審査が通りやすい銀行カードローンはない

これからお金を借りようというとき、最初の目的はなんでしょうか。それはもちろん「審査に通ること」でしょう。そのためには審査が甘いカードローンを探しているかもしれません。

 

ここで断言できます。審査が甘い銀行カードローンはありません。

 

後々の返済を考えると金利の低い銀行カードローンは魅力です。また消費者金融のように安全な業者を探るよりも銀行であれば闇金という心配はありません。だからこそ銀行は魅力的な借入先になりますが審査はやはり甘くはないものです。

 

おまとめローンの審査は簡単ではない

5万円以下、10万円以下のキャッシングなら難しい審査ではないでしょう。
消費者金融でも10万円を限度額としたキャッシング商品を用意しています。しかしおまとめローンの審査となれば話は別です。

 

全く借り入れのないまっさらな状態で審査に臨むのではなく、現在進行形で県際している他社からの借り入れが複数ある状態であれば「返済が遅れたことがある」のは多くの方が経験していること。すなわち審査で問われる過去や現在の返済実績という大きな審査項目に影響します。

 

そしてもちろん、他社からの借入総額も借り入れ件数も審査の対象となり即日融資可能とされているカードローンでも時間がかかるのはやむを得ないことです。それだけ審査は慎重に行われています。

 

なぜ銀行カードローンの審査は厳しいのか?

消費者金融に比べて銀行カードローンの審査は厳しいイメージがあります。それはなぜでしょうか?審査の基準はそれぞれの銀行、消費者金融によって違いはあるものの大きな差が明確にあるものではありません。

 

例えば、A銀行の審査には落ちたけれどもB消費者金融の審査には通った、これは消費者金融のほうが審査が柔軟だったと考えるでしょう。しかし逆もあり得ます。B消費者金融の審査には落ちて、A銀行の審査には受かることも少ない事例ではありません。そう考えてみると銀行カードローンの審査が消費者金融に比べて格段に違いがあるわけではないでしょう。

 

実は銀行カードローンの審査が厳しいイメージが定着しているのは理由があります。保証会社の存在です。

 

銀行カードローンは申し込みの条件として、年齢、安定した収入のほかに保証会社による保証を受けられることというのは絶対条件です。仮に銀行がOKを出せる状態にあったとしても保証会社がNOといえば審査には通ることができません。

 

保証会社は、契約者が一定期間以上返済をしなかったつまり滞った場合に、契約者に代わって返済を行います。これが代位弁済です。銀行は保証委託料を保証会社に支払っており、万が一契約者の返済が滞ったとしても保証会社からの返済が行われるため痛手はありません。

 

むしろ大きな痛手を負うのは保証会社です。実際に融資しているわけではない返済を代行しなくてはなりません。だからこそ保証会社の審査は「銀行よりも厳しい」とされています。

 

銀行カードローンが委託している保証会社はその大半が貸金業者です。

 

例えばプロミスやアコムも保証会社としての一面を持っています。

 

銀行と保証会社、二重の審査が行われることが銀行カードローンの審査は厳しいとされている大きな理由であり、なおかつ保証会社の審査がより慎重になることも気になる要素です。

 

保証会社が2つあるオリックス銀行カードローン

通常、銀行カードローンには保証会社が1つ用意されています。銀行の審査と保証会社の審査をそれぞれ受ける、つまり2回の審査です。オリックス銀行カードローンでは保証会社が2つ。オリックス・クレジットかイブ式会社と新生フィナンシャル株式会社です。

 

どちらの保証会社からも保証が受けられなければならないわけではありません。申し込み条件には「オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方」とされています。

 

オリックス銀行カードローンでは保証会社が2つ、しかもどちらかの保証が受けられれば良いということはすなわちチャンスが2度あるということ。オリックス・クレジット株式会社の保証審査か、新生フィナンシャル株式会社の保証審査、どちらかに通ればよいということ。

 

柔軟な審査、審査に通りやすいカードローンはありません。しかしオリックス銀行カードローンならチャンスは2度あります。