エム・ユー信用保証の審査基準

銀行カードローンの多くは銀行独自の審査基準で審査を行っている訳ではありません。ローンが不良債権になった際に保証を行う保証会社が、銀行の下請けとしてカードローンの審査を行っています。保証会社の多くは消費者金融の審査部門が長年にわたり蓄積したノウハウを、銀行カードローンの審査にも活用しています。

 

一般的に消費者金融や銀行カードローンの審査基準は非公開です。それでも審査を行う保証会社の審査基準が分かれば、審査に通りやすいローンを見つけ出すことができます。

 

数ある保証会社の中で、エムユー信用保証が比較的甘いと考えられます。

エム・ユー信用保証ってどんな会社?

エムユー信用保証と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、この会社は三菱東京UFJ銀行とアコムが共同で設立した保証会社で、消費者金融のアコムが審査を行っています。

 

今はアコムと東京三菱UFJ銀行の子会社ですが、両者とも三菱UFJフィナンシャル・グループに属しています。このため、エムユー信用保証も三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下に属していることになります。

 

銀行カードローンを利用するためには審査を受けなければなりませんが、各銀行が独自に審査を行っている訳ではありません。貸金業法で総量規制が定められる以前は、個人向けの無担保無保証の小口融資業務は信販会社や消費者金融が行っていました。銀行は主に企業・政府機関などの大口融資や、住宅ローンなどの担保付の融資を行っていました。

 

銀行が無担保無保証人の個人向け小口融資に力を入れるようになったのは比較的最近になってからのことです。ところが銀行は個人向け融資を行うための審査に必要なノウハウを持っていません。このため消費者金融が長年にわたり蓄積してきた審査基準のノウハウを銀行カードローンの審査に生かすために、消費者金融と共に保証会社を設立させて審査を委託するようになりました。

 

エムユー信用保証は消費者金融であるアコムが長年培ってきたノウハウや統計的なデータを活用して、アコムの他にも三菱東京UFJ銀行やその他の銀行カードローンの審査業務を行っています。違う銀行のカードローンであっても、審査を行う保証会社が同じであれば基本的に同じような基準で審査が行われます

エム・ユー信用保証の審査基準

一般的に保証会社の審査基準やスコアリングシステムの内容は秘密で、一部の人以外は知ることができません。それでも他の保証会社と比較することで、その保証会社の基準が相対的に甘いかどうかを推測することは可能です。エムユー信用保証の審査基準を比較するために、アコムと他の系列の大手消費者金融を比較することができます。

 

大手消費者金融は新規に申し込み・審査を行った顧客の人数や、審査の合格率を毎年公表しています。

 

アコム(エムユー信用保証)・アイフル(独自基準で審査)・プロミス(SMBCコンシューマーファイナンスの審査)の3社の審査通過率を比較してみると、2016年3月の段階でアコムは47.9%、アイフルは47.2%、プロミスは43.5%でした。

 

ちなみに2015年以前のアイフルは41%~44%台でプロミスは39.6%〜43.5%でしたが、アコムは46.4%〜48.3%の高い数値をキープしています。大手消費者金融の中で唯一銀行系でないアイフルは審査が甘いことで知られていましたが、そのアイフル以上にアコムの方が審査が甘いことが分かります。

 

アコムの審査業務を行うエムユー信用保証は、大手消費者金融や銀行カードローンが審査を委託している他の保証会社よりも審査が甘いことが統計的なデータによっても裏付けられています。このためエムユー信用保証が審査を行う銀行カードローンも、他の保証会社が審査を行う銀行と比較すると相対的に審査に通過しやすいことが考えられます。

エム・ユー信用保証が保証している銀行カードローン

2015年の段階で21もの銀行カードローンでエムユー信用保証が保証・審査業務を行っていますが、これらの中でも一番の狙い目が三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」です。日本を代表するメガバンクの三菱東京UFJ銀行カードローンが甘いと言われても信じにくいかもしれませんが、それなりの理由があります。

 

一般的に保証会社は銀行カードローンの審査と保証業務の一部を委託しています。あくまでも融資を行う主体は銀行であり、保証会社は裏方的な存在です。銀行カードローンでも業務の委託を受けた保証会社が審査の作業を行いますが、これに加えて銀行独自の審査基準でフィルターにかけられてから最終的な審査結果が出されます。

 

ところが三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、総量規制により消費者金融からお金を借りられなくなってしまった人をターゲットにしたカードローンです。バンクイックは以前に消費者金融の顧客だった人に融資を行うため、消費者金融が積み上げてきたノウハウやビジネスモデルを適用したサービスです。このため審査基準も含めて消費者金融と同じように運用されています。

 

極端な言い方をすれば、バンクイックは審査・保証業務をエムユー信用保証へ丸投げしているようなものです。

 

このため、三菱東京UFJ銀行のバンクイックは銀行カードローンではありますが、消費者金融と非常に近い審査が行われているのです。

 

三菱東京UFJ銀行バンクイックは信用会社の中でも特に審査基準の甘いエムユー信用保証の審査結果がダイレクトに反映されているので、審査に通り易くて狙い目なのです。