女性スタッフが対応!女性専用の窓口を希望している方向けのキャッシング

キャッシングを利用している人の4人に3人は男性ですが、女性の利用客も増えてきています

 

以前はキャッシングは「サラ金」とも呼ばれ、なんとなく恐いイメージを持っている人も多かったのではないでしょうか。

 

消費者金融業界が過払い金問題を発端に再編されることとなり、現在は多くの会社が銀行の傘下に入っています。

 

そのためキャッシングができる会社のイメージもだいぶ改善されました。最近では女性でも気軽に利用することができるよう、女性スタッフを置いた女性専用のキャッシングサービスを開始している会社も増えています。

 

通常のキャッシングとレディースキャッシング

女性専用のキャッシングは「レディースキャッシング」とも呼ばれることがあります。このサービスは女性専用ですので、男性は利用することができません。女性スタッフが対応してくれますので、同性のほうが利用しやすいと思っている人にとってはお金を借りやすくなるでしょう。

 

また、金融機関にとっても女性のほうが男性と比較すると返済率が高く、安心して貸し出しができる存在です。女性への貸し出しを増やしたい金融機関にとって、こうした女性専用サービスを開始することで事業拡大を狙えるのです。

 

では通常のキャッシングとは何が違うのでしょうか。実は電話対応してくれるのが女性スタッフ、という点を除いたら、通常のキャッシングも女性専用のキャッシングも違いはありません。

 

契約内容で優遇されることもありませんので、どちらのキャッシングで契約しても負担はかわらないでしょう。ただし、男性に応対されるのが嫌だと感じている人にとっては、精神的な負担は軽減されます。

 

女性の返済率が高いのは、「延滞したら電話口で恐い男性に怒鳴られるのでは」という恐怖心があるためでもあります。女性スタッフであれば同性として、相談しやすくもなります。

 

普通に利用していれば金融機関から電話がかかってくるようなことはほとんどありません。しかしどうしても契約時には電話連絡が必要になります。もし男性から個人名で電話がかかってきたら、浮気を疑われてしまうかもしれません。

 

女性スタッフからであればそんな心配をする必要もないので、疑われるリスクを減らすこともできます。反対に男性がキャッシングの申し込みをするとき、電話対応をする人を男性にして欲しいとお願いする人もいます。

 

これも同様に浮気を疑われたくないためでしょう。銀行の場合は銀行名を名乗って電話を掛けることが多いのですが、消費者金融や一部銀行のローンでは会社名を名乗らず、個人名でかけることが通常となっています。特に在籍確認で知らない異性から電話があれば、電話応対者に疑われてしまうのが心配になるでしょう。

 

金融機関によっては女性専用のローンを用意していないところもあります。しかし一般的にコールセンターには女性スタッフが多くおり在籍していますし、日々品質向上のために努力をしています。電話対応は録音されて管理されていますので、女性スタッフでなくてもかまわないと思っている人は、通常のキャッシングに申し込んでも問題ないでしょう。

 

男性スタッフの対応でも金融機関のコールセンターの応対の質は非常に高くなっています。また、対応できる人が増える分、電話を掛けた時に待たされる時間も短くなります。女性専用キャッシングでは女性スタッフの手が空くまで待たなくてはなりません。

 

レディースキャッシングを選ぶ時のチェックポイント

レディースキャッシングを行っている会社はいくつかありますが、基本的にはコールセンターの品質はどこの会社も高くなっています。支払いに関する問題が起きた時でも丁寧に対応してもらうことができますので、テレビドラマのように激しい取り立てにあうこともありませんし、そうした取り立てや催促は厳しく法律によって規制されています。

 

女性専用のキャッシングを選ぶ人の多くは、総じて気が弱い部分があります。つまりお金を借りることもあまり知られたくないと思っている人が多いのではないでしょうか。店頭で申し込んだり自動契約機を利用すると、誰かに目撃されてしまう可能性があります。ですから女性専用キャッシングを選ぶポイントとしては、Webからの申し込みができ、すべての手続きが自宅に居ながら完了するところを選ぶと良いでしょう。

 

最近の金融機関ではほとんどがWebからの申し込みに対応していますので、店舗や自動契約機に向かう必要はありません。振込融資をしてもらうこともできますので、いつものATMから簡単に自分のお金を引き出すようにキャッシングすることができます。ただし急いで契約をしたいときは、自動契約機での手続きが必須となることもあります。カードを郵送で受け取る場合は、カードの到着が翌日以降になってしまうためです。

 

その他に選ぶポイントもいくつかあります。例えば貸出上限金額です。カードローンの仕様としての上限もありますが、ほとんどの人はその上限の限度額を設定してもらうことはできません。収入によって限度が決まるからです。特に銀行以外のキャッシングは総量規制の対象です。総量規制では年収の3分の1以上の貸付ができませんので、所得が低い人は銀行系のキャッシングを選んだほうがよいでしょう。

 

また女性の多くは結婚すると専業主婦になります。専業主婦は収入がありませんので、総量規制対象の会社では借りることができません。そこで注目なのが、配偶者貸付です。これは配偶者の同意があれば、夫婦の年収の3分の1まで借りることができるようになる制度です。

 

また無利息キャッシングができれば利用しておきたいところです。多くの無利息キャッシングは契約した直後、もしくは初めての借入でしか利用することができません。しかしこのキャンペーンをうまく利用すれば負担なくお金を借りることができるのです。

 

所得が低く信用力がないと、金利が高く設定されることも珍しくありません。そのため、キャッシングの最大金利が低い会社を選ぶもの、上手に借りるためのコツです。ただし女性専用キャッシングがない会社も多くありますので、金利に重点を置くのであれば通常のローンも検討したほうが良いでしょう。

 

総量規制対象外のレディースキャッシングはあるの?

総量規制対象外であれば、年収が低くてもある程度の借り入れをすることができます。しかし残念ながら銀行系カードローンで女性専用ローンを用意しているのは新生銀行カードローン「レイク」だけです。

 

レイクは以前は消費者金融で、現在は新生銀行にそのすべてを買収され、カードローンのブランド名として残っています。そのためレイクを消費者金融だと思っている人も多くいますが、レイクは総量規制対象外の銀行系ローンです。

 

 

レイクは即日融資が可能な金融機関で、さらに無利息キャンペーンも行っています。平日の14時までに手続きが終われば、当日中に振込融資をしてもらうこともできます。新生銀行の預金口座を作る必要はありません。土日や祝日、それ以降の時間の契約になってしまうと、即日融資してもらうためには自動契約機にいかなくてはならなくなります。

 

レイクの無利息キャンペーンは2つのコースから選択することができます。

 

  1. 1つは30日間無利息
  2. もう1つは、5万円以下の利用額が180日間無利息

になるものです。

 

少額の利用であれば180日間無利息で借りることができるのは、大きな負担削減につながるでしょう。無利息期間を利用している最中にも返済日がやってきます。

 

返済が遅れてしまうと、せっかくのキャンペーンも強制的に終了になってしまうだけでなく、延滞した日数に応じて遅延損害金が発生してしまいます。契約したら次の返済日がいつなのかもしっかりと確認しておきましょう。

 

新生銀行カードローン「レイク」はインターネット経由の返済にも対応しています。Pay-easyという支払い方法を振込用紙で見たことがある人も多いのではないでしょうか。これはインターネット経由で、あるいはATMから支払いをすることができるシステムです。

 

しかし新生銀行カードローン「レイク」にもデメリットはあります。銀行のカードローンとしては最大金利が高くなっており、消費者金融のローンとほとんど変わらない水準です。銀行系カードローンの多くは高くても金利が15%程度ですが、レイクの場合は18%となっています。特に契約した直後は最大金利となることがほとんどです。

 

長期間利用して信用を築けば低金利のローンになる可能性もありますが、本人にある程度の収入があった上で限度額をアップしてもらったり、交渉を続けていったりしなくてはなりません。総量規制対象外だからいくらでも限度額が増えるというわけではなく、支払い能力を超える貸し出しはしてくれません。おおよその限度額は申込者の信用力によっても異なりますが、多くても年収の2分の1までとなります。

 

早めに限度額をアップしてもらうためには、収入証明書を提出すると良いでしょう。

 

無利息期間サービスのあるレディースキャッシングはこちら

レイク以外にも無利息期間のある女性専用キャッシングはあります。それがプロミスレディースです。

 

プロミスは三井住友銀行グループである、SMBCコンシューマーファイナンスが提供しているカードローンブランドです。テレビでCMを見たことがある人もいるかもしれません。SMBCコンシューマーファイナンスは、消費者金融業界でも国内トップクラスの規模を誇ります。

 

男女ともにコールセンターの質に定評がある会社です。お金を借りることに対して不安がある人であれば、プロミスを選ぶのも良いかもしれません。ホームページ上でも女性スタッフにつながる専用回線の案内を出してあり、レディースローンに力を入れている会社でもあります。

 

プロミスには契約して最初の借り入れから30日間、利息がゼロになるキャンペーンがあります。このキャンペーンを利用するためにはメールアドレスを登録してWeb明細を見られる状態にしなくてはなりません。申し込みと同時に手続きをしておくと良いでしょう。

 

プロミスの便利な点は、契約さえしてあれば土日祝日や深夜を問わず、24時間リアルタイム融資をしてもらうことができる「瞬フリ」というサービスがある点です。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を指定することで、このサービスを利用することができます。もちろん他の金融機関の口座を振込先にすることも可能ですが、その場合は平日の15時までに手続きをしないと、振込融資は翌営業日扱いになってしまいます。

 

プロミスのデメリットは金利の高さです。レイクよりは低いのですが、最大金利は17.8%となっています。消費者金融としては平均的な水準ですが、銀行系カードローンと比較すると少し負担が大きいでしょう。

 

ただしプロミスは融資に積極的な会社ですので、他の銀行系ローンで断られてしまった人でも契約できる可能性があります。総量規制対象となっていますので、安定した収入がある人しか契約することができません。また貸出上限は年収の3分の1までとなります。

 

ただしプロミスには総量規制対象外の「自営者ローン」というものもあります。女性で自営業者であれば、こちらのローンのほうが高い限度額を設定される可能性があります。ただしレディースローンではありませんので、男性スタッフが対応することもありますし、無利息キャンペーンは適用されません。レディースローンから切り替えることもできますので、無利息期間の後に、自営者ローンを利用するのもよいかもしれません。

 

ただし自営業者しか利用することができませんので、自分でビジネスをしていない人はレディースローンへの申し込みにしておきましょう。

 

新生銀行系列の「ノーローン」にも無利息期間があります。こちらは7日間ですが、完済するたびに翌月からまたキャンペーンの適用ができるようになります。

 

配偶者貸付のあるレディースキャッシングはこちら

収入ゼロの専業主婦でも借り入れができるローンは非常に貴重です。

 

専業主婦でも生活のためにお金を借りなくてはならないことがあるためです。もちろん旦那さんに借りてもらえば済む話ですが、自分の判断で借り入れができないと、上手に買い物もできなくなってしまうこともあります。

 

配偶者貸付があるレディースキャッシングとしては、大手通販会社「ベルーナ」が運営しているベルーナノーティスというサービスがあります。

 

ベルーナはあまり聞き慣れない会社かもしれませんが、東証一部上場の大手企業ですので安心して利用することができるでしょう。ベルーナノーティスの売りは配偶者貸付制度ですが、専業主婦ではなく、一定の収入がある人でも利用することができます。お友達紹介プログラムというものもありますので、友達でお金に困っている人がいたら紹介するのもよいかもしれません。

 

ベルーナノーティスでは申込から契約までがスムーズに完了すれば、その日のうちに融資してもらうことも可能です。コンビニのATMを利用することもできますので、利便性は大手消費者金融や銀行のカードローンと大した違いはありません。

 

ベルーナノーティスのデメリットは、まだ他社と比較するとそのサービスが新しくなっていない点です。他社では書類をメールやアプリで送ることができます。しかしベルーナノーティスではFAXか郵送でしか受け付けてくれていません。FAXが自宅にある人は問題ありませんが、ない場合はコンビニを利用しなくてはならないので少し不便でしょう。また、金利が15%〜18%と高く設定されています。

 

他にも配偶者貸付制度がある会社があります。それが「エレガンス」です。こちらもあまり聞き慣れない名前かもしれませんが、実は創業1970年で40年以上営業しているレディースキャッシングの老舗です。電話で申し込みをして必要書類をFAXで送れば、即日融資も可能です。

 

エレガンスのデメリットもやはり金利の高さです。最高金利が20%となっています。利息制限法では10万円未満の貸付であれば金利が20%になってしまいますので、金利を18%以下に抑えたいのであれば限度額は10万円以上にしたいところです。ただし、借り入れできる最大限度額も50万円となっていますので、まとまった金額を融資してもらいたい場合には向いていません。

 

少額を今すぐ借りたいという場合には良いでしょう。エレガンスもアプリやメールには対応していないので、書類送付が少し不便です。アプリやメールに対応しているのは大手の消費者金融や銀行が多く、こうした小規模の会社は老舗であっても、まだシステムが古いままのところが多くなっています。

 

おすすめのレディースキャッシング業者

これらのレディースキャッシングを行っている会社を比較したとき、さまざまなポイントで比較することができます。

 

金利で選ぶ場合、新生銀行カードローン「レイク」は4.5%〜18%、プロミスは4.5%〜17.8%、ノーローンは4.9%〜18%、ベルーナノーティスは8%〜18%、エレガンスは10%〜20%となっています。

 

最低金利はレイクやプロミスが有利となっていますが、実はこのような最低金利で契約できる人はほとんどいません。注目しておかなくてはならないのが最大金利です。最大金利で一番有利なのはプロミスということになりました。

 

一方限度額も気になるところです。レイク、プロミスは500万円まで、ノーローンは300万円まで、ベルーナノーティスは100万円まで、エレガンスは50万円までです。一定の金額以上の契約をする場合、収入証明書が必要となります。

 

レイク以外は総量規制対象ですので、ベルーナノーティスやエレガンスのように配偶者貸付がある会社を除いて、収入のない専業主婦は借りることができません。

 

収入があればどこの会社でも借りることができます。ただし専業主婦でも、自宅でパソコンを使った作業をして収入がある人や、頻繁にオークションで販売をしている人は、所得があると判断されることもあります。

 

何かしらの所得がある人は正確に申告しておきましょう。ただし証明書として書類が必要になることがありますので、確定申告や取引明細がないと収入として扱ってくれないこともあります。

 

無利息期間を上手に利用したい人であれば、プロミスやレイク、ノーローンを選ぶと良いでしょう。無利息キャンペーンの適用条件は各社異なっており、一定の条件をクリアする必要があります。条件をクリアできるように、どのようにしたら無利息になるのか把握しておきましょう。

 

また、レイクの場合は無利息期間が契約の翌日からスタートします。すぐに借り入れをしないと無利息で利用できる期間がどんどん短くなってしまいます。

 

あらかじめ契約しておく目的で申し込むのであれば、プロミスのように最初の利用時に適用される会社を選んだほうが良いでしょう。

 

プロミスにはポイント制度もあり、ポイントを貯めることによって自分の好きなタイミングで無利息期間を設定することができる機能もあります。ポイントプロミスからのお知らせを読んだり、毎月ログインをしたり、収入証明書を提出したりすると貯めることができます。

 

たまったポイントは無利息期間の設定以外にも、コンビニATMの手数料を無料にするなどの使い方ができます。

 

こうした貸し付け条件以外にも、借入期間の長さで選ぶのも良いでしょう。短期間の借入であればそれほど利息負担が膨らむことはないので、審査通過率の高い契約しやすい会社に申し込むのも良いでしょう。