カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキング

MENU

カードローンのお試し審査は信じれる?

カードローンで心配なのが審査の結果。審査に通らなくてはお金を借りることはできません。特に急いでいるときほど審査の結果が気になりますし、もし落ちてしまったら次の金策を考えなくてはなりません。

 

金融機関によってはホームページ上にカードローンお試し審査ができるところがありますが、あてになるのでしょうか?

 

急いで結果が知りたいときでも簡単な質問に答えるだけですぐに結果が出てきますが、実際の審査ではどのような項目が重要視されるのでしょうか。実はこの診断、他の金融機関でも同様ですが、ほとんどあてになりません。

 

お試し審査はあてにならない?

カードローンお試し審査で入力する項目は、生まれた年と月、性別、独身既婚、保険の種類と他社での借り入れ状況です。しかしこの項目だけでは支払い能力を測ることは難しいでしょう。

 

カードローンでは支払い能力がなくては契約することができませんので、この中で判断基準となるものと言えば、他社での借り入れ状況くらいです。しかし、そもそも年収がわかりませんので、他社での借り入れ状況がわかっても、総量規制にひっかかっているのかどうかすらわからないのです。

 

カードローンお試し審査の結果をうのみにして落ちてしまうこともあるように、このカードローンお試し審査の結果は、申込を後押しするために業者側が用意したコンテンツに過ぎないのです。利用できると表示されれば利用したくなるのが人間の心理ですが、反対に難しいと判断された場合でも、入力した内容からでは判断できないと表示され、確実に無理とは言い切らないのです。

 

実際に多額の借金と件数を入力してみるとわかりますが、どう考えても返済不可能な借金を入力したとしても、断られることはありません。

 

正直あまり役に立たない

このカードローンお試し審査は申し込み前にモチベーションをあげるためのコンテンツです。

 

試してみて融資可能と出ればうれしくなるように、簡単な入力だけしてもらってそのまま申し込みをしてもらう流れを作るためのものです。正直あまり役には立ちません。本当の申し込み後の審査では本人の信用情報や職場について、勤続年数や業種など、さまざまな項目から判断されることになります。

 

カードローンお試し審査のように簡単に融資可能かどうかを判断することはできません。またカードローンお試し審査で融資ができると出たとしても、実際の収入が少なかったり何か問題があれば、契約は難しくなります。

 

カードローンお試し審査は他の金融機関でも設置しているところは多くありますが、判断基準の多くが借り入れ件数や金額でのみ制限しており、生まれた年や既婚か独身かはほとんど影響がないような仕組みとなっています。簡単なWebプログラムで動いていますが、実際の審査では、最終的には人が融資しても良いかどうか判断を下すようになっています。

 

事前に審査に慣れてもらう為のようなもの

特に初めてのカードローンの申込の場合、契約できるのか心配になることもあるでしょう。このカードローンお試し審査では実際の審査とはほど遠いものの、結果がどのような感じで出てくるのかイメージすることができるコンテンツです。事前に慣れてもらうことによって、審査を待っているときの不安を少なくしたり、自信をつけることができます。

 

カードローンお試し審査では信用情報へのアクセスがありませんので、いくらチャレンジしても自分の信用情報に申し込みがあったという記録が残ることはありません。本当の申し込みをすると信用情報に記録が残ります。金融機関によって1ヶ月の申込件数を制限しているところも多いので、カードローンお試し審査だと思って本当の審査に申し込みをたくさんしないように注意しましょう。

 

申し込みがたくさん確認できると、どんなに信用力があったとしても確実に契約が不可となるようになっています。いろいろなところから借金をしようとしている人にお金を貸すのは危険だと感じるように、金融機関も借金をたくさんしようとしている人は返済できなくなると判断するためです。

 

ウォーミングアップを兼ねて

カードローンお試し審査をしないで申し込みをしても全く問題ありませんが、少しでも自信がなかったり、心配だった場合はチャレンジしてみるのも良いでしょう。反対融資が難しいと出た人でも金融機関の判断によっては融資ができることがあります。特に総量規制の対象外となっている銀行系カードローンでは、借金の金額からだけでは判断しません。

 

例えば銀行口座を保有していたり、過去に投資信託などの金融商品の取引がある場合など、個別に信用ができているケースがあります。初めて付き合いを始める銀行よりも、すでに何かしらの取引がある金融機関のほうが融資で優遇してくれることもあります。

 

カードローンを作る場合は審査に通ることももちろん大切ですが、金利や返済額などの条件もしっかりと確認し、契約後に信用を失うことがないように配慮しなくてはなりません。

 

銀行系カードローンでは最近では預金口座を持っていなくても契約できるところが増えてきましたが、利便性や金融機関の信頼を考えると、預金口座は持っていたほうが良いでしょう。場合によっては金利が低くなることもあります。


カードローン おすすめ

×