携帯の支払いが遅れた場合審査に影響する?

携帯電話の支払い遅れが原因でローン審査に通らなくなったという話を耳にする機会が増えました。昔から、公共料金の支払いは信用情報に影響しないと言われてきましたが、携帯電話の通話料金についても基本的に影響はしないはずです。

 

しかし、ケースバイケースで携帯料金の支払い遅れが審査に影響してしまうこともあるようです。

 

ここでは、携帯の支払いが遅れた場合に、キャッシングやローンの審査に影響するのかどうか、解説したいと思います。

ケースバイケース

結論を先に言うと、携帯料金の支払い遅れがあっても、基本的にはキャッシングやローンの審査には影響しません。

 

しかし、携帯電話料金の内訳に携帯電話本体の割賦払い料金が含まれている場合には、ローンの支払いと同じになりますので、支払い遅れをすると信用情報に傷がつきます。たった1回の支払い遅れでも信用情報に最大で7年程度記録が残りますし、3ヶ月以上の延滞をすると、いわゆるブラックリストにのってしまいます。

 

携帯電話本体を一括で購入している人にはあまり縁のない話かもしれません。最近ではスマートフォンなど、携帯電話も高額になってきているので、24回程度の分割払いで購入する人も増えています。携帯本体を分割払いで購入していると、携帯料金の中にローンの支払いが含まれることになるので、信用情報に傷がついてしまい、キャッシングやローン審査に通らないということが起こります。

信用情報機関で共有される

 

携帯電話会社は、信用情報機関には加盟していませんので、基本的には信用情報機関で情報が共有されることはありません。もしも携帯料金の中に割賦払い料金が含まれておらず、通話料金や通信料金だけの場合には、支払い遅れをしても信用情報に記録が残ることはありません。しかし、携帯電話会社の社内記録には携帯電話の支払い記録がしっかりと残っているので、注意をしておきましょう。

 

しかし、携帯電話料金の中に割賦払い料金が含まれている場合には、ローンを延滞した場合と同じ扱いがされますので、信用情報機関で情報が共有されることになります。

 

共有される情報は、支払い遅れをしたというマイナスの情報だけでなく、きちんと支払いをしたというプラスの情報も残ります。そのため、キャッシングやローンの審査では、マイナスになる影響だけでなく、プラスになる影響が出ることもあります。

分割払いが審査に影響する理由

携帯電話本体を分割払いで購入する時には、基本的にお店が提携している信販会社でローンを組むことになります。

 

割賦販売法という法律によって、信販会社は個人信用情報機関を利用することを義務付けられています。そのため、ローンの返済で延滞をすると、個人信用情報機関に延滞をしたという情報を送らなければならず、原則として個人信用情報に記録が残ります。携帯電話料金の中に割賦払い料金が含まれていない場合には、支払い遅れをしても信用情報には影響しません。

 

キャッシングやローンの審査では、個人信用情報を必ず閲覧することになっているので、延滞の記録があると、高い確率で不利になってしまいます。もちろん、人間だれしもミスをすることはあるので、1回や2回の延滞の記録があるだけなら大目に見てもらえることもあります。どこの金融機関でキャッシングやローンを利用するかによって、審査の結果は変わってくるでしょう。

それでも通りやすいローンはあるの?

個人信用情報機関とはいっても、CICやJICCなど、複数存在していますので、必ずしもすべての情報が共有されているというわけではありません。携帯電話の支払い遅れがあっても、すでに延滞状態を解消できているなら、その影響を受けずに審査に通る可能性があります。

 

具体的には、銀行カードローンを利用するというのが1つの選択肢となります。携帯本体の割賦払いの影響するのは、主にCICという個人信用情報機関になります。銀行はKSCという個人信用情報機関に加盟しており、まったく情報交流がないわけではないものの、共有されているのは一部の情報のみになります。

 

すなわち、CICに延滞の記録が残っていても、KSCにだけ情報照会を行う銀行カードローンならば、影響をほとんど受けずに審査に通る可能性があるということです。もちろん、CICにも加盟している銀行も存在するので、100%影響を受けないというわけではありません。

どの銀行が良い?

銀行カードローンの中でも特におすすめなのは、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」です。

 

金利は平均的な銀行カードローンのものとなっていますが、大手の消費者金融にも劣らない審査スピードが魅力です。手軽に素早くお金を借りるなら、バンクイックが良いでしょう。他には、楽天銀行カードローンなどもおすすめです。ネット銀行のカードローンは、ATM手数料が完全無料など、独特のサービスを展開しているのが魅力です。

 

みずほ銀行カードローンは、メガバンクのカードローンとして信用があり、業界最低水準の金利で借りられることが魅力です。地方銀行といえば営業区域内に住居もしくは勤務先がある人でなければ利用ができないというイメージがありますが、全国に対応している地方銀行カードローンも存在します。静岡銀行カードローン「セレカ」などです。地方銀行も検討してみましょう。