おまとめローンでまとまらない時の対処法とは?次に何をするべきか?

MENU

おまとめローンでまとまらない時の対処法について

 

おまとめローンは、複数ある借り入れをひとつの金融機関でまとめて一括返済する商品で、おまとめローンに借り換えが出来ると、複数ある借入先をひとつにまとめることが出来ます。

 

消費者金融の専用商品として、おまとめローンがありますが、銀行のカードローンを利用してまとめることもできます。しかし、おまとめローンは一般のカードローンと違って審査が厳しくなるので、おまとめローンを申し込んでもまとまらない事も少なくありません。

 

どういうところに気を付ければおまとめローンの審査を通しやすくなるのかを紹介しますので、おまとめを考えている人は参考にしてください。

 

 

≪目次≫

  1. なぜおまとめローンの審査が厳しい理由。
  2. おまとめローンの審査を通るためのポイント!申込前にチェックする事
  3. まとめ

 

 

おまとめローンの審査が厳しい理由

おまとめローンもカードローンと同じく申し込みの後に必ず審査を受ける必要があります。一般的におまとめローンの審査は、カードローンと比較して、審査は厳しくなります

 

その理由のひとつが、返済の事を考えずに複数社から借り入れをしたため多重債務になった人がほとんどです。おまとめローンの審査が厳しいと言われるのは、返済のめどが立たないのに「あちこちから借り入れをしている人が申し込むローン」というのが審査が厳しくなる大きな理由です。

 

たとえば4社から借入をしているとした場合、50万円1社、30万円2社、20万円1社で借りていると、おまとめローンの契約先は130万円になってしまい、借入希望額が多くなるので、当然審査は厳しくなります。

 

また、おまとめローンは総量規制の「例外」項目になるので、年収の3分の1以内と言う制限を受けません。そのため、おまとめローンに関しては、年収に関係なく審査で返済が出来ると判断した場合は、年収に関係なく融資をすることになります。

 

おまとめローンは一般カードローンと違いリスク増えるので、貸し倒れにならないように厳しい審査になります。

 

おまとめローンの審査を通るためのポイント!申込前にチェックする事

おまとめローンの審査を通すためにも事前に確認しておくことがあります。

 

返済できるだけの収入はある?

おまとめローンの審査において最も重要なポイントになるのが「安定した収入」です。カードローンは年収によって、融資する限度金額が決まります。

 

一般的には総量規制では「融資限度額は年収の3分の1以内」と言う制限があるので、他に不備が無ければ、おまとめローンでまとめられないという心配は必要ありません。しかし、過去にはおまとめローンで一本化する前に、年収よりも多い借り入れをしている人も少なくありません。

 

年収の3分の1を超えた場合は、それに見合った収入が必要ですし、審査は「返済できると判断した場合」のみ融資をしても良い事になっているので、返済できるだけの収入がなければ審査を通る事は厳しくなります。

 

勤続年数はどれくらい?

中には「転職して収入が増えたはずなのに、審査に落ちた」という人もいますが、審査を通すためには「勤続年数」が重要になります。おまとめローンの場合は、当然年収が大きく影響しますが、それよりも優先されるのが「勤続年数」です。

 

いくら年収が高くても、勤続年数が一年未満の場合は、審査に通る可能性は低いので、せめて1年以上経過してから申し込む必要があります。

 

短期間で複数社へ申し込みはしていない?

おまとめローンの申し込みを何社へ申し込みをしたのかも重要になります。おまとめローンを申し込む際、信用情報機関の個人情報を参照します。信用情報機関の中に申込履歴が記載されているので、いつどこの金融業者におまとめローンの申し込みをしたのかすべてわかってしまいます。

 

申し込み履歴で、短期間に複数の業者へ申し込んだ事が記載されていると、その情報から「短期間に申し込みをしているのはよほどお金に困っている」と思われてしまうので、短期間に多くの業者へ申し込みをする事は、かえって審査に通りにくくしているので注意が必要です。

 

借入件数が多すぎない?

おまとめローンは複数社保借り入れをひとつにまとめる商品ですが、借り入れ先が何社有っても良いというものではありません。一般的におまとめローンは4件以内なら審査に通りやすいと言われています。

 

そのため、5社以上ある場合は、なんらかの方法で4社にする必要があります

 

とりあえずは借入残高が最も少ないところを、他社から借りてでも完済し、契約解除しておく必要があります。

 

利用状況に問題はない?

おまとめローンの審査は、他のカードローンと同様に、過去の利用状況を審査の重要ポイントにしています。問題なのは個人情報に事故履歴が記載されている場合で、他社で返済が滞っている事が記載されていると「これ以上融資しても返済が出来ないのでは?」と危惧するからです。

 

おまとめローンの場合は、金額も大きくなる場合が多いので、よけいに返済実績についてシビアになります。そのため、返済実績というのはおまとめローンを組む上で、最も注意しなくてはならない項目です。

 

延滞や滞納などを起こすと、返済履歴にマークが付きます。その後、数か月滞納の状態が続くと「異動情報」つまりブラックの状態になります。ブラックになっている状態では、まず審査に通る事はありません。

 

これまでの返済実績に自信のない人は、各信用情報機関で自身の情報確認する必要があります。

 

まとめ

一般カードローンと比べておまとめローンの審査は厳しく、どこへ申し込みをしても審査に受からないという人も居ます。そんな時は、焦らずにじっくりと自分の状況を再度確認し、何故通らないのかを確認する必要があります。

 

銀行カードローンや大手消費者金融の「おまとめローン」でまとまらない時は、中小消費者金融のおまとめローンを申し込む方法もあります。

 

申し込み先を大手だけにとらわれず、中小消費者金融まで範囲を広げて探せば、まとめる事も不可能ではありません。

 

関連ページ

おまとめローンで失敗しないコツ!やってはいけない3つの事
審査の甘いおまとめローンはあるのか?選ぶ際の注意点まとめ
おまとめローンの審査が受からない!審査に通らない人の対処法
おまとめローンは延滞中でも申し込み出来る?
おまとめローンの審査に落ちた!再挑戦で成功させる6つのポイント
おまとめローンの審査をより確実に通す方法!チェックするのはここ!
おまとめローンが組めない時はどうする?ローンが組めない時の対処法
おまとめローンを断られた!申込先を変えればチャンスはある?
おまとめローンでまとめた後の再度借り入れは可能?
おまとめローンと債務整理-多重債務の問題解決はどっちがおすすめ?
多重債務をおまとめローンで一本化!おまとめするためのポイントとは
おまとめローンで一本化!借入件数は何社までなら大丈夫?
おまとめローンの審査は厳しい?審査を通りやすくするためのコツ
返済を続けるのはもう無理!おまとめローンか債務整理どっちを選ぶ?
おまとめローンでまとめたい!審査が緩くて通りやすいところはある?
おまとめローン後に自己破産は可能?自己破産後はどうなる?
おまとめローン審査がどこも通らない!ポイントを抑えて審査を通す
ブラックでも借りられるおまとめローンは存在する??
借金はおまとめするべき?しないべき?本当にお得な方法とは?

カードローン おすすめ

×