おまとめローンは延滞中でも申し込み出来る?

MENU

延滞中でもおまとめローンの申し込み出来るの?

おまとめローンの申し込みは、基本的に延滞中に申し込みをしても審査に通りません

 

しかし「過去に延滞をしたことがある」「債務整理などをした事がある」「現在多重債務者になっている」というような場合は審査要件があっても、審査に通る可能性はないとは言い切れませんが、「現在延滞中」となれば、審査に通る可能性は0(ゼロ)といっても間違いありません。

 

では、現在延滞中という人は、どのように対処すればよいのでしょうか?対処方法は限られてきますが、ここでその対処法を紹介しますので、参考にしてください。

 

 

≪目次≫

  1. 延滞者のおまとめローン審査は厳しい?
  2. 多重債務者は「おまとめローン」がおすすめ
  3. 延滞中でも借りられる?
  4. 審査方法の違いで借りられる事もある
  5. まとめ

 

 

延滞者のおまとめローン審査は厳しい?

カードローン全般で言えることですが、「借りたお金の返済は、決められた日までに必ず返済する」という事です。

 

延滞中というのはどんな理由があったとしても、金融事故として個人情報に記載され、審査を受ける時に落とされる要因となりますが、1日や2日程度の延滞であれば、「誰でも忘れることはある」という事で別に問題になるという事はありませんn。

 

消費者金融でも1日や2日、土日を挟んだ引き落とし忘れなどでは、延滞として事故情報としないという事を見てもわかります。また、長い返済期間で何度か延滞があっても、短期で返済ができていれば、事故情報として扱われません。

 

あくまでも短期間、数回、そしてその他の期間は確実に返済をしている方に限ります。ですから、個人情報に事故情報として延滞を起こした事が記載されていなければ、審査で問題になる事はありません。

 

多重債務者は「おまとめローン」がおすすめ

ところが多重債務者の場合、返済が延滞する事が多いようで、よくある勘違いで、自動振込にしておけばそういう事はありませんが、A社へ支払いをしたけれど、B社も支払いを済ませたと勘違いをしてしまう場合があります。

 

B社へも支払いを済ませたと思っていると、数日後には延滞していた事がわかった、ということもあります。特にローンカードを何枚も持っていると、返済額がわからなくなってしまうなどのトラブルでは、うっかり延滞も少なくありません。

 

このような場合にメリットがあるのが「おまとめローン」です。「おまとめローン」でまとめられれば、複数あった返済日が1日になるので、うっかり忘れていたという事もなくなりますし、一本化する事で金利が低くなり、総返済額が少なくなるというメリットがあります。

 

延滞中でも借りられる?

繰り返しになりますが、延滞中の方がおまとめローンの申し込みをしても、融資が受けられる可能性は低いと考えるのが一般的です。延滞中と言っても、返済期日に支払いが出来なくて3カ月以上経過している、これまで何度も延滞を繰り返してきたという場合は審査に通る可能性はほとんどないと言えます。

 

それは「現在延滞中の人は、次回また延滞する可能性がある」という判断からで、そもそも返済できない状況で新たな申込をする事自体に問題があると判断します。ただ、延滞したのは今回が初めてで、返済期日が過ぎて1か月程度と言う場合は、個人情報に記載されていないので、おまとめローンの申し込みをしても審査に通る可能性はないとはいえません。

 

ですから、延滞したことが個人情報に記載される前に「おまとめローン」でまとめてしまいうという事も可能です。

 

審査方法の違いで借りられる事もある

消費者金融には

があります。

 

おなじおまとめローンの申し込みをしても、審査に通りやすいのが中小消費者金融の「おまとめローン」で、その違いは審査方法にあります。大手消費者金融の審査方法はコンピューターを使い、スコアリングシステムで審査を行います。

 

スコアリングシステムとは簡単言うと、コンピューターを使い、申し込書の内容や個人情報の情報を点数化しその総合点で判断する方法で、過去に借入れをした人たちのデータから「融資が可能か、融資が可能ならいくらまで貸せるか」という判断を瞬時で結果が出るシステムです。

 

申し込み者がこれまでに蓄積されているデータの中で、優良顧客のデータに近ければ、融資の可能性は高くなり、融資限度額も希望道理の金額が期待できます。しかし、延滞や遅延を起こした事が有るような顧客のデータと近い場合は、融資そのものが厳しくなります。

 

このように大手の審査方法は、マニュアル通り進められるので、少しでもデータにそぐわなければ、即断られてしまいます。

 

中小消費者金融でも、自社の基準を基にして審査を行いますが、過去のデータだけにとらわれず、審査を行っているところもあります。審査方法は対面形式や電話で行う事が多く、申込者と直接相談しながら審査が行われるので、その時の収入状況など細かい事まで聞かれる事がありますが、過去の事にはとらわれず、現況から判断して融資が可能かどうかを判断しますので、延滞中であっても、正当な理由で有れば審査に通る可能性も出てきます。

 

まとめ

延滞中という事が信用情報機関の個人情報に記載されている場合、おまとめローンの申し込みをしても、通常では審査に通る事はないと考えておきましょう。

 

そのような状況で申し込みをしても審査に通る可能性は薄いので、まずは何らかの方法で返済を済ませる事が重要です。

 

同じ中小消費者金融へ申し込むにしても、延滞中と滞納を解除した場合では全く条件が違ってくるので、おまとめを申し込むにしても、まずは滞納しているお金の返済を済ませる必要があります。

関連ページ

おまとめローンで失敗しないコツ!やってはいけない3つの事
審査の甘いおまとめローンはあるのか?選ぶ際の注意点まとめ
おまとめローンの審査が受からない!審査に通らない人の対処法
おまとめローンの審査に落ちた!再挑戦で成功させる6つのポイント
おまとめローンの審査をより確実に通す方法!チェックするのはここ!
おまとめローンが組めない時はどうする?ローンが組めない時の対処法
おまとめローンを断られた!申込先を変えればチャンスはある?
おまとめローンでまとめた後の再度借り入れは可能?
おまとめローンと債務整理-多重債務の問題解決はどっちがおすすめ?
多重債務をおまとめローンで一本化!おまとめするためのポイントとは
おまとめローンで一本化!借入件数は何社までなら大丈夫?
おまとめローンでまとまらない時の対処法とは?次に何をするべきか?
おまとめローンの審査は厳しい?審査を通りやすくするためのコツ
返済を続けるのはもう無理!おまとめローンか債務整理どっちを選ぶ?
おまとめローンでまとめたい!審査が緩くて通りやすいところはある?
おまとめローン後に自己破産は可能?自己破産後はどうなる?
おまとめローン審査がどこも通らない!ポイントを抑えて審査を通す
ブラックでも借りられるおまとめローンは存在する??
借金はおまとめするべき?しないべき?本当にお得な方法とは?

カードローン おすすめ

×