おまとめローンで失敗しないコツ!やってはいけない3つの事

MENU

おまとめローンでやってはいけない3つのこととは?

カードローンを利用している人なら誰でも知っている「おまとめローン」があります。おまとめローンは、複数社の借入を一社にまとめるためのローンで、おまとめが出来れば多くのメリットが生まれますが、おまとめが出来ればそれで終わりではなく、まとめた後でも注意しなければならない事があります。

 

「おまとめローン」で失敗しない方法を紹介しますので、まとめた時の参考にしてください。

 

 

≪目次≫

  1. おまめローンのメリット
  2. おまとめしたあとの注意点
  3. おまとめが成功した時、別業者のローンを申し込む
  4. 新規のカードローンを申し込む
  5. 空いた枠をまた使う
  6. まとめ

 

 

おまめローンのメリット

おまとめローンを利用する際のメリットと言われているのが、以下です。

 

複数あった返済日が1日にまとめられる

おまとめローンを利用した人の感想で一番多かったのが、返済日が1日になった事で、返済日を気にする事がなくなったというのが多くの方の感想です。

 

金利が下がり総返済額を下げるというメリットがあります。

金利を下げるためには、複数社からの借り入れを一本化する事で借入金額が増え、そのため金利が下がる事があります。

 

複数社からの借り入れは、ほとんどの場合上限金利の18%で借りていると思いますが、それをまとめて100万円以上にすれば金利は最大15.0%まで下がるので、利息が下がる事によって総返済額が少なくなります。

 

新たな返済計画が立てられるので、無理のない返済が続けられる。

これまでは複数社への支払いのために、常にお金を管理していなければならなかったのですが、これらをまとめる事でお金の管理がしやすくなったというメリットもあります。

 

おまとめローンでまとめる事は多くのメリットが発生しますが、利用の仕方を間違えると、まとめる前より状態が悪くなる可能性もあります。そういったことにならないためにも、まとめた後が重要になってきます。

 

おまとめしたあとの注意点

 

おまとめをした後の注意点は、おまとめをした後に、これ以上借金を増やさないことが重要です。おまとめをするとキャッシング枠が空いたことになるので、誘惑に負けて借入をしてしまうという利用者も少なくありません。

 

本来おまとめローンは現在借りている複数からの借金を一つにまとめるという、最終手段になるので、おまとめをする時は「これ以上借金を増やさない」という決意が大事になります。

 

おまとめが成功した時、別業者のローンを申し込む

おまとめローンを契約した後で、

  • 「思っていた商品ではなかった」
  • 「思っていた以上に金利が高く、返済の負担が返って増えてしまった」
  • 「よく調べるともっと良い条件のまとめ先が有った」

など、おまとめに失敗したというような感想を思ってしまうこともあります。

 

「もっとよい条件のまとめ先があった」という場合、その業者に乗り換えようと申込をしてしまう人もいますが、それは絶対やってはいけない行為で、そのような形であらたな申込をしても審査に通る事はまずありません。

 

カードローンはおまとめローンに限らず、契約が終わっているのに短期間に次々と申し込みをする事はまずありえません。直ぐに新たな申込をする事は、業者側から見た場合「要注意人物」という印象を与えてしまいます。

 

このような場合、業者は「相当お金に困っているようだ、これ以上融資しても貸し倒れになってしまうかもしれない」と判断してしまい、「あえてリスクを背う事はない」という事で、結果審査落ちをしてしまい、借り換えることができなかったという状況になってしまいます。

 

この事は、信用情報機関の個人情報に記載され、他の金融商品(マイカーローンやマイホームローン、スマートフォンの分割払いなど)を利用するさい、審査で個人情報を照会した時リスクのある人間」と判断され、どの金融サービスでも審査落ちになります。さらに、ここでも信用情報機関に「審査落ちした」という情報が記録され、さらに状況が厳しくなるという結果になります。

 

新規のカードローンを申し込む

借金を一本化が成功すると、その人の与信次第で、新規でカードローン申し込みが可能になります。しかしこれはおまとめローンの落とし穴なので要注意です。おまとめローンはあくまでも借金をまとめるために行うためのものなので、原則それ以上の借り入れを増やさないという強い意志が必要になります。

 

カードローンを一本化したら「使っていない業者は全て解約、新規の申込は行わない」これは鉄則です。カードローン以外のクレジットカードも同じで、複数のクレジットカードを持っていたらおまとめが成功した時は不要なカードは解約しておくことも必要があります。

 

空いた枠をまた使う

おまとめローンで一番多い失敗が「空いた限度枠で再度お金を借りてしまう」という事です。おまとめローンで完済した業者の限度枠は「枠が空いた状況」になります。これは「空いた枠でお金を借りる」事になるので、一見何の問題はないように思えます。

 

しかし、このことはおまとめローンでまとめた時に絶対にやってはいけないことの1つで、折角おまとめでまとめたのに、新たな借り入れとなりさらに「借金」が増える事になります。

 

また、おまとめローンを利用した時は、基本的に新たな借入をすると契約違反となり、おまとめローンの契約をした業者から一括返済を求められる事もあります。空いた枠を利用しない為には、完済をした業者との契約を少しでも早い段階で解約をすることが大切になります。

 

カードローンは手軽にお金が借りられるので、慣れてくると、つい借り過ぎてしまうという危険性があります。ですから、利用する場合は、常に計画性をもってきっちりと返済を続けるという意志も必要になります。

 

おまとめローンを利用した後に、再度空いた枠を利用してしまうと、それ以上まとめる事は出来なくなり、単純に借金が増えただけという状況になってしまいます。結果、借金が増えたため、返済が続け得られなくなり、やがては債務整理も視野に入れなければならなくなります。

 

まとめ

繰り返しになりますが、せっかくまとめることが出来たとしても、このような失敗をしてしまう人が非常に多いのは残念な事です。

 

おまとめローンで完済した後は、直ぐに解約をし、これ以上借りる事が出来ないという状況に置く事が大切になります。

関連ページ

審査の甘いおまとめローンはあるのか?選ぶ際の注意点まとめ
おまとめローンの審査が受からない!審査に通らない人の対処法
おまとめローンは延滞中でも申し込み出来る?
おまとめローンの審査に落ちた!再挑戦で成功させる6つのポイント
おまとめローンの審査をより確実に通す方法!チェックするのはここ!
おまとめローンが組めない時はどうする?ローンが組めない時の対処法
おまとめローンを断られた!申込先を変えればチャンスはある?
おまとめローンでまとめた後の再度借り入れは可能?
おまとめローンと債務整理-多重債務の問題解決はどっちがおすすめ?
多重債務をおまとめローンで一本化!おまとめするためのポイントとは
おまとめローンで一本化!借入件数は何社までなら大丈夫?
おまとめローンでまとまらない時の対処法とは?次に何をするべきか?
おまとめローンの審査は厳しい?審査を通りやすくするためのコツ
返済を続けるのはもう無理!おまとめローンか債務整理どっちを選ぶ?
おまとめローンでまとめたい!審査が緩くて通りやすいところはある?
おまとめローン後に自己破産は可能?自己破産後はどうなる?
おまとめローン審査がどこも通らない!ポイントを抑えて審査を通す
ブラックでも借りられるおまとめローンは存在する??
借金はおまとめするべき?しないべき?本当にお得な方法とは?

カードローン おすすめ

×