今もっとも借りやすい銀行ローン

MENU

今もっとも借りやすい銀行ローン

銀行からお金を借りるというと、審査が厳しいためなかなか借りることが出来ないのでは無いかと思っている人も多いようです。

 

しかし、銀行ローンの中には、比較的借りやすい銀行ローンもあります。

 

このような銀行ローンに申し込みをすることにより、これまでの借りにくく堅苦しいイメージのある銀行ローンのイメージを根本から取り除くことが出来るかもしれません。

 

借りやすい銀行ローンとして挙げられているのが、銀行ローンの中でもステイタスの高い、メガバンクである三菱東京UFJ銀行のカードローン、バンクイックです。

保証会社

メガバンクが借りやすい銀行ローンであることを意外と思う人もいるでしょう。しかし、バンクイックが他の銀行ローンと比べて借りやすい銀行ローンであると言われるのには、理由があります。

 

まず、基本的に銀行からお金を借りるという場合には、担保や保証人が必要です。しかし、銀行ローンは無担保・無保証人で利用することを基本としているため、慎重な審査とならざるを得ません。そのため、銀行ローンが審査のハードルが高いと言われる所以でもあります。

 

しかし、借りやすい銀行ローンであるバンクイックの場合、消費者金融業者の中でも大手であるアコムにサポートをしてもらっているのです。アコムは、バンクイックの保証会社として位置付けられています。この場合の保証会社とは、不良債権などが生じた場合の引き受け役としての意味があります。つまり、あくまでも主体は銀行ローンであるということです。その為、審査についても銀行の基準が採用されているのが一般的です。

 

しかし、バンクイックは審査段階からアコムの影響を受けています。つまり、これまでの銀行ローンのような厳しい審査基準ではなく、消費者金融業者であるアコムの審査基準が採用されているために、借りやすい銀行ローンであると言えるのです。

 

その為、他のメガバンクがカードローンに銀行名を付けているのに対して、三菱東京UFJ銀行のカードローンにはバンクイックという銀行名とは全く異なる名称が付けられています。

 

バンクィックの特徴

バンクイックの強みは借りやすい銀行ローンであるということだけではありません。消費者金融並みの審査基準でありながら、銀行ローンの強みである低金利、総量規制対象外ということも大きな強みであると言うことが出来るでしょう。

 

銀行ローンは、銀行の休業日である土日は融資を行っていないのが一般的です。その点でも、バンクイックは他の銀行ローンとは異なっており、土日祝日に申し込みをしても、その日のうちに借入をすることが可能です。また、コンビニ提携ATM手数料が無料であるため、お金が必要な時に気軽に借りることが出来るということも、借りやすい銀行ローンと言えます。

 

銀行ローンでは、借入額に応じて返済額が決められています。バンクイックは、毎月の最低返済額が低く設定されていますので、同じ金額を他の銀行から借りた場合と比べて、返済しやすいようです。バンクイックは借りやすい銀行ローンということだけではなく、利用のしやすさや返済のしやすさなどの点からみても、スキのない銀行ローンであると言えるでしょう。

 

銀行ローンの中には、カードローンを利用する時には、その銀行に口座を開設する必要があるものが多いのですが、バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローンでありながら、三菱東京UFJ銀行の口座を新たに開設する必要なく、申し込みをすることが出来るということも、借りやすい銀行ローンと言われる理由でしょう。

 

ただし、口座を開設せずに申し込んだその日のうちに融資を受けたいという場合には、申し込みをし、審査を通過することが出来た後に三菱東京UFJ銀行の無人テレビ窓口で手続きをする必要があります。無人テレビ窓口以外でも手続きをすることが出来ますが、その場合には、借入に必要なカードを受け取るのが数日後となってしまいます。

 

すぐに融資を受けたいという場合には、無人テレビ窓口で手続きをする必要があるのです。無人テレビ窓口については、日本全国に600カ所以上ありますので、地方都市でも利用しやすいでしょう。三菱東京UFJ銀行にすでに口座を持っているという場合には、テレビ窓口で手続きをする必要はありませんし、契約手続きをWEB上で完結させることが出来ます。

 

バンクイックの借入・返済については、三菱東京UFJ銀行のATMはもちろんのこと、提携しているコンビニATMを利用しても行うことが出来ます。しかも、手数料はかかりません。少しの金額でも利用する回数が多くなれば、大きな金額ともなりえますので、ばかにすることは出来ません。

 

銀行ローンを利用する時に、保証会社の存在を意識することはほとんど無いかもしれません。しかし、少し工夫をするだけで、消費者金融で融資を受けるよりも大幅に返済額を減らすことが出来る可能性があるのですから、調べてみる価値は十分にあるでしょう。


カードローン おすすめ

×