1. カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキング
  2. おまとめローン
  3. おまとめローンの審査が受からない!審査に通らない人の対処法

おまとめローンの審査が受からない!審査に通らない人の対処法

 2018/04/01 おまとめローン
この記事は約 4 分で読めます。 8 Views

おまとめローンの審査に通らない人の対処法

おまとめローンは他のカードローンと違い、審査は厳しくなるので、審査の内容を理解し対策をしておかなければ「何度申し込みをしても審査に受からない」と言う結果になってしまいます。

おまとめローンの審査に受かるにはどうすればよいか、少しでも審査に通りやすくするための方法を紹介します。
 

なぜおまとめローンの審査は厳しいのか。

おまとめローンもカードローンと同じく申し込みの後に必ず審査がありますが、一般的におまとめローンの審査は、カードローンと比較して、厳しい審査になると言われています。

参照:おまとめローン審査に通らない理由は何?

おまとめローンを利用したいと思っている人のほとんどが、返済計画を立てずに借り入れをしたり、返済能力に問題がある人などが3社以上から借り入れをしている多重債務者になります。

おまとめローンが厳しいと言われている理由のひとつは、「あちこちから借り入れをしている人が申し込む」というのが大きな理由と考えられます。おまとめローンを利用するとおまとめ先の借入金額が多額になります。

たとえば4社で借入をしているとした場合、50万円1社、30万円2社、20万円1社とした場合、おまとめローンの契約先は130万円になってしまうので、当然審査は厳しくなります。
 

審査基準を満たしていることが重要

おまとめローンの審査を受ける時に、重要になのは「勤務先」「勤続年数」「年収」「借り入れ件数」「借り入れ総額」「信用情報機関の個人情報」です。審査項目は他にもありますが、この項目で問題がなければ審査に通る可能性は高いと言えます。
 

「勤務先」は安定した企業ほど有利で、公務員や大手企業など、属性の高い人ほど有利になり、自営業者やパート、アルバイトなどは低くなます。業形態としては個人事業主<パート、アルバイト<中小企業<大手企業<公務員となります。

 
「勤続年数」は「職業」よりも優先されます。同じ勤務先に1年以上勤めていればそれが原因で通らないという事はほとんどありませんが、転職したばかりの人や、入社したばかりの人が通りにくいので、1年以上経過してから申し込む方が、審査が通りやすくなります。

「信用情報機関の個人情報」では「借入件数」「借入総額」は少ないに越した事はありませんが「借入件数」は3件以内がベストと言われています。利用履歴については、白紙の状態がベストですが、延滞や債務整理を下という事が記載されていれば審査に通る事はありません。
 

おまとめローンの審査を通るためのポイント

上記のように、確認が必要な事は6項目ほどですが、さらに審査を通りやすくするためのポイントがあります。

多重申し込みはしない

カードローンの申込に限らず、おまとめローンに申し込んだという情報は信用情報機関の個人情報に記載され、その内容はすべて共有されているので、短期間のうちに多くの申し込みをしていると、「この人はよほど返済に困っているようで、他社でも借りられなかったのは何か原因がある」という疑問を持たれてしまい、多重申し込みをしなければ通るはずだった審査も落とされてしまます。

そのためは、申し込みは複数社へ同時申し込みをするのではなく、1社へ申込めばある程度の期間を開ける事がポイントです。
 

申し込書の記入ミス

カードローンの審査に通らない理由として、最も多いのが申込書の記入ミスや記入漏れが原因と言われています。

申し込み時申告した内容に誤りがあると、それが原因で落ちる事もありますし、記載しなければならないところが抜けていた李、うっかりミスで誤った情報を書いてしまったりして申し込みをしてしまうと、わざとではなくても「虚偽の申告をした」と捉えられて即審査落ちになる可能性があります。

特に、おまとめローンの時に注意すべきなのが、他社からの借り入れ状況で、複数社から借り入れがあり、どこからいくら借りているかわからなくなってしまっている人も居ますが、おまとめローンを申し込む時は、借り入れ先や借入残高を事前にチェックし、正直に報告する事が重要です。
 

「おまとめローン専用」が用意されている金融機関ならそこから申込をすればおまとめローンとわかってもらえますが、おまとめローンという商品がなく、一般のカードローンを利用する場合は「おまとめで利用したい」と伝える事が重要です。

普通のローンだと「こんなにたくさんの会社から借入しているけれど大丈夫?」と思われてしまいますが、おまとめで借りるのなら「まとめたいんだな」と相手に伝えると理解してもらえる事があります。どこかのタイミングで「おまとめに利用したい」と伝える必要があります。
 

  • 申し込み時に利用目的を選択できる場合「おまとめ」や「借り換え」に利用できる商品を選ぶ。
  • 申し込み時にあなたに入る確認の電話で「おまとめです」と伝える。
  • 申し込みをした後、サポートセンターなどへ連絡を入れて「おまとめに利用したい」と伝えるなどすれば、今のローンをまとめたいということを前提で審査をしてもらえます。

 

審査が通りやすいおまとめローンはある?

おまとめしたい時の、申し込み先は消費者金融の「おまとめローン」がおすすめです。

これまで、銀行カードローンがおまとめを推進していましたが、2018年度より銀行は自主規制により審査がますます厳しくなり「おまとめローン」として利用できるのは、東京スター銀行の「スターワンバンクローン」だけなので「おまとめローン」を選ぶ時は、消費者金融から選ぶ事になります。

消費者金融には大手消費者金融の「おまとめローン」としてプロミスの「おまとめローン」金利4.5%〜17.8%、融資限度額500万円、アコムの「借り換え専用ローン」金利7.7%〜18.0%、融資限度額300万円、アイフルの「かりかえMAX」金利12.0%〜17.5%、融資限度額300万円、同じく「おまとめMAX」金利12.0%〜15.0%、融資限度額300万円というような商品が利用できます。

また、消費者金融には中小消費者金融と呼ばれる業者もあり、「おまとめローン」専用商品を用意している中小消費者金融もあります。

中小消費者金融で「おまとめローン」を取り扱っているのは

中小消費者金融 登録番号 金利

融資限度額

中央リテール 東京都知事(2)31283号 10.95%〜13.0%

最大500万円

ユーファイナンス 東京都知事(4)第29876号 7.30%〜15.0%

最大700万円

ライフティ 東京都知事(4)第28992号 8.0%〜20.0%

最大500万円

アロー 愛知県知事(3)第04195号 15.9%〜19.9%

最大200万円

フクホー 大阪府知事(04)第12736号 7.3%〜18.0%

最大200万円

などがあります。

大手消費者金融で「おまとめローンが」借りられなかった場合は、これらの中小消費者金融へ申し込みをしてみるのもひとつの方法です。
 

まとめ

多重債務から抜け出すための商品が「おまとめローン」ですが「おまとめローン」は審査も厳しく、どこへ申し込みをしても審査に受からないという人も居ます。そんな時は、もう一度じっくりと自分の状況を確認し、何故通らないかを確認する必要があります。

借り入れ先が多い時は、「ぷちおまとめ」などをして借入残高が少ないところを完済し、契約解除をする事や、勤続年数が短ければ1年以上たってから申込をするなど、原因となっている要素を少なくする必要があります。

大手消費者金融がだめなら中小消費者金融へ申し込むのも選択肢のひとつですし、苦しいからといって「ヤミ金」に手を出す事は絶対に避けなければなりません。「ヤミ金」に手を出すとさらに状態が悪化しますし、弁護士は警察に介入してもらわなければ解決できないという事になります。

まずは、自分の状況をよく掌握し、大手がだめなら中小消費者金融、それでもダメな場合は、債務整理も視野に入れた方がよいかもしれません。

\ SNSでシェアしよう! /

カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

この人が書いた記事  記事一覧

  • スルガ銀行ってどんな保証会社なの?

  • スルガ銀行カードローンの特徴

  • スルガ銀行カードローンの「tポイント月リザーブドプラン」

  • 楽天おまとめローンを申込む前に

関連記事

  • おまとめローンでまとまらない時の対処法とは?次に何をするべきか?

  • 多重債務をおまとめローンで一本化!おまとめするためのポイントとは

  • おまとめローンの審査をより確実に通す方法!チェックするのはここ!

  • ローンの借り換え・おまとめをする前に押さえておきたいポイント!

  • おまとめローンで失敗しないコツ!やってはいけない3つの事

  • おまとめローン審査が通りやすいところはどこ?おすすめはココだ!