レイクの審査の不明点を解決!審査に関する疑問とその解決策を徹底解明!

MENU

レイクの審査に関する疑問とその解決策を徹底解明!

 

多くの特典を持っているので利用者が後を絶たないレイクですが、その特典を受けるには、その審査にパスする必要が出て来ます。

 

もちろん普通に無理のない借り入れプランの申請をすれば、審査に落ちることはあまりないのですが、それでも一度審査に落ちてしまうとそれが原因でその後の審査に影響が出てしまうことも考えられますので、慎重な申請が必要になります。

 

慎重にレイクに融資の申し込みをするためには、申し込みの条件を調べておくのがお勧めの方法になります。もちろん審査の基準とは完璧に同じではなりませんが申し込みの条件を調べておくことは審査基準をイメージしやすくなるので知っておくことはとても重要です。

 

レイクに申込できる人の条件

レイクの審査条件は20歳以上70歳以下の人で、安定した収入をお持ちの方となっています。70歳以下の人も対象にいているのがレイクの特徴で、60歳以上の人も融資を受けることが出来る可能性があることを意味しています。これは高齢者の方には利用しやすいという特典があることを意味しています。

 

しかしながら、一定の収入が無い場合には融資の審査に通ることはできないことも意味しています。一定の収入というのは定職についていなくても問題ありません。例えばパートやアルバイトの人であっても3カ月から6か月以上安定した継続的な収入があることが必要になってきます。

 

レイクの融資の申し込みは例えば学生であっても一定の収入があって年齢に問題が無ければ行うことが出来るようになります。しかしながら、継続的な収入がもとめられますので、たとえば夏休みだけあるいは冬休みだけまとめてアルバイトをしているような場合には審査にパスするのが非常に難しくなってしまいます。

 

審査にかかる時間はどれぐらい?

 

レイクの審査に必要な時間は仮審査10分以内、本審査30分から60分となっています。

 

つまり審査を全て完了するまでに40分から70分を考えておくのが妥当といえます。しかしながら、このような短時間での審査に応じてもらうためには8:10から21:30の間に申し込みを行わなくてはなりません(第3日曜の場合には8:10から19:30の間)。これ以外の時間帯に審査の依頼を行った場合には審査結果の報告は翌日になってしまいます。

 

急にお金が必要になった場合には早急なる審査結果を知りたいはずですので、時間帯を十分に考慮に入れて依頼を行っていくようにするといいでしょう。

 

レイクの審査はどんな内容?

レイクに融資の審査を申し込むと仮審査と本審査の2段階の審査が行われるシステムになっています。仮審査では審査に申し込みをされた方の収入やお勤め先、更には申し込みをされた方のお借り入れの状況などをもとに審査が行われます。

 

審査に対しての客観的な基準をもとに融資が可能であるかそして妥当なものであるかの検討が行われます。融資が可能であると判断される場合には、貸付の上限がどの程度あれば妥当であるかについての判定を行うことになります。

 

仮審査の段階で貸し付けをすることが出来ないと判断されてしまうと本審査に進むことが出来なくなってしまいます。その結果は申請者に報告されることになります。仮審査は機械的に行われる審査ですので、審査自体は10分程度で終了します。

 

本審査では、本人の自己申告である本人の個人情報、収入に関する証明書の内容が確認されます。書類に不備があると時間がかかってしまいますが、逆に書類に不備が無ければ仮審査の内容にしたがって貸付可能という判断になります。また、本人に関しての在籍確認も行われます。

 

在籍確認が取れない場合には、やはり判定に時間がかかることになりますので、勤務先の情報や連絡先については正しい情報を記載するようにして、誤りが無いようにすることが肝要です。

 

故意の場合には審査を通すことが出来なくなってしまいますが、不注意によって情報の記載などに誤りがあると、審査を通過できないということも考えられます。また、融資の上限額を下げられてしまう可能性も出て来ますので注意が必要です。一度審査に落ちてしまうと、再び審査を通すのが手間になってしまうことも起こりえますので、注意が必要です。

 

審査を依頼する場合には提出書類に関しては十分なチェックが必要です。また、一度に多くの金融機関に審査の依頼をしてしまうとそれが理由で審査に落ちてしまうこともありますので注意が必要です。審査自体は短時間で完了しますので、必ず一つずつ依頼をするようにするのが肝要です。

 

レイクの審査の2つの流れ

レイクではお客様からの融資の申請に対して次の3つの流れでの審査が行われていきます。

 

お客様の申請内容の確認

お客様の融資に関する申請内容についての確認が行われます。

 

レイクの公式HPに記載されたお客様の住所、勤務先、年収などについての情報に確認が行われます。記載内容に不備がある場合にはその段階で申請が却下されてしまいます(これは仮審査と呼ばれています)

 

お客様の確認と在籍確認

申請内容の確認が完了した後にお客様に関する確認が行われます。パスポートや運転免許証の情報をもとに審査の依頼を行っている方が本当にその方自身であるかどうかの確認が行われていきます。また、ご本人が申請した内容に基づいて勤務先での実際の勤務状況の確認が在籍確認の形で行われていきます。

 

一般的には電話によって勤務先に対しての在籍確認が行われますが、在籍確認を希望されない場合には申請者がレイクの方に調節相談をすればその他の方法での在籍確認を行ってもらえる可能性も考えられます。このプロセスがいわゆる本審査と呼ばれるプロセスになります。

 

以上のプロセスをもとに審査結果が申請者に報告されるようになります。審査結果がダメという場合には、他の金融機関への申請を検討する必要が出てきますが、ブラックリストに掲載されているなどの根本的な理由によって審査に通らないということが起きている場合にはほかの金融会社に申請をしても結果は同じになってしまいますので、再度の申請を行う前に本質的な問題点を解決していく必要がでてきます。

 

一方で審査にパスをした場合にはその段階からATMを使っての借入を行うことができます。

 

レイクの審査に通るコツはあるの?

レイクでの融資の審査にパスするコツのようなものがあるのでしょうか?

 

 

一般的にレイクの公式サイトに記載されている条件を満足しており、無理のない借り入れであればたいていの場合において審査はOKとなるものですが、しいて上げるのであればレイクの申し込みフォームの記載内容を間違いないようにすることが重要なポイントになってきます。

 

非常に基本的なことですので、間違いようがないとみえますが、レイクのような大手の金融機関は信用を得るために非常に厳格な審査を行っていますので、ケアレスミスのような誤りであっても審査に通ることが出来なくなってしまうというケースが出てきてしまいます。

 

レイクの審査に通るということはお金のやり取りをレイクとお客様の間で行うことになりますので、安全性の高いお金の融通をレイクの方はいつも心がけていますので、ちょっとしたケアレスミスであっても安全面を考えて審査をパスさせることはしません。そのようにしていくことが大手の消費者金融の信用であるとレイクは考えています。

 

また、同様の考え方から、一定の収入を得ることが出来ないとレイクが判断する場合にはその方にお金を融通することは行いません。ですからそのような方の融資の審査はほとんどの場合においてNGとなってしまいます。一定の収入が無い方はお金を貸すことをするとお金の返済にトラブルが起きてしまう可能性が大きくなってしまいます。

 

いわゆる貸し倒れの状態になってしまうと金融機関は困ったことになってしまいます。またお客様の方も債務整理などの方法をつかうことになりますが、その後はブラックリストにその情報が掲載されてしまいますので、いろいろな面で生活に不自由さが出来てしまいます。

 

借りたお金は利子をつけて必ず返すということをしなくてはならないのが一般的な考え方ですので、それが行うことが出来ないような無謀が借り入れをしない方が無難です。また、お金を借りるためには一定の収入が必要ですので、その点を改善していくような努力も必要です。

 

また、最初はそれほどお金をレイクの方から融通してもらえないかもしれませんが、何度もレイクとお金の貸し借りを行っているうちにレイクの方でこの方であればお金を貸しても安心という信用が生まれてくれば、借りる際の限度額をアップさせることが可能になってきます。

 

限度額のアップがお客様の方でも申請可能ですし、逆にレイクの方からお客様に提案するようなケースもあります。

 

レイクの融資に関する審査は安全な融資という観点から非常に厳しい部分があります。これに対して、非常に甘い審査を行っているということで話題を集めているような激甘審査ファイナンスや極甘審査ファイナンスも存在しています。

 

しかしながら、甘い審査によって融資を受けてしまうと非常に厳しい返済を要求されることにもなりますので、大きなトラブルに巻き込まれてしまう場合が考えられますので、決してこのような金融機関からの融資が受けないようにすることが肝要です。

 

レイクの審査に関する疑問

レイクの融資に関する審査に関してしばしば次の5つのポイントについて多くの方から疑問が寄せられています。

 

  1. 土日であっても融資に関する審査を受けることが可能なのでしょうか?

    レイクの融資の審査は土日であっても受けることが可能になります。しかしながら、お金の借入を振り込みによって行いたいと考えている場合には銀行の営業日でしか対応してもらえませんので、土日に融資の審査を受けることはタイムラグを生じてしまう可能性がでてきます。

     

    ですので、急にお金が必要になってしまい、土日に融資の審査を受けることになった場合には、振り込みでの借入は避けてATMをご利用になることがお勧めです。

  2.  

  3. レイクの審査は厳しいものであるのでしょうか?

    レイクの融資に関する審査は非常に合理的なものです。必要な部分に関しては厳格な部分もありますが、それは大手の消費者金融についてすべてに当てはまるものであると考えていいでしょう。レイクの審査に通らない場合にはほかの金融会社の審査にも通ることもないと考えて良いでしょう。

  4.  

    レイクの融資の審査に通らないということは非常に無理で危険な借り入れの提案をしていると考えて申請内容を見直しするようにするのが肝要です。間違っても甘い審査を行っているといわれているような危険性の高い金融機関からお金を借り入れることは避けなくてはなりません。

     

  5. 他の金融機関からの借金がある場合にはお金を借りることができますか?

    借金があってもレイクからお金を借りることが出来ないということはありませんが、年収の3分の1までの借金しかできないという総量規制に抵触するような場合にはお金を借りることが出来なくなってしまいます。

     

    また、非常に多くの金融機関からの借金を行っている場合には、レイクでの融資の審査に不利に働く場合が考えられます。

     

    あまりにも多くの金融会社からお金を借り入れている時には、おまとめローンなどで金融機関の数を減らすようにするといいでしょう。

  6.  

  7. 虚偽の申請

    レイクに提出する融資の審査に関する書類に虚偽があると、100%に近い確率で審査には通らなくなってしまいますので、絶対に行わないようにしましょう。

     

    そのような履歴が残ってしまいますと、その後のレイクでの審査に対して不利に働いてしまいます。

  8.  

  9. 査に落ちやすくなる要因

    レイクでの融資の審査に対して以下に該当してしまうと審査に通りにくくなりますので留意しておくといいでしょう。

     

    • 継続して就労している期間があまりにも短い場合(3か月未満ですと非常に通りにくくなります)
    • 年収が少なすぎるばあい(100万円未満ですと通りにくくなります)
    • 総量規制に抵触する場合
    • 多くの金融機関からお金を借りてしまっている場合(3金融機関以上)
    • 金融に関するトラブルがありブラックリストに載っている場合

 

レイクのまとめ

レイク審査はある意味で厳しい部分もありますが、それは多くの信用のある金融機関では当たり前のレベルです。

 

お金を借りてきちんと返していくという責任ある行動をとっていくにはレイクの要求する審査に通るようにしていくことが必要ですので、その点を十分に理解して審査の依頼を行っていくといいでしょう。


カードローン おすすめ

×