1. カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキング
  2. お金の豆知識
  3. 損をしないために「債務整理」のメリット・デメリットを把握しよう!

損をしないために「債務整理」のメリット・デメリットを把握しよう!

 2018/04/01 お金の豆知識
この記事は約 5 分で読めます。 86 Views

損をしないために「債務整理」のメリット・デメリットについて

任意整理は自らが現在ある債務を整理する手続きのことで、裁判所を利用せずに貸金業者に交渉して債務を減額する債務整理方法です。通常、利用者本人が交渉を申し出ても、話を聞いてくれる貸金業者は少ないでしょう。一般的には司法書士や弁護士などの法律家に依頼するケースが多いです。

ここで損をしないための債務整理方法についてお話しします。この債務整理方法にはメリットとデメリットがあり、得となるか損となるかに分かれます。

本来であれば、貸金業者を利用する際にこのことを把握しておかなくてはいけませんが、お金を必要としている時、借りることばかりが先走って任意整理について何も知らない為に損をする人が大勢います。

任意整理のメリットとデメリットについて説明してゆきますのでしっかりと把握して損のないようにしましょう。
 

「債務整理」って一体何?

債務整理とは貸金業者による融資を利用して、このままの返済額で返すことが出来なくなった場合、債務整理を行うことで、今後、無理のない返済計画が立てられるという、借金に苦しむ人への救済策です。
 

債務整理には、

  • 任意整理
  • 民事再生
  • 自己破産
  • 過払い金請求

という方法があります。

 
借金の額や利息などの条件に応じてご自身に合った債務整理方法を選ぶ必要があります。多重債務者の場合債務総額を把握していないケースが多いため、これまでの債務をすべて書き出し、司法書士や弁護士などの法律家に相談すると、依頼者に合った最適な債務整理の方法を教えてもらえます。

各々の方法にメリットもありますが、それなりのデメリットもあるため、どの方法が一番メリットが多く、デメリットが少ないのかを考えてもらことが可能です。借金は人それぞれの理由があり、依頼者の生活と債務状況に応じた最適な方法を見つけてもらいながら検討しましょう。
 

「任意整理」とは?

何らかの理由で貸金業者からお金を借りて、それを繰り返すうちに多重債務化した場合、収入増加がなければ返済が難しくなります。既に返済額が収入を上回っている場合、多重債務はどんどんと膨らみます。任意整理を自分で取り組むも貸金業者は相手にしないでしょう。

司法書士や弁護士に依頼すれば、職務的権限を行使し、返済する債務額を確定します。

債務者の収入を鑑みて3年から5年で返済ができるのであれば任意整理を選択し、これを実行します。法律家は貸金業者に受任通知書を送り、これまでの取引履歴を取り寄せて利息制限法に基づいて計算をし直します。この作業で債務の3割程度が減額されることがあります。

また、貸金業者との取引が長期である場合、利息を払い過ぎているケースがあり、この場合は借金がゼロになり、さらに払い過ぎた利息の損害を取り戻してくれます。過払い金がある場合は、「過払い金返還請求」という方法を知らなければ損となります。
 

「特定調停」とは?

特定調停とは裁判所に申し立てをする任意整理方法です。現在の債務状況から今後支払いが出来なくなるという状況で、債務者の再生を図る方法です。債務者と貸金業者(債権者)との間に裁判所が入り仲介役となることで、返済条件の軽減を働きかけるものです。

特定調停を行うことで、債務者の経済的状況を改善し、二度と多重債務化しないように立ち直らせることが出来ます。

特定調停のメリットは、債務者および債権者の双方にあると言われ、万が一支払い不能となった場合に自己破産に至るケースがあり、破産開始となると債権者は債務者への請求が出来なくなります。

自己破産となれば債権者にとっても大きな損害です。大きな損害を回避するために特定調停を受け入れることも必要でしょう。改正貸金業法完全施行後はそれまで整備されていなかった、債務者を守る法律として施行されているため、このことを知っておかなければ損となります。
 

「個人再生」とは?

個人再生は民事再生法に従い、債務者の返済圧縮とその計画を立て支援する方法です。個人再生は任意整理のように現在の債務を減額してもらい長期で分割支払いにしてもらう方法です。自己破産と異なる点として個人再生の場合、借金大幅減額が行われ、ただし、減額された借金を3年で返済する必要があります。

個人再生であれば、住宅ローン特則を利用すれば処分されずに済むメリットや他の財産も処分されないというメリットがあり、これを知らずに自己破産すれば、大きな損失となるでしょう。

また、借金にはギャンブルや爆買いなどの浪費がありますが、この場合免責不許可理由にあたり、個人再生の場合はこれに該当しないため、個人再生と自己破産の違いについて知っておけば、損のない債務整理が可能となります。

自己破産をすれば、他の財産も処分されますので大きな損失となるでしょう。
 

「自己破産」とは?

自己破産とは、債務者が多額の借金をして破たんした状態で、裁判所が支払い不能と認めた場合、債務者の資産を差し押さえ、現金化し、債権者会議ののち残債処理に充て、残りの借金を帳消しにする方法で、債務者の最低限の生活と生活費を確保する救済措置です。

自己破産によって借金から解放されたとしても、良い事ばかりではありません。すべての資産が換価され、処分されればその後の生活が大きく変わります。貸金業者は残債の回収が不能となり、大きな損が生じるでしょう。

ただ、貸金業者はこのようなリスクに対して常日頃から高い利息水準で貸しているため、損失に対する補てんはできているはずです。

晴れて借金から解放されてもブラックリストに記載され、金融機関との取引が出来なくなるほか、信用も著しく損ないます。そもそも自己破産の原因はお金の管理がしっかりとできていないことにあるため、損得勘定で済ませられる問題でもないのかもしれません。

自身のお金の管理と使い道をしっかりと把握していないことがこのような結果を招くのです。

\ SNSでシェアしよう! /

カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

この人が書いた記事  記事一覧

  • レイクALSAの審査内容とは?在籍確認の有無やスペック徹底調査

  • スルガ銀行ってどんな保証会社なの?

  • スルガ銀行カードローンの特徴

  • スルガ銀行カードローンの「tポイント月リザーブドプラン」

関連記事

  • 国民健康保険料を滞納してしまったときに対処すべきこと

  • 資金調達プロとは?

  • お金に困った時に使える!公共機関からのセーフティーネット

  • これだけは知っておこう! 【保存版】奨学金制度を徹底解説

  • 住民税の滞納者は必見!差し押さえにならない為にはどうすればいい?

  • ヤミ金に手を出す前に!生活福祉資金貸付制度があります