24時間365日即日融資でキャッシングする鍵は無人契約機

MENU

即日融資でキャッシングする鍵は無人契約機にあった!

土日というと金融機関がお休みなことは多くの人が知っていることですが、それは窓口業務や振り込みなどのシステムを利用した場合です。実はお金を借りる場合のカードローンは、Webからの申し込みは24時間受付をしていますし、審査は日中行われています。土日に急いでお金が必要と思ったときにでも助けてくれるのがカードローンなのです。

 

審査は24時間対応ではないので、営業時間を知っておく必要がありますが、夜10時ごろまで営業しているところも多くあります。急いでカードローンの契約をするときにはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

 

土日祝日でも即日融資が出来る会社

まず即日融資ができる会社とそうでない会社があります。即日融資ができる会社の多くは、消費者金融など審査がスピーディーに行われ、無人契約機が設置されているところです。

 

例えばプロミスの場合、無人契約機はプロミスの店舗だけでなく、グループ銀行である三井住友銀行のものも利用することができます。

 

三井住友銀行はメガバンクですので、日本各地に支店があり、店舗を探すことで苦労することは少ないでしょう。アコムの場合はアコムの無人契約機以外にも、こちらもグループ銀行である三菱東京UFJ銀行のものを利用することができます。

 

無人契約機にも営業時間があり、24時間やっているというわけではありません。通常はATMコーナーに設置されていますが、ATMコーナーの営業時間よりもやや早くに終わってしまいます。急いでお金が必要な場合はなるべく早めに申し込みをするようにしましょう。

 

Webからであれば24時間受け付けてくれていますので、自宅のパソコンやスマートフォンから簡単に申し込みをすることができます。

 

また、銀行の振り込みは15時まででないと着金しないというのは少し間違っており、一部のネット系銀行や24時間振り込みに対応した銀行では、同一銀行内での振り込みであれば24時間着金するようになっています。

 

プロミスの場合は三井住友銀行とジャパンネット銀行、アコムでは楽天銀行が24時間着金する銀行です。ジャパンネット銀行は設立に三井住友銀行が関わっているため、プロミスとの相性も非常によくなっているのです。

 

もちろん他にも即日融資で24時間利用できるところはあります。カードさえ受け取ることができれば契約限度額内で自由に借りることができます。即日融資をしてもらうためのハードルは3つあります。

 

  1. 平日の15時までに契約ができて振り込み融資をしてもらえるか
  2. その日のうちにカードローンのカードを受け取ることができる方法があるかどうか
  3. 24時間着金する銀行があるかどうか

です。

 

24時間着金する銀行は契約する金融機関によってことなりますので、対応している口座を持っている必要があり、ややハードルが高い条件といえるでしょう。多くの人は1か2の方法で即日融資を受けることになるはずです。

 

 

プロミスとアコムがずば抜けて便利!

 

プロミスの契約方法で最も早くカードローンのカードを受け取る方法は、まずWebから申し込みを行います。営業時間内であれば最短30分程度で審査結果が出ます。

 

審査の時間は申込者の希望限度額や申し込み内容によって若干変化します。また申し込みが混み合うような、大型連休の前や年末年始でも審査に時間がかかることがあります。それでも数時間以内には結果が出ますので待ちましょう。

 

審査結果の連絡は勤務先の電話かメールで受け取ることができます。勤務先の電話にした場合は、その場で在籍確認も取れますので、その後の契約に係る手続きの時間短縮をすることができます。メールで結果を受け取った場合もその後の手続き方法を案内されることになります。

 

土日の審査で気を付けなくてはならないのが「在籍確認」です。これは会社に勤めているかどうかを確認する作業で、収入の裏付けにもなる大変重要な審査の1つです。

 

申込者がアルバイトやフリーターの場合は、金融機関の判断によって省略されることもあります。心配な場合はあらかじめコールセンターに連絡をしてどうなるか聞いておくのもよいでしょう。その場合は申し込みをしたあとに電話をするのが良いです。電話からでも申し込みをすることができますが、電話の内容をオペレーターが入力していくので、時間がかかります。

 

土日でも24時間着金する銀行口座を持っているのであれば、Web完結でも問題ありません。しかし口座がなければカードを発行してもらったほうが良いでしょう。カードの発行は無人契約機ですぐに行うことができます。スキャナーがついているので書類の送付も行うことができますが、プロミスではアプリやWebから写真としてデータを送ることが可能です。

 

こうした機能はアコムも同様に用意しており、どちらの会社も自宅にいながら簡単に24時間申し込みをすることができます。また、どちらの会社も30日間無利息キャンペーンを行っています。これは条件に当てはまった日から30日間利息が一切発生しない、新規契約者のみが利用できるキャンペーンです。

 

短期間の借入であれば負担をなくすことができますので、積極的に利用していくとよいでしょう。借入のタイミングによっては無利息期間内でも返済が発生することがあります。返済に遅れてしまって滞納となると、キャンペーンが強制終了してしまいますので、支払日には注意しておく必要があります。

 

土日祝日キャッシングの関連記事

土日にキャッシングができるカードローンは他にもあります。

 

例えばキャッシュカードがそのままカードローンとしても利用できるようになる銀行のローンです。そうした銀行にはみずほ銀行があります。

 

キャッシュカード一体型の場合はカードが増えることがないので管理もしやすく、他の人に見られてもカードローンを利用しているとはわからない点がメリットです。みずほ銀行カードローンはカードローンとしての限度額も最大1000万円となっており、スペックが高いのが特徴です。

 

カードローンは契約さえあれば、基本的にどこの金融機関のものでも24時間利用することができます。振り込みの場合は24時間利用できるところは少数となっていますので、カードで取引する必要があります。ATMを利用すると手数料がかかるものとそうでないものがあります。一般的に銀行系カードローンは手数料無料としているところが多くありますが、消費者金融では自社やグループ銀行のATM以外のものを使うと手数料が発生します。

 

ATM手数料は利息負担に次いで負担となる支出ですので、なるべく無料で利用できる手段を取りましょう。インターネットからの振り込み融資依頼は無料ですので、特に急いでいない場合は振り込み融資の依頼を出すのも手段です。

 

利息は利用した翌日から発生します。例えば朝借りて夕方返した場合は、利息は1円も発生しません。このように利用することはまれかもしれませんが、当日に、入金よりも先に支払いが必要な場合は、利用してみるのもよいかもしれません。

 

土日祝日は銀行の預金を引き出すのにも手数料がかかることがあります。銀行のATMは24時間営業ではないところも多く、コンビニATMを利用しなくてはならない場合です。実は預金を引き出す手数料よりも、短期間の借入であればカードローンの利息のほうが少なくて済みます。

 

平日になって無料で預金を引き出せるようになったときに返済すれば、手数料を抑えてお金を用意することができるのです。もちろんたくさん借りてしまえば利息も大きくなりますので、このような使い方をするのであれば必要最低限だけを借りるようにしましょう。また、0時を過ぎてから借りたほうが1日に分の利息を節約することができます。


カードローン おすすめ

×