの深い銀行なども含めてゼロバンクについて様々な点から紹介いたします。

ゼロバンクというコンビニATM

ゼロバンクというコンビニATMは、サークルkやサンクスを運営しているサークルkサンクスの子会社であるゼロネットワークスが地元の大垣共立銀行と提携して提供しているものです。

ただし、サークルkサンクスはファミリーマートと合併しましたので、現在は株式会社ファミリーマートの子会社となっています。

しかし、全国規模で展開はしておらず、あくまで岐阜県、愛知県内のサークルkやサンクスでのみ展開をしています。これが全国的には知名度があまり高くない理由でしょう。ちなみに、それ以外の店舗ではりそな銀行と提携したBankTime(バンクタイム)というATMが設置されています。

ゼロバンクの特徴としては大垣共立銀行のキャッシュカードを使っていれば基本的な出入金の手数料がゼロであることです。ただし、平日夜間や土日など時間外の場合は手数料が発生することもあります。大垣共立銀行は岐阜県に本店を持ち東海3県に手広く展開をしている銀行なので、まさに地域密着のサービスと言えるでしょう。

ただ先ほども紹介したようにサークルkサンクスはファミリーマートと合併し、株式会社ファミリーマートになりました。

サークルk、そしてサンクスの店舗も今後順次ファミリーマートに置き換えていくことが発表もされています。

その際、ATMとしてゼロバンクが採用されるのか、それともATMも別の物に置き換わるのかということについてはまだ分かっていない状態です。

ゼロバンクを利用できる金融業者は?

いまや、コンビニATMで各金融業者のサービスを受けることができるのは当たり前と言えるようになりましたが、愛知県、岐阜県のサークルkやサンクスで展開されているゼロバンクでも、もちろん金融業者のサービスを利用する事ができます。

現在、サークルkなどにあるゼロバンクのATM端末でサービスを受けることができる金融業者で、手数料まではっきりしているのは二つ。

  1. アコム
  2. プロミス

です。

この二つの手数料は共通で、借入、そして返済ともに1万円以下なら108円、1万円を超える場合は216円となります。有料と言う形にはなりますが、これは他のコンビニ、例えばセブンイレブン、ローソンのATMやファミリーマートで良く採用されているイーネットATMでも同じですので、特に有利な点も不利な点も無いと言えます。

ちなみに、SMBCモビットもゼロバンクを運営するゼロネットワークスを見る限り借入、返済ともに行えるようですが、手数料などについてははっきり表記がないので不明です。

他にも、各種クレジットカードのキャッシングや楽天スーパーローンなども入出金、もしくは出金のみが可能との表記もあります。ただこちらも具体的な手数料などは書いていないので、利用する際はその辺りを事前に確認してから利用した方が良いと言えるでしょう。

ということで、ゼロバンクでは手数料などが不明な業者は多いものの、アコム、プロミスを中心として様々な金融業者のサービスが利用できるようです。

ゼロバンクを利用する人の特徴

ゼロバンクATMを利用する人としては、やはりその地域性の高さと普及地域が限定されているからか、愛知県、岐阜県の人が大半です。特に、サークルkやサンクスを主としてよく使う人が多いと言えるのではないでしょうか。

特にサークルkは愛知県を中心とした東海三県にかなり多くの数の店舗を展開しています。その数は愛知県では1200店舗を超えており、岐阜県でも300前後の店舗が展開されているほどです。特に郊外の場合は自分の家や勤務地の近くにはサークルkしかない、という場合もあったりもします。なのでそういった方はATMを使う場合にはゼロバンク、ということでゼロバンクを有利に使える大垣共立銀行の口座を持っている方も多いようです。

しかし、何度も話に上がりますがサークルkサンクスは2016年9月1日にファミリーマートとの合併を発表し、現在は運営元が株式会社ファミリーマートとなっています。実際、店舗にはファミリーマートブランドの商品が並び始めており、既に一部ではファミリーマートに替わった店舗もあるようです。

今後は最終的には全ての店舗がファミリーマートへ変わっていく予定ですので、ゼロバンクについてもその際にイーネットATMなどに置き換わる可能性があります。もしそうなった場合は、例えばイーネットATMでは手数料が無料で利用できるバンクイックなどの金融業者を利用すれば、手数料分を節約できるのでそちらへの移行も進むかもしれません。

\ SNSでシェアしよう! /

カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

この人が書いた記事  記事一覧

  • レイクALSAの審査内容とは?在籍確認の有無やスペック徹底調査

  • スルガ銀行ってどんな保証会社なの?

  • スルガ銀行カードローンの特徴

  • スルガ銀行カードローンの「tポイント月リザーブドプラン」

関連記事

  • 住民税の滞納者は必見!差し押さえにならない為にはどうすればいい?

  • ブライダルローンで結婚資金は準備出来る?特徴と他のローンとの比較

  • これだけは知っておこう! 【保存版】奨学金制度を徹底解説

  • 自動車ローン滞納から車引き上げまでの流れを時系列と危険度で解説

  • 損をしないために「債務整理」のメリット・デメリットを把握しよう!

  • ヤミ金に手を出す前に!生活福祉資金貸付制度があります