プロミスの審査を通過する為には事前の準備がとっても大事!審査基準と条件について

MENU

プロミスの審査を通過する為には?審査基準と条件について

消費者金融であるプロミスは、大手の金融機関であるので、安心して借入ができるというメリットがあります。またその日のうちに融資を短期間でしてもらえるというメリットもありますので、多くの人に愛されています。

 

また融資の審査に受かりやすいという特徴もプロミスはもっていいます。しかもプロミスの金利はほかの金融機関に比べて低いという特徴があります。更には、手数料が不要のATMが日本の多くの場所に設置されていて利用しやすいという特徴もプロミスはもっています。

 

もちろんこれはプロミスの融資の審査をパスした後の話になります。融資の許可がでなければプロミスの有する多くの特典を得ることが出来なくなってしまいます。更には一度プロミスの審査に落ちてしまうと再度審査を通すのが難しくなってしまうということもありますので、プロミスの審査を依頼する場合にはかなり慎重になっておくことがお勧めです。

 

最初の審査に落ちてしまうとその情報は信用情報として記録されてしまうので、しばらくの間は融資の審査が通りにくくなってしまいます。審査結果の情報を改訂するには、自分自身のステータスを変化させることが必要な場合もでてきます。したがって、金融機関の審査に応募する場合にはかなり入念な準備が必要になります。

 

2度目は無い位の気持ちで審査に臨むのが肝要です。

 

このサイトではどのように準備したら、プロミスの審査が通りやすくなるかにについての情報を紹介していきます。どのような点に注意しながら応募していくのがお勧めなのかを検討していきます。また、残念ながら、審査に落ちてしまった場合にはどのような対応を取ることが可能であるかについても、紹介していきます。

 

融資を受けることが出来るようになると、お金を有効に活用できる幅が広がりますので、十分な情報を持って確実に準備をして、応募をすることがお勧めです。急にお金が必要になることは誰にでも起こることです。そんな場合を想定して、プロミスの審査にいつでも応募できるようにしておくことは賢い方法になって来ます。

 

プロミスの特徴

良い条件の融資を行ってくれることで話題となっているプロミスですが、いったいどのような内容の融資プランをもっているのでしょうか?審査に応募する前にその内容が自分の望んでいる融資形態と会っているのかについては確認をしておくのがお勧めです。

 

プロミスの融資の実質的な年率は4.5から17.8%となっています。融資の限度額の最高値は500万円です。借入に際して収入証明が必要になりますが50万円以下の借り入れの場合には原則として収入証明書を用意する必要はありません。更には初回のご利用の場合には30日間無利息の特典を受けることが可能です。

 

しかも、時間帯によっては即日で借り入れをすることも可能になります。審査の時間は最短で30分ほどとなっています。プロミスから融資を受ける際に保証人を設定する必要はありません。しかも、20-69才で一定の収入を持っていれば借り入れをすることができます。

 

プロミスの最高金利は17.8%となっていますが、一般的に法律で認められている最高金利18%よりも低い設定になっています。ですから、その分返済に必要になってくる利息が少なくて済みますので便利です。プロミスの即日融資は審査時間が30分となっていますので、その場でお金を融通してもらえるようになります。

 

融資の申し込みをした場合に、三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を有している時には最短で10秒以内に口座にお金が振り込まれるようになります。ですから、プロミスは何かの理由で急にお金が必要になった場合でも迅速に対応をしてくれるということで多くの人に活用されています。

 

プロミスはいわゆる消費者金融の大手に分類されている機関ですので安心してお金を借り入れることが出来るようになっています。借入をまだ行ったことが無い人であってもCMなどでその名前を聞くことがあるように、大手をして業界でそれなりの地位を保っています。

 

消費者金融の中には依然として不正な貸し付けを行っている場合があります。もちろんそのような貸し付けは検挙の対象になりますが、できれば違法でない金融機関からの借り入れがお勧めです。プロミスのような大手の消費者金融であれば長年営業を行っていて更にはその間も検挙されるようなことがありませんので、安心・安全にお金の借り入れが可能となります。

 

不正の融資を行った金融機関がそれによって検挙され、営業を続けていくことが困難になりますが、いずれにせよそのような悪質な金融機関とはできるだけ接触を持たないようにするのが肝要です。

 

プロミスでは女性の方であっても安心してお金の借り入れが可能になるように、一般の相談窓口に加えて女性専用の電話相談窓口を設けています。また、いつでもお金の借り入れが可能になるように、24時間年中無休で融資の申し込みが可能なネットサイトも開設しています。

 

様々面で利用しやすい環境作りを行っているプロミスは初めて消費者金融からの借り入れを検討されている場合にお勧めの金融機関であると言えます。

 

プロミスの審査を受ける前にチェック!

プロミスに融資の申し込みを行うと最初に審査が行われます。この審査を通過しないとお金の融資を受けることが出来なくなってしまいます。審査の基準を満たすことが出来るのであれば、いつでもプロミスから融資を受けることが可能になります。プロミスの審査で重要視されている審査基準は属性と信用情報です。

 

属性は利用者の返済能力と考えるのが妥当です。収入の額やどこの会社で働いているか更にはその方の雇用形態はどのようになっているかなどが審査の対象になります。融資の申し込みをされた方に対してプロミスは客観的な指標によってスコアリングを行っていきます。スコアの結果が良ければ即座に審査をパスすることが出来るようになります。最短で30分で審査が終わることがほとんどです。

 

信用情報に問題がある場合には、審査に通ることが非常に難しい(不可能)と考えておいて間違いありません。過去において金融関係のトラブルを起こしてしまって、それが信用機関に記録された状態ですと信用情報に問題があると判断されてしまうことが多くなります。

 

同様の理由で、他の金融機関の審査に何らかの理由で通らなかったという情報が信用情報として残されている場合も、プロミスの審査に通りにくくなってしまいます。信用情報は永久に記録されるものではありませんので、ある程度の期間を経過すると消滅します。

 

しかしながら、できる限り金融関係のトラブルを起こさないようにするのがお勧めです。

 

以上2点の審査にパスすると、最後に在籍確認が行われます。プロミスの方から申請者の職場の方に在籍確認がとられることになります。消費者金融の方から自分の勤め先へのアクセスを嫌う場合には、プロミスの方に相談をしてみてもいいでしょう。場合によってはお手元にある保険証、給与明細、社員証(写真つき)の提示が在籍確認の代わりになる場合もあります

 

あらかじめ用意しておくと良いでしょう。書類に不備がある場合には審査に時間がかかってしまう要因になります。

 

プロミスの審査基準は厳しい!

プロミスに融資の申し込みをする際に気になるのが審査(プロミス審査)の成功率です、実は大手の金融機関はそれぞれのHPで成約率を掲載しています。これは融資の申し込みをした方の何%の方が融資を受けることが出来たかということを示していますので、審査の成功率と考えることもできます。

 

2017年に公開されたデータによりますとプロミスは42.5%、アコムが46.6%、アイフルは41.8%、レイクは35.5%となっていますので、プロミスは大手の中では2番目に審査の成功率が高い消費者金融であると考えられます。レイクはカードローンを主体とした金融機関ですので、総量規制の関係で審査の成功率型の金融機関に比べて低くなっています。

 

しかしながら、プロミスは数値データ上は比較的審査に通りやすい金融機関ですが、下記のような場合には規則上絶対に審査に通りませんので、注意が必要です。審査の申し込みをする前にその点についての確認を行っておくと良いでしょう。

 

  1. 20歳未満の方または70才以上の方
  2. 一定の収入が無い方
  3. いわゆる金融のブラックリストに載っている方
  4. 他の金融機関からの借り入れが非常の多い方
  5. 在籍確認を行うことが出来ない方
  6. 虚偽の申請によって融資の申し込みをしている方
  7. 過去5年以内に債務整理を行った履歴を持っている方
  8. 過去にプロミスと金融上のトラブルを起こしてしまったことがある

 

プロミスの審査の最後はやっぱりアレ

プロミスのような大手の金融機関が正式なルールのもとにお金の融資を行っていますので、ルールを守っていない場合にはどんなに安定した多くの収入があっても融資を受けることはできません。未成年の方は単独で融資を受けることは絶対にできません。

 

どうしても融資を受けたいという時には、親権者の同意が必要になります。69歳までの方は融資を受けることが出来ますが、70祭歳なった段階で新たな借り入れはできなくなります。70歳以降は返済のみの形態になります。

 

プロミスからの融資を受ける際に安定した収入が必要となっていますが、たとえばアルバイトによって毎月7万円の給与をもらっている場合でも借り入れを受けることが出来ます。必ずしも年収数百万が必要になる訳ではありません。しかしながら、現在の職場に勤務している期間はとても重要になります。少なくとも3か月以上の勤務実績が必要と考えたほうが良いでしょう。また、勤務期間が長いほど融資の審査に通りやすくなります。

 

一方で借り入れの総額が総量規制を超えている場合には、プロミスの審査に通ることはないと考えて良いでしょう。現在借り入れ金額がある場合には、自分がそれに該当するかどうかを検討してから融資の申し込みをすると良いでしょう。借りいれ金額の総額が総量規制の範囲内であっても、借入をあまりにも多くの金融機関から行っている場合にはやはり審査に通りにくくなります。

 

いわゆる金融関連のトラブルを起こしてしまって、ブラックリストに載っている場合には審査に通りません

 

このような事態を避けるために、借りたお金が計画的にそして期日までにいつも返済するようにすることが肝要です。金融機関への融資の申し込みを一度にたくさんの件数行ってしまうとやはり審査に通りにくくなりますので、必ず1社単位で融資の申し込みをすることがお勧めです。

 

審査時間がとても短いものですので、審査が終わってから他社の審査の申し込みをしたとしても、それほど時間的な制約を受けることはないといえます。

 

色々な条件をクリアしたとしても、最後に在籍確認をパスしないと融資を受けることができません。在籍確認は融資の申し込みをした方の在籍状況を勤務先に問い合わせる作業です。ですから、仕事場がお休みの時には在籍確認ができなくなってしまいますので、融資に通るかどうかの最終的な判断が出来なくなってしまいます。

 

ですから、在籍確認を行うことが出来るタイミングを考慮にいれて融資の申し込みをすることが肝要です。更には申請内容に虚偽があった場合にも審査に落とされてしまうことになります。最後のポイントは特に重要ですので注意が必要です。

 

プロミスの審査通過率

プロミスに融資の申し込みをした場合の通過率は40%以上になっていますが、あくまでもそれは正しいプロセスによって融資の申し込みをした場合の数値です。ですから、絶対に通らない条件のもとで融資の申し込みをしたとしてもその場合には通過率は0%になってしまいますので注意が必要です。

 

明らかに高すぎる年収を申告しているような場合には虚偽の申請の可能性を金融機関の方で検討することになります。場合によっては収入証明の提出を求められる場合もあります。悪質な形での虚偽の事実の申請の場合にはブラックリストに載ってしまう可能性も出て来ますので注意が必要です。

 

ルールに沿って収入に応じた適正な融資の申し込みをすれば、ほとんどの場合において融資を受けることが可能になります。しかしながら、返済が不可能と思われるような融資の申し込みの場合には却下されてしまいます。プロミスの融資の採択率の高さはあくまでも参考にしながら、正しい申請をいつもしていくように心がけるようにするのがお勧めです。

 

プロミスの審査に通らない人がおろそかにしがちな項目

プロミスなどの金融機関に融資の申し込みをする場合に、多くの方が自分の年収だけを気にしていることが多いのですが、たとえば申請者が過去5年に債務整理を行ったような経歴がある場合にはどんなに現在の年収が多かったとしても融資の申し込みが成功しなくなってしまいます。信用情報に債務整理のことが記載されてしまっているとこのようなことが起きてしまいます。

 

信用情報の記録は5年から10年で抹消されますので、その間は融資を受けることが出来ないと考えておくのが肝要です。またプロミスと依然借り入れに関して何らかのトラブルがある場合にはそれが原因で融資を受けられないことが起きてしまいます。プロミスの方もトラブルを回避したいという思惑がありますので、あえて危険を冒して融資をすることは避ける傾向にあります。

 

長い年月の間の信用は簡単に作り上げていくことが難しいものですので、どんな場合でも借りたお金は絶対に返すという気持ちを持っていることが肝要です。そのような気持ちで金融機関とお付き合いをしていれば、融資を断られることもなく、更には融資の額を増やすことを金融機関の方から提案してもらえるようにもなります。融資を受けることが出来るというのはその人の持っている信用のバロメーターになります。

 

巷では絶対に融資を受けることが出来ることを宣伝文句にしているような激甘審査ファイナンスや極甘審査ファイナンスも存在しているようですが、冷静に考えてみるならば、信用をそんなに簡単に優しく審査できるわけではありませんので、このような金融機関は危険な要素をはらんでいると考えたほうが無難です。

 

やはり審査はそれなりの厳密性を持ったプロミスのような大手の信用のある金融機関からの借り入れを検討する方が無難です。大きなトラブルに巻き込まれてしまう心配もありません。

 

プロミスの申込方法

プロミスへの融資の申し込みは専用のHPなどから行うことが可能です。しかしながら、一度プロミスの審査に落ちてしまうと、再度審査に通りにくくなってしまいますので、借入診断を行っておくことがお勧めです。自分の情報(年齢、年収、現在の借金の情報)を公式のHPに記入するだけで審査の大まかな結果を予測することが可能になります。

 

簡単に結果を知っておくことは、仮に一度でも審査に落ちてしまうと再度通りにくくなってしまうという要素を考えるのであれば、借り入れを診断をあらかじめ行っておくのはお勧めの方法といえます。特に難しいこともありませんし、時間とすると数秒で審査を完了させることが出来るようになります。

 

借入診断の際には自分の名前や住所をHP上に記入する必要はありませんので、個人を特定される心配はありませんので、何度でも(1日2回まで)安心して行うことが可能です。借入診断の結果が本審査の結果に影響することはありません。

 

インターネットでの申込

 

プロミスの公式HPの借入診断の結果、審査に通りそうであるということになったら次は融資の申し込みを本当にすることを行っていくことになります。融資の申し込みはプロミスの支店で行うこともできますし、支店まで行かなくとも電話や書類を郵送する形でも申し込みが可能です。

 

しかしながら、手続きの簡便さを考えるのであれば、プロミスの公式のインターネットサイトを活用するのがお勧めです。自宅で自分の好きな時間に行うことができますので、忙しい毎日を送っている方にもお勧めの手続き方法と言えます。

 

支店などから融資の申し込みをする場合とは異なりネットサイトからですと、24時間年中無休で手続きを行うことが可能です。申し込みはPCでなくても携帯電話を用いても行えるようになっています。また、他の申し込みの方法に比べて、電子的に情報がプロミスにネットを通じて届く関係で審査に必要な期間も短くなります。

 

急にお金が必要になった場合などはインターネットを介して融資の申し込みをすれば、場合によっては即日で融資を受けることが可能になります。

 

インターネットサイトからの融資の申し込みのメリットは自分に関する情報を相手に制限できることにあります。例えば、支店などで申請を行いう場合には申請者の服装などが審査の対象になったり、応対の様子も審査の対象になりますが、インターネットであればそのような情報をプロミスに与えることなく審査を完了させることが出来るようになるというメリットがあります。

 

自分にとって不利なデータはできる限り審査にとってマイナスにならないように制限したほうが得策であるといえます。

 

審査に関しては、一度落ちてしまうと面倒なことになってしますので、万全を期すようにした方がいいでしょう。口コミなどで色々な情報がネットサイトなどに掲載されていることもありますので、十分にそれも参考にしてもいいでしょう。また審査に通らないということは何らかの理由で通らないことですので、それを改善していくような工夫も必要です。また、無理な借り入れを考えている場合にも融資に落ちてしまうことになりますので、そのような場合には融資自体を見直す方が良いでしょう。

 

また、どうしても融資を受けたいという気持ちから激甘審査ファイナンスや極甘審査ファイナンスなどが言われている消費者金融からの融資を考えてしまうかもしれませんが、多くの場合においてそのような金融会社は不当な融資をして、違法な利息を請求するようなことも多いので、どんなことがあってもプロミスのような大手の信用のある金融機関からの融資を検討するようにしなくてはなりません。

 

実際にプロミスに申し込む際に

プロミスの公式のHPからインターネットを通じて融資の申し込みをする場合には、公式のHPの新規お申込みのサイトがご利用になれます。サイトには利便性を考えて申し込みフォームが用意されていますので、申請者はそこに必要な情報を記入していくことになります。

 

フォームには、申請者の名前、申請者の生年月日、申請者の性別、申請者の家族構成、申請者の連絡先、申請者のお住い、住宅ローンの有無について、申請者がお住いの重体に関する情報、申請者のお勤め先の情報、申請者の雇用の状況、申請者の学歴、申請者の現在の年収を記載する欄がありますので、間違いが無いように記載していくことになります。

 

また、本人を確認するための書類も必要になります(免許証、パスポートなど)。融資を希望される金額が50万円を超える場合には収入証明書の準備が必要になります(源泉徴収書、給与明細書など)。これらの添付情報とともに融資の申し込みをすると最短で30分で融資の可否についての情報を得られるようになります。

 

融資OKの場合には契約完了後すぐに融資を受けられるようになります。例えば、お住いのお近くにあるプロミスの専用ATMで融資を受けることができます。

 

融資の申し込みの際に、場合によっては必要となる給与証明書ですが、50万円以下の融資を希望する場合には必要ではありません。他社からの金額の総額が100万円と超える借り入れをする場合にも給与証明書が必要になります。また本人確認書類ですが、運転免許証やパスポートが一般的ですが、外国人の方の場合には在留カードや特別永住者証明書でも代用が可能です

 

収入に関する証明書ですが、サラリーマンではなくて個人事業主の場合には確定申告書が必要になる場合があります。源泉徴収書、確定申告書、給与明細などは直前2か月分のものを用意しておくことがお勧めです。書類が完全でないと審査に時間がかかってしまったり、それが原因で審査に落ちてしまうこともありますので、融資の申し込みをする前にすべての書類をそろえておくようにするといいでしょう。

 

融資の審査の最終段階で、プロミスでは在籍確認の作業が行われます。在籍確認の作業の際には、プロミスの方から、申請者の職場の方に勤務実績についての問い合わせが行われます。仮に職場の方にこのような問い合わせが行われてしまうのを望まない場合には、プロミスの方にあらかじめ相談をしておくと良いでしょう。

 

もちろん、申請者のプライバシー保護の観点から、在籍確認の作業の際にはプロミスであることを職場の方に告げずに行われています。

 

自動契約機から申し込む場合

プロミスは日本全国に非常に多くの自動契約機を街中に設置しています。更には、三井住友銀行ともプロミスは提携をしていますので、そのローン契約機もご利用になれます。2種類の契約機の総数は日本全国で1800以上あることになります。この数は他の消費者金融と比べて非常に多いので、プロミスからの融資はスムーズに行うことが出来るようになっています。

 

つまり日本中どこにいてもそれほど時間をかけずにプロミスから融資を受けることが可能になってきます。

 

実際に融資の審査がOKになった後は、プロミスと三井住友銀行のATMからキャッシングをすることが出来るようになります。一般的にATMの利用には手数料が必要になることがおおいのですが、これらのATMでは手数料が不要と言いうメリットがあります。プ

 

ロミスの公式サイトから融資の申し込みを行って、それが完了した段階で、自動契約機でのキャッシングに行けば、その場でカードも発行可能ですし、カードを使って融資(キャッシング)を受けることも出来るようになっています。

 

短時間で必要な金額を手にすることができますので、非常に便利といえます。急にお金が必要になった場合などはこの方式を使うと急場を乗り切れるようになるでしょう。

 

実際にキャッシングしてみよう!

実際にプロミスや、三井住友銀行のATMを利用してのキャッシングはとても簡単に行えるようになっています。また、提携したATMからもキャッシングをすることができます。お近くにプロミスや三井住友銀行のATMが無い場合には提携ATMがご利用になれます

 

 

提携ATMは以下のようになっています。

セブン銀行ATM、イオン銀行ATM、ローソンATM、E-netこれらのATMを使ってキャッシングする場合には手数料が必要になってきます(1万円以下のキャッシングでは108円、1万円以上のキャッシングでは216円の手数料が必要になります)。

 

プロミスや三井住友銀行のATMの魅力の一つはなんといっても手数料無料ということになりますので、できればプロミスや三井住友銀行のATMをキャッシングの際にご利用になるのがお勧めです。

 

また、ATMを用いない場合には、ネットサイトから自分の口座を使って振り込みキャッシングをすることも可能です。キャッシングの方法はいろいろなバリエーションがありますので、自分にとって一番都合の良い方法で行っていくのがお勧めです。

 

ATMからキャッシングする場合

プロミスのATMは非常に使いやすい仕様になっています。機械の操作にそれほど明るく無い人であっても簡単に操作することが出来るようになっています。

 

24時間365日いつでもご利用になれます。借入の祭の利息はご利用の日数によって決まってきます。

 

しかしながら初めてプロミスをご利用になる場合には30日間は無利息での融資になりますので、元金だけの返済になりますので、それがプロミスの大きな魅力の一つになっています。

 

借入を複数回行うことも限度額の範囲内であれば行えるようになっています。プロミスのATMがご利用になれます。また、何度かプロミスを使っていて、そろそろ限度額を増やしたいと思っている場合には、会員サービスの中にある度額変更のお手続きからお申し込みが可能です。

 

これまでの利用状況の履歴に応じて審査が行われ、問題ないと判断されれば、利用額を増加させることができます。利用額の増加はプロミスコールから行うことができます。

 

利用額の増額がOKになった瞬間から、限度額までの借入が何度でもできるようになります。融資金額の増加を希望する場合には、相談してみるのがお勧めです。自由にできるお金の額が増えれば、仕事や活動の幅が増えることになりますので、チャンスが大きく広がることになります。

 

焦っても仕方がありませんので、プロミスからの借り入れを行って、期日までにきちんと返済をすることを何回か行っていけば自然な形で限度額が増加することになります。最初から大きな限度額にすることは難しいと考えておくのがお勧めです。

 

Web完結でキャッシングを行う

ネットの普及が従来のキャッシングの方法を変えることに成功しています。ATMのある場所まで行かないとキャッシングできないという従来の概念が大きく変わりました。これまでとは異なり、カードが無くてもそしてATMまで行かなくても自宅や職場で自由な時間にキャッシングできるようになってきています。

 

プロミスではweb完結サービスの形でこのサービスの提供を介してしています。

 

すなわち、プロミスでは2015年より、これまでのシステムに加えて、カード不要でキャッシング可能になるweb完結サービスの提供をスタートさせています。カード不要で、PCやスマホなどからキャッシングすることが可能になっておりますのでとても便利です。いつでもどこからでもキャッシング可能になりましたので、ATMマシーンまで行く手間が省けることになります。

 

また、必要以上の郵便物が自宅に配送されることもなくなります。更には自分で指定した銀行口座を用いての返済も可能になりますので非常に便利であると言えます。ご利用になることが出来る金融機関は200以上となっていますので、自分にとって一番都合の良い銀行を選ぶことが可能です。

 

プロミスはお客様の利便性を考えて様々なシステムを導入していますが、借りたお金はきちんと返済しなくてはなりませんので、計画的にそして無理のない借り入れをいつも心がけていくようにしなくてはなりません。返せなくなってしまっては大きなトラブルが発生してしまいますし、自分の信用を大きくなくすことになってしまいますのでその点は注意が必要です。


カードローン おすすめ

×