1. カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキング
  2. カードローンお役立ち情報
  3. 収入証明書なしでキャッシングできる消費者金融はどこ?

収入証明書なしでキャッシングできる消費者金融はどこ?

 2018/04/01 カードローンお役立ち情報
この記事は約 6 分で読めます。 3,048 Views

収入証明書なしでキャッシングできる消費者金融

カードローンのコマーシャルの中で「収入証明書類が不要で借り入れ可能」というワードを使っているところがありますが、すべての条件で収入証明書類不要で申し込みが出来るのではなく、「収入証明書類が不要で借りられる場合がある」と解釈する必要があります。

収入証明書類とはどんな書類か、収入証明不要が必要になる時はどんな時なのかを紹介しますので参考にして下さい。

カードローンの申し込みに必要な書類

カードローンの申し込みで必ず必要になるのが、本人確認書類で、場合によっては収入証明書類が必要になります。本人確認書類は以前なら運転免許証や健康保険証、パスポート、住民票などいずれか1点という事でしたが、最近の本人確認書類は写真が付いている事が求められるようになったので、健康保険証や住民票のような写真が付いてない書類は単独で利用できなくなっています。

運転免許証や、運転経歴証明書、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付)などは単独で利用可能ですが、健康保険証を利用する時は、健康保険証+住民票、健康保険証+公共料金の領収証など補完書類を併せて提出する必要があります。

 

収入証明書類が不要な場合と必要になる場合とはどんな時?

収入証明書類は必ず用意しなければならない書類ではなく、先ほど述べたように、場合によって必要になる書類です。消費者金融は総量規制の対象になるので「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限を受け、借り入れ希望額が高額になる時は、それに見合った収入があるかどうかを確認する事が義務付けられています。

貸金業法で定められているのは、借り入れ希望額が50万円を超える場合や、他社借り入れがありその借入残高と借り入れ希望額の合計が100万円を超える場合は、収入証明書類の亭主をして、支払が出来るだけの収入があるかの確認をしなければならない、と定められています。


ですから、借り入れ希望額が50万円以下の場合や、他社借り入れがあってもその借入残高と借り入れ希望額の合計が50万円以下なら、原則収入証明書類の提出は不要です。

ただ、それ以外に勤続年数が短いとか、申し込み情報が信用できない、信用情報機関の個人情報に自己履歴などが記載されている時は、収入証明書類の提出を求められる事があります。

では、なぜ収入証明書類が不要な場合と必要な場合があるのでしょう。

借り入れ希望額が50万円を超えない金額、すなわち少額融資の場合は収入を証明しなくてもよいだろうという事で「仕事をしていれば50万円以下の融資程度なら、返済はどうにでも出来るだろう」とか「すぐにお金が必要な時に書類が揃えられない」「年収をごまかして申し込みをしたとしても与える損害は少ない」などの理由から所得証明書類が不要で貸付をしているようです。

 

収入証明書類はどんな書類?

簡単に言うと、年収を証明する書類の事ですが、申込先によって提出する書類が違うので、収入証明書類の提出が必要な場合は、事前に調べておく必要があります。

 

消費者金融 収入証明書類
プロミス ・源泉徴収票
・確定申告書
・税額通知著
・所得(課税)証明書
・給与明細書
アコム ・源泉徴収票
・給与明細書
・市民税
・県民税額決定通知書
・所得証明書
・確定申告書
・青色申告書
・収支内訳書
アイフル ・源泉徴収票
・給与明細書
・住民税決定通知書
・納税通知書
・確定申告書
・青色申告決算書
・収支内訳書
・所得証明書
・年金証書
・年金通知書
SMBCモビット ・源泉徴収票
・税額通知書
・所得証明書
・確定申告書

の最新の書類いずれか1点が必要になります。

 

消費者金融と銀行カードローンの区別はなくなった。

以前の銀行カードローンの場合、収入証明が必要になるのは銀行によって違いがあり、100万円から多いところでは500万円まで収入証明書類の提出は不要でした。しかし、それが原因で、銀行カードローンの過剰融資が原因で自己破産をする利用者が増えたため、2017年の初頭から銀行は自主規制をするようになりました。

銀行カードローンは銀行法が適用されるので、貸金業法の影響を受ける事はありませんが、2017年後半から、メガバンクから信用金庫まで、消費者金融と同条件で所得証明書類が必要となっているので、銀行カードローンは所得証明不要というメリットがなくなりました。

 

急ぐ時は収入証明不要で申し込む

2018年度から銀行カードローンの即日融資は審査内容の変更で即日融資が出来なくなっていますが、大手消費者金融で即日融資が可能なので、「今日明日中にお金が必要」という場合も心配することはありません。

ただし、即日融資で借りたい時は、収入証明書類が不要の50万円以下の借り入れ希望額で申し込みする事をおすすめします。50万円以下なら普段携行している運転免許証だけあれば申し込みが可能ですが、50万円を超える場合は所得証明書類が必要になります。

所得証明書類が常に手元にあれば問題ありませんが、ない場合は再発行をしてもらわなければ間に合わないので、とりあえずは本人確認書類だけで申し込む必要があります。

 

おすすめの収入証明書類不要のカードローン

基本的に収入証明書類が不要のカードローンはありませんが、借り入れ希望額が50万円以下なら収入証明不要のカードローンがあります。

プロミス

プロミス

「プロミス」は通常のカードローン「フリーキャッシング」以外に「オマトメローン」や「自営者カードローン」「目的ローン」女性専用の「レディースキャッシング」が用意されているので、自分の環境に適した商品が選べます。プロミスのおすすめポイントは、なんといっても金利が低い事です。

お金を借りる時、一番気になるのがやはり金利で、アコムやアイフル、SMBCモビットが18.0%ですが、プロミスは17.8%と大手消費者金融の中でも一番低い金利設定となっています。「プロミス」には30日間無利息期間サービスがありますが、初回契約時だけでなく、ポイントを貯める事で何度でも利用できるので、使えば使うほどお得なサービスが受けられます。

「プロミス」は新しいサービスとして、スマホがあれば申し込みから融資までが可能な「アプリローン」が利用できるようになりました。「アプリローン」はスマホがあれば24時間365日カードがなくてもセブン銀行のスマホATMからお金の借り入れや返済がいつでもできるので、さらに利便性が向上しています。

金利(年利) 4.5%~17.8%
融資限度額 最大500万円まで
申し込み条件 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
※主婦、学生の方でも、パート、アルバイト、学生や主婦でも、安定した収入があれば申し込みが可能です。
収入証明書類が必要になる条件 原則借り入れ希望額が50万円を超える場合や、他社借り入残高と借り入れ希望額の合計が100万円を超える時

アコム

初めての方なら金利0円」のコマーシャルでよく知られているのが「アコム」です。アコム」で35日ごとの返済日で契約された初めての方なら30日間無利息サービスが受けられます。

さらに、アコムはクレジットカードの申し込みが可能で、クレジットカードだけの申し込みも可能ですが、カードローンの申し込みをした時に「クレジット機能をつけてほしい」と希望すれば、ローンカードにクレジット機能がついたカードを発行してもらえます。

アコムACマスターカードは国内外で利用できるクレジットカードで、「むじんくん」から即日でクレジットカードが受け取れるので、申し込みをしたその日からクレジットカードが使えます。
もちろんカードローンの審査も最短30分、クレジットカードとカードローンを併せたカードを作る事が可能です。

金利(年利) 3.0%~18.0%
融資限度額 最大800万円まで
申し込み条件 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方。
※主婦、学生の方でも、パート、アルバイト、学生や主婦でも、安定した収入があれば申し込みが可能です。
収入証明書類が必要になる条件 原則借り入れ希望額が50万円を超える場合や、他社借り入残高と借り入れ希望額の合計が100万円を超える時

アイフル

アイフルには一般のカードローンはキャッシングローンになりますが、そのほかにも「借り換えMAX」や「おまとめMAX」「事業者サポートプラン」「目的別ローン」一定の年収がある方が利用できる「ファーストプレミアムローン」女性専用の「SuLaLi」など、様々な商品が用意されているので、自分の環境に最適な商品が選べます。

「アイフル」のサービスは30日間無利息期間サービスや、契約BOX内にある電話を使って申し込みをすれば、担当者の質問に受け答えするだけでカードの発行までが完了する「てまいらず」が利用できます。「てまいらず」なら担当者と相談しながら申し込みを進められるので、機械に不慣れな方でも心配する必要はありません。

また、ローンカードが郵送されてきても「配達時間えらべーる」なら配達時間を指定できますし、本人でなければ受け取りが出来ないので、郵便物で家族にばれたというような心配がありません。このようにアイフルは、利用者の立場に立った多くのサービスが用意されています。

金利(年利) 3.0%~18.0%
融資限度額 最大800万円まで
申し込み条件 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
※主婦、学生の方でも、パート、アルバイト、学生や主婦でも、安定した収入があれば申し込みが可能です。
収入証明書類が必要になる条件 原則借り入れ希望額が50万円を超える場合や、他社借り入残高と借り入れ希望額の合計が100万円を超える時

SMBCモビット

モビット

SMBCモビットは、2018年のオリコン顧客満足度ランキングのノンバンクカードローン1位に輝きました。SMBCモビットは、いち早く会社への電話連絡なしで審査が終わるという「WEB完結申込」を取り入れた消費者金融です。

本審査は最短30(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)で完了するというスピード審査が可能ですし、さらに急いでいる時はコールセンターへ急いでいると伝えるだけですぐに審査を開始してもらえます。

SMBCモビットが取り入れた新サービスとして、クレジット機能を追加した「SMBCモビットnext」が利用できるようになりました。「SMBCモビットnext」はMastercardの看板がある国内外の加盟店で利用できますし、利用にあたって、Tポイントが溜まる大変お得なカードとなっています。

さらに、新しいサービスとして「スマホATM取引」が始まり、アプリ使ってセブン銀行ATMから24時間いつでも取引が出来るようになりました。

金利(年利) 3.0%~18.0%
融資限度額 最大800万円まで
申し込み条件 ・年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方
※パート、アルバイト、派遣社員、自営業の方でも当社基準を満たす方なら申し込みが可能です。
収入証明書類が必要になる条件 原則借り入れ希望額が50万円を超える場合や、他社借り入残高と借り入れ希望額の合計が100万円を超える時

 

\ SNSでシェアしよう! /

カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

この人が書いた記事  記事一覧

  • レイクALSAの審査内容とは?在籍確認の有無やスペック徹底調査

  • スルガ銀行ってどんな保証会社なの?

  • スルガ銀行カードローンの特徴

  • スルガ銀行カードローンの「tポイント月リザーブドプラン」

関連記事

  • カードローン比較ランキングの使い方

  • 印鑑証明だけでローンやカードローンは借りられるのか?

  • 収入が少ない主婦向けのカードローン

  • 住民票でキャッシングできる消費者金融

  • 初めてカードローンを借りる前に!基礎知識と賢い使い方

  • バレない?電話確認なしで在籍確認なしのカードローンはあるの?