収入証明書なしでキャッシングできる消費者金融

銀行カードローンでは、200万円、300万円までは原則として収入証明書不要というところも多いのですが、消費者金融の場合には、そのような話を聞くことはありません。

 

収入証明書なしキャッシングができる消費者金融業者は大手のみならず中小や中堅の業者でもないのでしょうか。貸金業者に適用される総量規制とはどのような関係にあるのでしょうか。銀行カードローンの場合には、何故に収入証明書なしキャッシングが可能なのでしょうか。

そんな業者はまずありません

 

結論から言ってしまうと、収入証明書なしキャッシングができるようなそんな業者はありません

 

あるとすれば、審査もなし、ブラックでもOKという闇金融業者ということになるでしょう。もちろん、闇金は決して利用してはいけませんので、消費者金融業者には、大手から中小まで収入証明書なしキャッシングが可能なところは無いと言えます。

 

消費者金融の場合には、総量規制がありますので、50万円を超えるケース、または、他社との合計で借入残が100万円を超えるケースでは収入証明書の提出が義務付けられています。これに違反した場合には、営業停止などの厳しい行政処分の対象となります。

 

ただし、銀行カードローンを利用すれば、収入証明書なしキャッシングも可能となります。

 

最近では、テレビCMでも、収入証明書なしキャッシングを盛んに宣伝していますが、50万円、100万円というのは当たり前というところで、200万円、300万円まで不要というところも多くなり、中には、500万円まで不要という銀行も出てきました。もちろん、原則ということなので、ケースバイケースとなりますし、収入証明書の提出を求められることもありますので注意が必要です。

 

通常、高額借入を希望する場合には、収入証明書なしキャッシングは難しくなりますが、ほとんどの利用者は、初回は50万円未満の利用となりますので、収入証明書なしキャッシングの恩恵を受けているのが実情となります。

おすすめをピックアップ

収入証明書なしキャッシングが可能な銀行カードローンにもいろんな商品があります。以前は、銀行の商品といえば、護送船団方式の影響で横並び方式からすべて同じ内容という状況でしたが、最近では、それぞれ特徴があり差別化も図られています。

 

特におすすめの銀行カードローンは、低金利で、かつ、利便性も高いというメガバンク系のカードローンや一部のネットバンクカードローンとなります。その中でもおすすめのカードローンはバンクイックとなります。

 

テレビCMでもお馴染みのバンクイックは、三菱東京UFJ銀行のカードローンで、低金利且つ利便性の高い商品となります。

 

銀行カードローンとしてはめずらしくテレビ窓口という自動契約機を銀行本支店に設置してあり、これを利用することで即日融資にも対応しています。また、審査時間は最短30分、申し込みから契約までも1時間前後で完了できます。このように高い利便性は、保証会社をグループ企業の大手消費者金融のアコムが担当することで可能となっています。

 

さらに、自行ATMのみならず提携先のコンビニATMも手数料無料で利用可能です。借入も1000円という少額から利用可能で、毎月の返済額も業界最低クラスの少ない額でよく、無理なく返済することが可能で余った資金あればいつでも繰り上げ返済ができます。

 

また、利用額は30万円までとなりますが、収入のない専業主婦の利用も可能となっています。収入証明書なしキャッシングは200万円まで可能となります。

消費者金融と銀行の違い

このように、消費者金融と銀行には同じ融資サービスであるのに大きな違いがありますが、何故このような違いがあるのでしょうか。

 

まず、貸金業者である消費者金融の場合には、総量規制の適用を受けますが、貸金業者ではない銀行の場合には、総量規制の適用を受けることが無いという違いがあります。総量規制とは、以前のサラ金全盛時代に、厳しい取り立てが社会問題化したことによる規制であり、対象となったのは、厳しい取り立てを行っていた消費者金融などの貸金業者となります。

 

つまり、総量規制の適用を受けない銀行カードローンは、独自の審査基準で融資可否の判断をしますので、収入証明書なしキャッシングについても、その銀行独自の審査基準で金額が決められているのです。従って、50万円や100万円のところもあれば、500万円までは不要としているところもあるのです。

 

このように、ただでさえ低金利という強みを持つ銀行カードローンにとって、収入証明書なしキャッシングが可能ということは大きなメリットであり、消費者金融などの貸金業者との差別化となっています。特に、会社員の場合など、収入証明書を取得することが面倒なケースもありますので、無しで済まされるものならそれに越したことはないのです。

 

このように、銀行カードローンと消費者金融キャッシングには、とても、同じ土俵で戦っているという感じではありませんが、条件的に不利である消費者金融は、無利息サービスや在籍確認を無しにするなどの利便性のあるサービスで顧客獲得を図っています。