簡単な審査で融資できる業者の真相

お金を借りる以上は、必ずそのお金は返済をしなければなりません。このため業者としては、その人が必ず返済をしてくれる人であるか審査をすることになりますが、中には簡単融資を行う業者も存在しています。

 

簡単融資は受ける側にとってはありがたい話ですが、そのような業者では、あとから利率を上げたり全額返済を求められたりするような不安があるかもしれません。

 

しかし、簡単融資にもいくつかの種類があり、理解することで賢くお金を借りることができます。

審査スピードが速い業者は警戒が必要?

 

審査スピードが速く簡単融資を行うにはいくつかの理由があります。

 

ひとつは、お金を借りたい人は速くお金が必要なためで、そのニーズに応えるためのものです。また審査に時間がかかれば、その間にお金を借りたいといった急ぎの理由がなくなり、契約をしないという人もいます。このため審査を行い融資までの時間を短くすることで、お金を貸す側にとっては契約の可能性が高くなるといえます。

 

このような考えで簡単融資を行うところとしては消費者金融や庶民向けカードローンを提供している銀行などです。この場合の簡単融資の仕組みでは審査をスコア化することによって、その数字を見て融資が可能であるかどうかを判断するというものです。反対に言えば、スコアをクリアしなければやはり簡単融資を受けることはできません。

 

スコア化は消費者金融から始まった信用審査のシステムですが、現代では銀行などのほか信用力を必要とするサービスで幅広く使われています。またネットワークによって情報の共有化が図られており、基本的にそれらに問題がなければ、融資しても返済してくれると判断されます。

 

一方で簡単融資の場合には限度額が低めに設定されており、限度額を上げてもらうためには、慎重審査を受ける必要があります。こちらは簡単融資で行われるような審査とは異なって担当者がじっくりと審査を行うもので時間が掛かります。

 

一方で簡単融資を行う業者でも中小金融業者では事情が異なってきます。

 

こちらは比較的信用力のない人にでも簡単融資を行う業者が多くあり、場合によっては審査らしい審査もしないでお金を貸し付けるケースもあります。もっともその際の限度額はかなり低めに設定されていますが、大手の消費者金融で借りることが出来ないような人をターゲットにしています。

 

またまっとうな業者もあれば怪しい業者もあるので注意が必要ですが、現代では法規制が厳しくなっており、不当な取立に対しては、警察も介入するケースが多くなっており、以前に比べてリスクは低い存在となっています。このためまっとうな業者であれば過剰な金利を請求されることはありませんし、きちんと定められた金額を返済していれば特に怖い思いをするということはありません。

法の規制が厳しくなってきている

簡単融資でお金を借りるといっても、やはり不当な請求をされるといった不安があるかもしれませんが、日本においては貸金業を規制する法律があるため、不当な行為を行っているような貸金業者は法的に訴えればほとんどのケースで負かすことができます。このため悪さをする貸金業者はほとんど存在していません。

 

貸金業における法規制としては貸金業法があり、ここには貸し付けに関する条件から闇金の対策まで明記されています。また金利に関しても法改正によって出資法と利息制限法の矛盾が解消されています。

 

例えば貸金業法では貸金業を行う場合には登録が必要とされ、不正な行為を行えば行政指導が行われますし、また場合によっては登録が剥奪されます。また適正な貸し付けを行うために現場には貸金業務取扱主任者の資格者を置くことが義務付けられています。

 

一方で過剰な貸し付けを防止するために総量規制があり原則、年収の3分の1以上の貸し付けは禁止されていますし、50万円以上の貸し付けでは所得証明書の提出が求められています。

 

ちなみに簡単審査で借りられる限度額の目安は50万円までで、これは総量規制が大きく影響しています。いずれにしても50万円を超える借り入れを行うためには所得証明書の提出が必要で、そのさいに慎重審査が行われます。

 

また金利に関しても10万円以下は年20%、10万円以上100万円未満では年18%、100万円以上は年15%という利息制限法が適用されます。

 

出資法では最大で年20%の金利を設定することが認められていますが、いずれにしても日本においては、年20%以上の金利が設定できないことになっています。このため簡単融資であっても法律を守っている業者であれば何ら不安になるところはありません。

 

一方で法律を守らない貸金業者に対しても規制が厳しくなっており、闇金業者は摘発の対象となっているため、以前と比べるとその姿はほとんど見ることができません。一部は個人の貸し借りといった形式で生き残っていますが、そのような業者は紹介制を取っていることもあって、普通の人が関わることはほとんどありません。また万が一闇金からお金を借りたとしても、適切な機関と相談することで簡単に解決することができます。