カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキング

MENU

クレジットカードのショッピングをおまとめローンに出来る消費者金融

クレジットカードでは一括返済の他にもリボ払いで毎月決まった金額を支払っていくことも可能です。しかしそのような残高をカードローンやキャッシングに切り替えたいと持ったことはないでしょうか?

 

もし切り替えることができればまたショッピングに利用することができるようになりますし、ポイントを貯めることもできます。

 

しかし残念なことにクレジットカードの残高をまとめることができるおまとめローンは存在していません。それはなぜなのでしょうか。

おまとめローンのおさらい

そもそもおまとめローンとは、他社の借り入れを1つにまとめ、完済を目指していくローンです。銀行のおまとめローンもありますが、消費者金融でも利用することができます。消費者金融からの借り入れは本来総量規制の対象となっていますが、おまとめローンに関しては利用者にとって一方的な有利な借り入れになるとされ、規制の対象外となっています。

 

銀行のローンは審査が厳しいので、消費者金融を利用するのも早期に完済を目指すための選択肢の1つです。

 

おまとめローンを利用するメリットは、複数ある返済を1本化することによって、毎月の支払い額がわかりやすくなり、払い忘れてしまうリスクも小さくなります。支払った金額の中から手数料と元金充当金もすぐにわかるようになりますので、毎回どれだけ元金が減ったのかを確認することができるでしょう。

 

おまとめローンという商品名でローンは提供していなくても、借り換えには積極的に相談に乗ってくれる消費者金融もあります。ただし他社の借り入れをまとめれば、それだけ1社にリスクが集中することになります。少しでも破たんする恐れのある人は契約することが難しいローンでもあります。

 

もしおまとめローンの契約をしたまま破たんされてしまった場合、一気に大きな不良債権を抱えてしまうことになるのです。おまとめローンを利用する場合は審査に通るよう、少しでも信頼できる信用情報を作っていき、この人の債務だったらまとめても大丈夫だと思われるようにしましょう。

実は…

実はおまとめローンは完璧ではありません。

 

借り換えることができるのは、他の銀行や消費者金融のカードローン、クレジットカードのキャッシングで、クレジットカードのショッピング残高はおまとめローンを利用することができません。クレジットカードのショッピング枠は割賦販売法の規制下にあり、お金を借りることができる「貸金業法」とは関係のない利用残高だからです。

 

借り換えやおまとめローンとして契約をした場合、金融機関は申込者の信用情報をお確認をし、どのような債務があるのかチェックします。このとき設定される限度額はショッピング枠を抜かした残高となります。

 

金融機関は定期的に信用情報を確認し、しっかりおまとめローンを利用したのか監視しています。もし当初と違う目的で利用されていたことが分かった場合、せっかく契約したローンが無効となり、返済を迫られてしまう可能性もあります。ショッピング枠の返済には利用できないことをしっかりと覚えておきましょう。

 

ただし消費者金融のローンの多くは金利が高いため、ショッピング枠のリボ払いよりも金利が高く設定されていることもあります。よほど大きな利用残高でない限り、消費者金融でまとめるメリットはあまりありません。また、クレジットカードの返済方法が一括払いや2分割だった場合は、利息手数料は発生しません。

 

ローンにしてしまうと1日単位でその日から利息が発生しますので、切り替えないほうが良いケースもあります。

対応策がないわけではない

リボ払いになっているクレジットカードは、「おまとめローン」は難しかったとしても、新規に契約した金利の低いローンに切り替えることで、支払いコストを抑えることができる場合があります。特に銀行系のカードローンはクレジットカードのリボ払いよりも金利が低くなっているところが多く、いったんお金を借りて返済しておくことで毎月かかってくるコストを抑えられます

 

また、クレジットカードよりもカードローンのほうが支払いに関して融通が利きますので、自分の好きなタイミングでコツコツと残高を減らしていくことが可能です。

 

クレジットカードの中には随時返済を利用するときに毎回コールセンターに電話をしなくてはならないものもあり、ATM返済を受け付けていないクレジットカードでは指定された口座へ振り込みが必要です。当然振り込みには手数料がかかってしまいますので、利息負担に加えて手数料のことを考えると、ローンに切り替えておくメリットはあるでしょう。

 

カードローンはそもそも使用使途自由となっていますが、おまとめローンは大きく分ければ「目的別ローン」です。
こうした目的があるローンは定められた利用方法以外には利用できませんので、クレジットカードのショッピング枠の残高を支払う場合は、使用使途自由のローンを選ぶようにしましょう。個人事業主であれば事業性資金にも利用でき、使用使途自由となっているビジネスローンを消費者金融と結ぶのも手段の一つです。


カードローン おすすめ

×