ローンの借り換え・おまとめをする前に押さえておきたいポイント!

MENU

ローンの借り換え・おまとめをする前に押さえておきたいポイントは?

おまとめローンや借り換えローンのように、他社の借り入れをまとめることができるローンは様々な会社で提供しています。会社によっては利用目的自由で、契約限度額内で自由に借り換えができるカードローンを提供しているところもあります。

 

おまとめローンや借り換えローンを利用すれば借金が少なくなって返済が楽になる、そう考えている人も少なくありません。確かに借り換えることによって条件が緩和されれば負担は減少します。しかし借金そのものがなくなるわけではありません。ローンを借り換える場合はどのようなポイントに気を付けて選べばよいのでしょうか。

 

金利の低さだけで借り換え先を選んでも問題ないのでしょうか。他社の借金を借り換える場合はメリット、デメリットを理解した上で、自分の借金の金額や収入、返済期間を考慮して借り換え先を選ぶようにしましょう。また、金融機関によってローンの商品内容に違いがありますので、最低限抑えるべきポイントを把握しておきましょう。

 

現在の借入状況をチェック

 

複数の借り入れがあると、現在いくらの残高があり、毎月いくら払い、いつ完済になるのか把握することが難しくなってしまいます。そこで、エクセルなどで借り入れ一覧を作成しておくことで、返済計画を一目で確認することができるようになります。ただし途中で追加借入をしてしまうと、返済計画が大きくずれこんでしまうことがあるので注意しましょう。また、延滞をした場合も計画に乱れが生じます。

 

延滞をすると借入先から頻繁に電話がかかってくるだけでなく、会社によっては遅延損害金が発生してしまうことがあります。遅延損害金は通常の金利よりも高い金利が設定されてしまうので、利息負担が増加してしまいます。

 

また、信用情報にも延滞があったことが記録されてしまい、もし借り換えローンを検討しているのであれば、審査に通過しにくくなってしまいます。延滞情報の有無は審査でも重要なポイントとなりますので、できる限り毎月支払い日を守っていかなくてはなりません。

 

借り入れ一覧表を作るときは、カードローンだけでなく、クレジットカードのキャッシングやショッピングリボの残高も計算しておくと良いでしょう。クレジットカードのキャッシングは金利の変更が難しい商品です。

 

カードローンの場合は利用実績によって金利の引き下げ交渉や限度額アップの交渉をすることができ、信用される利用を続けていれば少しずつ有利になるということを覚えておきましょう。

 

ローンの金利が下がれば借り換えをしなくても負担を減らすことは可能となります。借り入れの更新は定期的に行うのがベストです。少し手間に感じることもあるかもしれませんが、完済予定日が見えることで精神的な負担を和らげることができるためです。

 

ローンの目的設定を明確にしよう

返済計画を立てる場合は目的設定が必要です。毎月支払い最低金額だけ払っていれば楽かもしれませんが、結果として返済期間が長期化してしまい、利息負担が大きくなります。ここで重要なのが、毎月の収入と支出のバランスです。

 

無理な返済をすれば次の収入がある日にまでにお金が足りなくなってしまうこともあり、また借り入れをしてしまうこともあるでしょう。そうするとせっかく借入状況を一覧にしていても、ころころ内容が変化してしまい、結果として返済計画通りに進まなくなってしまうのです。目標設定をする場合は、無理のない計画を立てるところがポイントとなります。

 

1ヶ月の収入、支出をまずチェックしておきましょう。家賃や光熱費、携帯などの通信料、食品、雑費、交際費、交通費などが主な支出です。最低限これらを確保した残りを返済計画に回しても良いのですが、そうなると急な出費に対応することができず、出費があるたびにまた借りてしまうことになります。そこで余ったお金の中でも、貯金に回すものと返済に回すものをわけておきましょう。

 

急な出費があった場合は貯金で対応をするようにし、追加の融資を受けることは避けた方が良いでしょう。またクレジットカードで日常の支払いをしている人は、カードの利用で貰えるポイント分がもったいないと思うかもしれませんが、無駄な買い物をしてしまうリスクを避けるために、しばらくカード利用を避けるというのも手の1つです。

 

カード払いでポイントを得たいのであれば、入金している分だけ利用できるプリペイド式のカードを利用するのも良いかもしれません。プリペイド式のカードでもポイントが発生するものはいろいろと出回っています。また、仕方なくクレジットカードを利用するにしても、リボ払いにだけはしてはなりません

 

おまとめ・借り換え後の負担の変化を考えよう

別のローンで借り換えた場合、どのくらい負担が変化するのかもシミュレーションしておくと良いでしょう。おまとめ・借り換えローンは借入額が高額になり、さらに返済期間も長期化する傾向があります。そのため0.1%でも金利が低い方が負担は少なくなります。

 

ただし負担が減った分、毎月の返済額が減ってしまうと、結果として返済期間が長期化し、利息負担が逆に高くなってしまうこともあります。低金利のローンを契約しても、毎月の返済負担はなるべく減らさないようにしましょう。

 

「残高スライドリボルビング方式」という返済方法にも注意しておく必要があります。

 

この支払い方法は利用残高の増減によって、支払い額が変化する返済方法です。元金が減少すると負担が減りますので、負担が減っても随時返済を利用して同じ金額支払っていくことが、早期完済のポイントの1つです。

 

上手に借り換えローンを利用するためには、現状を把握し、目的や目標をセットすることが大切です。目標が決まっていれば、その条件に合ったローンを探せばいいので、さまざまな金融機関が提供しているローンの中でも合ったものを探すのが簡単になります。収入を増やすことができれば、より簡単に完済まで近づけることができます。

 

しかし長引くデフレの影響もあり、現代は給料が上がりにくくなっています。無駄な出費を少しでも防ぐためには、長期的な利息負担を抑えていく努力が必要です。現状把握と目的を持った返済計画を怠らないようにしましょう。

 

借り換え後のローンでも長期間利用することによって金利条件の緩和をすることが可能です。完済を目指しているのに限度額アップは矛盾していると思われるかもしれませんが、限度額アップをすることで金利が下がりますので、定期的に金融機関と関係を持ち、交渉していきましょう。

 

悪徳業者に利息を搾取されないために・・

金融業者は、金融庁に登録されている正規の会社だけではありません。免許を持たず不正に金融サービスを提供している「悪徳業者」も少なからず存在しています。お金に困っていると、藁にも縋る思いで申し込みをしてしまうこともありますが、そのような状況下では悪徳業者にひっかかってしまうリスクが高くなります。

 

悪徳業者に引っかかってしまうと、違法な高金利をかけられてしまい、借金の残高がいつまでたっても減少しなくなってしまうこともあります。ジワジワと搾取していく違法業者に対しては、実は元金すら返済する義務はないのです。

 

違法業者に引っかからないためのポイントはいくつかあります。まず知名度や設立年数を見ましょう。特に聞いたことがない金融機関に申し込みをする場合は注意が必要です。中には有名業者の名前を偽って営業している会社もあります。正規の業者はホームページ上で許可番号を掲載しています。許可番号が自治体に登録されているものと相違している場合は要注意です。

 

また、金利が低すぎる場合も注意が必要です。金利が低いということは会社にとっての利益が低いということです。そもそも経営できない水準での貸し出しをしている場合は、何か裏があると思っても良いでしょう。チラシや電話、DMで営業をしている会社も注意が必要です。電柱に貼られている広告も違法業者の可能性が非常に高いので、間違っても電話してはなりません。

 

違法業者を利用してしまうと、個人情報が闇に流出してしまう危険性もあります。個人情報はリストとして別の業者に売買されることもあり、一度違法業者に情報が流出してしまうと、完全に削除することは難しくなります。正規の金融業者かどうかは慎重に判断しましょう。

 

2タイプに分かれる金融業界!それぞれの特徴とは?

ローンの提供先は、大きく分けると

  • 銀行
  • 消費者金融

になります。

 

銀行は銀行法の許可の元営業しており、消費者金融は貸金業法の許可の元営業しています。

 

銀行のローンの特徴は非常に高い信頼性と利便性です。低金利のローンが多いのも特徴ですが、最近では多くの人に貸し出しをするために、最大金利が高くなっているローンもあります。金融機関によっては雇用形態や収入、年齢で制限をしているものもあります。おまとめローンとなればそれだけ限度額が大きくなりますので、審査も厳しくなります。

 

高額な借り換えも可能ですが、初めての契約ではすべての借り入れをまとめることはできない場合もあります。銀行系ローンではATM手数料が無料になっているところも多いため、毎月の返済や随時返済、借入でATM手数料をかけることなく利用することもできます。

 

消費者金融はそういった銀行系カードローンでの契約ができなかった人が流れる傾向があります。ただし即日融資を希望している人は最初から契約できる可能性が高い消費者金融のローンを選ぶことがあります。貸金業法には総量規制という法律があり、年収の3分の1以上の貸し出しをすることができません。銀行と比較すると金利や限度額で不利ではありますが、審査スピードが速いため、急いでいる人に適しています。

 

ほとんどの会社でおまとめローンを提供しています。銀行傘下の消費者金融では銀行に設置されている自動契約機やATMを利用することもできます。コンビニATMを利用するときは手数料がかかってしまうことがある点は注意しましょう。

 

消費者金融のローンでも100万円以上の限度額になれば、利息制限法で15%以下の金利になります。大口契約となれば銀行並みの低金利のローンを目指すことも可能でしょう。


カードローン おすすめ

×