カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキング

MENU

金利と実質年率とは?

 

金融商品を取り扱う際に利息に関係する様々な言葉を見ることになりますが、非常に似た言葉として金利と実質年率があげられます。これらは非常に似ている概念であるため混同してしまう人も多いのですが、仕組みとしては全く別のものであるという特徴がありますので注意が必要です。

 

これらに関する正しい知識を持っていることが金融商品を取り扱う際には必要最低限の知識となりますので、必要な知識をしっかりと身に付けておくようにしましょう。

 

金利と年利

金利とは利息のことを意味する言葉ですが、借金の金額に対してかかる利息の比率のことをいいます。何かしらの形でお金を借りた場合には、借りた金額だけを返済するのではなく手数料としての利息を添えて返済するのが一般的な常識です。その時に利息としてどのような金額が必要になるのかを示すのが金利と言う数字なのです。一般的には利息の1年分を割合で示したものが金利と呼ばれるケースが多く、単位としては%が用いられることになります。

 

これに対して年利と呼ばれる言葉もありますが、年齢で示される割合というのは金利と基本的には同じものを意味します。一定のお金を借りた場合、1年間でどれだけの利息を支払わなければならなくなるのかというのを計算する際に必要となる数値なのです。借りる側としてはこのような数値ができるだけ少ないものが条件の良い契約であると考えることができます。

 

これらに対して実質年率と言う言葉も存在しています。実質年率とは金利や年利と非常に似ているところがありますが、異なる側面も持っています。金利は実質年率とは異なり純粋に借りたお金に対する利息を示す言葉ですが、実質年率とは、金利以外にも必要となる様々な手数料を含んでいる数値のことを示します。

 

そのため実質年率とは一般的に金利よりも高い数値になる仕組みを持っています。非常にシンプルに理解するとすれば、実質年率とは金利+手数料であると表現することもできると考えられます。

 

「実質」の意味

実質年率とは金利に加えて様々な手数料を含んだものであると理解することができますが、そこで生じる様々なinterest-rate

 

手数料と言うものには、どのようなものが含まれているかを知っておくことが大切です。お金を借りる前提として様々な手続きが必要になる場合があるのですが、そのような手数料の全てが実質年率に含まれることになります。

 

例えばキャッシングでお金を借りる場合には一般的な融資に比べて実質年率が高いことが知られていますが、その理由としては契約の際に保証会社の保証を受けていると言うことが挙げられます。契約のために自ら保証人を探す必要がないのがメリットであるといえますが、これは保証会社に保証料を支払っているからこそ得られるメリットなのです。

 

ここで必要となる保証料というのは別途徴収されるものではなく利息の中に含まれる形で支払うことになります。したがってサービスを利用すれば利用するほど支払うことになる仕組みとなっているのです。一般的に行って保証料と言うのは年率で5%位が求められるケースが多いと言われており、カードローン等のキャッシングサービスの実質年率が高めに設定されているのはこのためです。

 

実質年率とは様々な必要経費がすべて含まれたものであると考えるのが一般的です。またはサービスを利用する際の事務手数料が別途徴収される契約が存在している場合には、そのような手数料も金利に含まれている可能性がありますので、しっかりと比較検討すると言う習慣が求められます。

 

例外もある

実質年率とは法律の規制によって表示することが義務付けられているものです。安い年利で顧客を集め契約後に様々な手すりを要求すると言う商法を規制する目的で作られている仕組みであると考えられます。法的には20%を超える実質年率とは違法であると言う取り決めが行われていますので、この数値を超えることのないようにサービスを設定しなければ違法な金融商品となってしまうのです。

 

しかしながらサービスを利用する上で必要不可欠な費用であったとしても、実質年率とは分けて請求することができる経費と言うものも存在しています。

 

例えば取引を行う際に入り要するATM手数料等は実質年率に含まれない代表的な存在です。しかしながらその金額には上限が設けられており1万円までの場合には税抜きで100円、それ以上の場合には税抜きで200円までが実質年率とは別の枠組みで請求することができる経費と取り決められているのです。そのため多くの金融商品がこのルールの下で設計されていると言えるのです。

 

同じような種類の手数料としては、金融サービスを利用するにあたって必要となる関係書類等の再発行手数料なども実質年率とは切り離して請求することができる手数料として知られています。

 

お金を借りると言う手続きの中にも様々な経費がかかっていることになりますので、ユーザサイドからはそれらがわかりやすく表現されるように実質年率と言う表示の仕方が義務付けられているのが現在の日本社会のルールなのです。


カードローン おすすめ

×