金融の金利事情はどうなっている?

MENU

金融の金利事情はどうなっている?

日常生活を送っている中で、思いも寄らない出費が重なる事は度々あります。

 

例えば、急に結婚式に招待されたり、仕事の都合で転勤となったり、怪我や事故で入院や休職をしてしまったり。最終的には、保険や会社からお金が帰ってくるものもありますが、一時的には自分で立て替えをしなければならない事もあります。

 

しかし、常に手元に纏まったお金があるとは限りません。そんな時に活用したいのが金融機関です。金融機関でお金を借りる時に最も気になる金融金利についてご説明します。

消費者金と銀行の金利水準

お金を借りようと思った場合に、一番注目するポイントは何でしょうか。

 

  • 借りる方法
  • 借りられる場所
  • 借入の金額

など様々な条件があると思いますが最も大切にしたいのが金融金利です。

 

金融金利とは、その名の通りその金融機関でお金を借りる際にどれ位の利率をかけて契約するかというもので、金融金利と返済期間によって借入した金額は同じでも最終的な返済額は大きく変わる可能性があるからです。しっかりと、借入額とその金額に応じた金融金利を見極めて借入をする事が大切です。

 

現在の金融利率の目安を知っていますか。現在は、貸金業規制法という法律の定めによって借り入れる金額が10万円未満の場合は20%、10万円から100万円未満は18%、100万円を超える場合は15%を越えて金融金利を設定してはならないと定められています。

 

きちんとした金融機関であれば、それらの金融金利を超えて、貸付けの金融金利を設定している所はありませんので安心していいでしょう。しかしながら、所謂ブラック金融と呼ばれる貸金業規制法等の法律を守っていない悪質な貸付け業者の場合はそれらの金融金利を超えている可能性もありますので、注意が必要です。

 

借入の希望額に酔っても利率の上限は大きく変わります。必要な金額だけを借入する事も大切ですが、金融金利とのバランスを考えて上手に、借り入れ金額の設定が出来るようになると更に賢く金融会社を利用する事が出来るようになります。

消費者金融も借金している

銀行と消費者金融では金融金利が大きく違う場合が多いです。その理由として上げられるのは、消費者金融も運営資金として銀行からお金を借りている場合が多いからです。銀行へ金融金利を払って、消費者金融が大金を借りており、そのお金を更に消費者が金利を払って借りるとなるとどうしても、銀行から直接借りるより金融金利は高く設定されてしまいがちです。

 

消費者金融の場合ほとんどが目的を明確にせずとも借り入れ出来るフリーローンです。目的がはっきりしていないフリーローンの場合は、銀行でも目的別ローンに比べて金融金利が高くなる場合が多いです。さらに、消費者金融の場合融資をする場合に、担保や保証人を取らないケースが多いです。借り入れを希望する方の信用に対してお金を貸し付ける方法をとっている所がほとんどですので、どうしても貸付けの際の金利が高くなってしまいがちです。

 

また、消費者金融が人気のあるポイントの1つに、審査の早さが上げられます。銀行が借り入れから、収入、資産の状況、保証人の状況など多くの審査項目がありますが消費者金融の場合は、借り入れ希望者の信用のみになります。場合によっては、即日融資も可能となっており緊急でお金が必要になった場合は頼もしい味方になってくれる場合もあります。

 

銀行の場合は、金融金利は安く設定されていますがしっかりと審査をするので場合によっては1週間から1ヶ月近くも審査に時間がかかる場合もあります。

金利の低い銀行に申込んだ方がお得?

同じ金額のお金を借入するなら、少しでも金融金利を下げて上手に借り入れをしたいと考える人が多いのでは無いでしょうか。それでは、少しでも金融金利を下げる為のポイントについてご説明します。

 

まず、借入をする金融機関の設定です。同じ金額を借り入れする時に、ほとんどの場合は消費者金融よりも銀行の方が貸付け金利が安く設定されています。というのも、銀行で借り入れをする場合は審査がたいへん厳しくなっている場合が多いです。他社での借り入れはもちろん、借り入れ金額に応じて担保の設定をしたり場合によっては保証人を立てる必要もあります。

 

敷居が高く、しっかりと保証を取られる分金融金利が安く設定されている場合が多いのです。更に、借り入れの際の金融金利を下げたい場合は、目的がはっきりとした目的別ローンを活用すると良いでしょう。特に個人でお金を借りる場合に、高額になるのが住宅ローンです。住宅ローンの場合、住宅の建築やリフォームなどで多額の費用がかかります。住宅を建てると同時に、その住宅を質権設定する方法などで一般的なフリーローンよりも、ぐっと金融金利を下げて借り入れを受ける事が出来るのです。

 

その他にも、学資ローンやマイカーローン、結婚式の資金を準備する為のブライダルローンなど様々種類もあります。

 

お金を借り入れする目的がはっきりしている場合は、目的に会わせたローンを活用する事で、金融金利をぐっと抑える事が出来る可能性があります。


カードローン おすすめ

×