緊急でお金が必要になったりお金に困ってた時に使える!市役所でお金を借りる方法

MENU

緊急でお金が必要になった!市役所でお金を借りる方法とは

 

お金を借りる場合には、金融業者や銀行、クレジットカード業者が一般的だと言えるでしょう。実はこれだけではなく、他にも方法が存在しているのです。

 

それは市役所でお金を借りる方法なのですが、実際には知らない人が多くなっています。これは日本全国どこの市町村であっても行われている制度なので、まずはこのような方法が存在していることを確認しておくことが重要です。

 

今日、いきなりお金が必要になったらどうする!?

長く生活をしていれば、急にお金が必要になるケースもあるでしょう。どうしても今日お金が欲しい場合には、どのように対処すればよいのでしょうか。多くの人はクレジットカードの現金化を利用するでしょうが、人によってはクレジットカードを持っていない人もいるのです。このような場合には、別の対処法が存在していることを知らない人が多くなっています。

 

実は市役所でお金を借りることができるのです。このような方法があると知らないという人も多いので、まずは知っておきましょう。

 

もちろんクレジットカードの現金化と同じように、借りることができる金額というのは限られています。なぜなら返せないような金額を借りてしまったら、借金で生活ができなくなってしまうでしょう。クレジットカード会社や銀行、金融業者の場合には、会社のお金なので無関係の人に影響が出てしまうことはありません。しかし、市役所というのは市民の税金で運営しているので、貸してもらえるお金というのは市民が納めた税金になっているのです。

 

よってたくさん借りる人が大量に増えてしまい、誰も返済できないとなってしまえば、市役所の運営ができなくなってしまう可能性もあります。もちろん国から補助金などが出る場合もあるでしょうが、実際経営破たんしたと言っても過言ではない市も存在しています。このような事態を防ぐために、きちんと借りることができる金額が限られているのです。

 

まずはいくら借りることができるのかを知っておかないといけません。それを知った上で借りる必要があるのです。

 

よって急にお金が必要になった場合には、市役所でお金を借りる方法があるということも知っておくべきでしょう。急にお金が必要になるケースというのはいろいろとありますが、市役所の場合にはきちんと利用目的が明確になっていなければいけません。よって欲しい物ができたから貸してほしいと言っても、借りられないことも覚えておきましょう。どうしても欲しい物があるからお金が欲しいという場合には、クレジットカード業者や金融業者を利用しないといけません。

 

高齢の方がお金を借りるなら消費者金融ではなく市役所がおすすめ

近年は高齢化社会となっており、若い人よりも圧倒的に高齢者が多くなっています。しかも政治家の悪政によって、後期高齢者医療制度や増税、年金支給額の減額などが行われたことにより、高齢者が生活しにくい世の中になってしまいました。しかも日本人は外国人に比べて極端におとなしいので、このような悪政を敷かれても強く抗議することをしません。

 

このような住みにくい世の中になってしまえば、当然お金が足りなくなってしまうこともあるでしょう。お金が足りなくなってしまったのであれば、誰かから借りなければ生活していくことができなくなります。

 

このような点に目を付けて、商売を行っている業者も存在しているのですが、きちんと決まりを守って営業しているのであれば問題はありません。しかし、中には悪徳業者というところも存在しています。

 

このようなところは、高齢者がお金に困っていることを利用して、最初はやさしく接しようとします。

 

高齢者の中には目が悪い人も多いので、小さな読みにくい字で契約書を交わされ、高額の利息を請求することもあるのです。もちろん違法なので、訴えれば勝てるでしょう。

 

このような被害は事前に回避するのが望ましいのですが、そのためには金融業者やクレジットカード業者からお金を借りるのではなく、市役所でお金を借りる方法が適しています。役場もまともに運営しているとは言えないところが多いのですが、お金を借りた人を騙すようなことをされる心配はまずありません。

 

よって騙される可能性がある業者を利用するよりも、役場を利用した方が高齢者にはよいと言えるでしょう。もちろん全ての業者が悪徳というわけではありません。

 

以前からお金を何度か借りたことがあり、信頼できる業者を知っているという場合には、その業者を利用してもよいでしょう。しかし、現在の高齢者というのは高度成長期やバブル期を体験している人なので、大半の人はしっかりと貯金ができているのです。そのため、若いときや働いているときにお金を借りるという経験をした人は少ないと言えるでしょう。

 

定年退職後にバブル崩壊や政治家の悪政でお金を吸い上げられ、生活に困っている人が多くなっています。よって初めてお金を借りる場合には、役場で借りる方法がおすすめです。

 

母子家庭でお金に困ったら

最近は母子家庭も増えています。離婚をした場合、子供の親権は母親が持つ場合が多いので、これも母子家庭が増えている理由の1つだと言えるでしょう。また、事故や病気などで父親が死亡してしまうこともあるので、このような場合にも母子家庭になってしまいます。母子家庭の最大の問題は、仕事と子育てを両立させる必要が必ず出てしまうということです。

 

本来であれば父親が働いて、母親が子供の面倒を見るというのが一般的でしたが、現在では政治家の悪政によって、共働きをしないと生活できない家庭も増えています。

 

共働きでないと生活していくのが厳しいのに、母親1人で子育てと仕事を行って子供を養うというのはかなり難しくなっているのです。もちろん母親が病気になってしまうこともあるでしょうし、事故などでケガをしてしまい、働けなくなってしまうこともないとは言えません。

 

このような状態になってしまえば、当然収入がなくなってしまうでしょう。保険によってある程度の収入は得られるでしょうが、それでは当然生活が厳しくなり、お金が足りなくなってしまいます。

 

お金が足りなくなった場合には、他者からお金を借りるしかなくなってしまうのですが、母子家庭では返済するのが難しくなってしまうことが多いので、銀行などでは審査に通らないケースもあります。金融業者やクレジットカード業者の場合であっても、やはり審査に通らないこともある上に、返済が難しくなってしまうこともあるでしょう。

 

このような場合に利用するべきなのが役場なのです。市役所でお金を借りることができる方法を知っていれば、生活支援費を借りることができます。

 

役場の場合には、限度額以内であれば自由にお金を貸してもらえる民間の業者とは異なっているのです。

 

そのため、きちんとした理由がなければ借りることができないのですが、その理由の1つに生活支援費というのがあります。生活支援費は単身で15万円以内、2人以上であれば20万以内で借りることができるのです。

 

母子家庭ではどうしても生活できなくなってしまうことも多いので、借りられる場合が多いと言えるでしょう。まずはこのような制度があることを知っておくべきです。

 

闇金に行く前に市役所に相談してみよう!

昔に比べてだいぶ闇金の被害は減っているものの、全くなくなったというわけではありません。特に若者は闇金自体を知らないという人も多いので、知らずにお金を借りてしまう人もいるのです。もちろん高齢者でも全く闇金に引っかからないというわけではないので、十分注意しないといけません。

 

闇金というのは何のことなのかというと、お金を貸す場合にもきちんとした法律が存在しています。利息制限法や賃金業法などの法律が一般的なのですが、このように決められている法律に違反している業者を指します。

 

ようするにこれ以上利息を取ってはいけないと定められているにも関わらず、利息制限法で決められている上限金利を上回る利息を徴収している業者が一般的です。

 

利息制限法では、10万円未満の場合には年20パーセントと定められていますし、10万円以上で100万円未満の場合には、年18パーセントと定められています。100万円以上の場合には、年15パーセントという決まりがあるのですが、闇金はこれらを上回る利息を徴収しているため、実際には返済する必要がありません。

 

弁護士に依頼すればほぼ間違いなく解決できる方法でもあるので、現在ではそれほど恐れることはありませんが、中にはかなり悪どいことをしてくる業者もあるため、注意する必要があるのです。このような闇金の被害を回避する方法としては、やはり市役所でお金を借りることが最良の方法だと言えるでしょう。

 

これは年代や性別には一切関係ありません。しかも市役所であれば無料で相談にも乗ってくれるのが一般的なので、まずは現在の状況がどのような状態であるのかを相談してみるべきです。

 

そうすればどれだけお金を借りることができるのか、自分はお金を借りることができる条件を満たしているのかなど、詳しいことを教えてくれるでしょう。どうしてもお金に困っているという人は、闇金が危険だと知っていても利用してしまう傾向にあります。

 

特に総量規制によって本当にお金に困っている人が借りられないという状況なので、仕方がない面もあるでしょう。だからこそ市役所が行っている制度を利用するのがよい方法なのです。

 

市役所でお金を借りる際の返済方法

市役所でお金を借りることができた場合でも、当然返済しなければいけなくなるので、借りたらそのままでよいというわけではありません。このようなサービスは補助金の受け取りとは異なっているため、必ず返済しなければいけないということを忘れないようにしましょう。あくまで貸付となっているのですが、どのように返済すればよいのかわからないという人もいるでしょう。

 

もちろん返済方法は、お金を借りたときにきちんと説明をしてくれるので、心配する必要はありません。

 

基本的に返済方法は、銀行や金融業者などで借りたときと同じ方法になっています。ただし、どのような状況であっても無利息で借りられるというわけではありませんので、通常は利息分も支払うようになるのが一般的なのですが、金利は銀行や金融業者、クレジットカードなどとは異なり、かなり安く設定されていることが多いでしょう。

 

しかも連帯保証人を付けることができれば、無利息で借りることも可能になっているのです。

 

だからこそ市役所でお金を借りられることを知っておくべきだと言えるでしょう。

 

では、利息が付いてしまう場合では、どれぐらいの金利になっているのでしょうか。通常金融業者を利用した場合には、年間11パーセントから14パーセントぐらいに設定されていることが多いのに対して、市役所の場合には年間1.5パーセントに設定されているのです。

 

銀行でもこれだけ安い年金利に設定されていることはまずないので、かなり返済も楽になるでしょう。なぜこのような安い金利で返済が可能なのかというと、市役所は我々市民の税金で運営しているからです。

 

普段は高い税金を納めて、市民が市役所の職員や市議会議員、市長を養っているので、困ったときには助けるような制度が導入されているというのは、本来当たり前のことだと言えるでしょう。しかし、返済できなくなるとまずいので、連帯保証人がいない場合には、利息を付けることによって早めの返済を呼びかけているのです。返済について不明な点なども、相談をすれば丁寧に教えてくれるでしょう。

 

市役所でお金を借りる時に必要な書類

 

友達や家族にお金を借りる方法であれば、その場ですぐに借りることができるでしょう。しかし、業者や市役所でお金を借りる場合には、いきなり訪ねて行ってもすぐにお金を貸してくれるようなところはありません。もし貸してくれるようであれば、それは闇金である可能性が高いでしょう。通常お金を借りる場合には、まず必要な書類を揃えて提出する必要があります。特に市役所の場合には、利用する目的が明確になっていなければお金を借りることはできません。

 

そのため、事前にいくつか書類を揃える必要が出てくるのです。では、どのような書類が必要になるのかというと、必ず必要になるのが住民票になります。住民票も市役所でもらうことができるので、比較的簡単に必要な書類が揃えられると言えるでしょう。市役所でお金を借りる場合、どのような目的で借りるのかによって、揃えなければいけない書類が異なっています。住民票は必ず必要になるものの、所得証明書が必要になるケースも多いと言えるでしょう。

 

いくら市役所とは言っても、借りたお金はきちんと返済しなければいけなくなるので、返済能力があるかどうかを調べるために、所得証明書の提出が必要になるのです。後は連帯保証人を付けるかどうかで、必要になる書類が変わってきます。連帯保証人がいる場合には、きちんと必要事項を書類に記入してもらう必要が出てくるので、記載してもらった書類も提出するようになります。

 

ただし、市役所の場合には連帯保証人がいなくても基本的には借りることが可能です。

 

連帯保証人がいない場合には、年金利が付与されてしまうので、返すときに利息が付いてしまうというデメリットがあります。ただ銀行や金融業者のような高い利息ではないので、それほど返済に困ってしまうケースは少ないでしょう。揃える書類はこれだけになるのですが、どれも市役所で書類を受け取ることができる物ばかりです。よって申し込みをしてから必要書類をもらうためにどこかへ行くということが必要なくなるのですが、連帯保証人が必要事項に記入するという作業だけは必要になります。

 

どうすることも出来ない場合は一度相談を!

現在では政治家の悪政によってどんどん増税されている上に、物価高で生活が苦しくなっている人が激増しています。しかも医療費の高騰や年金支給額の減額など、日本人が安心して暮らせなくなるようなことばかり政治家が行っているので、お金に困る人が続出するのは当然だと言えるでしょう。

 

しかし、お金を貸してくれる業者というのは、借りたら必ず返済しなければいけなくなります。もし返済できない状況になってしまえば、最悪自己破産になってしまうこともあるでしょう。

 

このような事態になる前に、本当にお金に困って業者から借りることもできない状況になった場合、まずは市役所に相談をしてみましょう。市役所へ相談に行ってお金を借りる場合、大きく分けると4パターンの手段が存在しています。

 

1つ目は総合支援資金になるのですが、これは単身の場合には月15万円、2人以上で生活をしている場合には月20万円を上限として借り入れることが可能になっているのです。さらに住居が存在していないという場合には、入居費として40万円まで借りられます。

 

もちろんこれだけでは不十分なので、生活が再建できるようにと60万円までの借り入れも可能になっているので、まずはこのような方法が存在するということを知っておきましょう。

 

2つ目は福祉資金なのですが、これは福祉費として最大580万円、緊急時の一時借り入れ金として10万円まで借りることができるのです。

 

3つ目は教育支援資金になります。教育支援資金と言われると、大学に入学するときに大金を借りて、卒業後に多額の利息を付けて返済する奨学金が思い浮かぶでしょう。これ以外にも、市役所でお金を借りる方法が存在しているのです。高等学校や短大、大学などの学校の種類によって、借りられる金額が変わってきます。

 

最後の4つ目の方法は、不動産担保型生活資金になります。これは月30万円以内となっているのですが、他にも土地の評価額の70パーセント前後という決まりもあるのです。詳しいことは市役所の担当者に聞いてみましょう。きちんと理解できるようにいろいろと教えてくれます。

 

生活保護を申請する場合

 

本当にお金に困っているとき、生活保護を受けることができるのは知っているでしょう。しかし、生活保護を受けるためにはいろいろな条件があるのですが、中には条件を満たしていないのにもらえるケースや、条件を満たしているのにもらえないケースもあると言われています。

 

また、国民年金の支給額よりも生活保護の方が優遇されているという変なシステムになっているので、不満の声も出ているのです。では、どのような条件を満たしていれば、生活保護を受けることができるのでしょうか。

 

まずは換金することができる財産についてですが、これは10万円以下になっています。そして持ち家がある場合には売却が条件となっているのですが、売却すればそれなりの資産ができてしまうので、生活保護を受けられないケースもあると言えるでしょう。

 

現在では万が一のときを考えて、生命保険に加入している人も多いのですが、生命保険も解約をしなければいけません。現在では生命保険以外にもいろいろな保険があるのですが、この点については市役所の担当者に聞いてみましょう。

 

そして最も重要視されてくるのが、現在の収入がどれぐらいあるのかという点です。これは月12万円以下という条件があります。もちろん年金など他の収入減も関係してくるので、全ての月収が12万円以下でなければいけません。

 

特に近年はマイナンバーによって財産なども丸見えの状態になっているので、簡単に調べられてしまうでしょう。市役所でお金を借りる方法も存在しているのですが、生活保護を受けるという方法も検討しておくべきです。

 

ここで注意しておくべきことがあるのですが、生活保護は申請すればすぐにもらえるというわけではありません。申請してから1ヵ月前後かかってしまうということを知っておきましょう。なぜこれだけ時間がかかるのかというと、不正を防ぐためにいろいろな審査などを行う必要があるので、通知が出るまで2週間必要になるのです。

 

しかも支給日があらかじめ決められているので、どんなに早くても半月はかかると思っておきましょう。そのため、できる限り早い段階で申請を行うべきです。

 

【番外編】お金がない時の裏技

どうしてもお金が欲しいけれど、市役所でお金を借りる場合の条件に当てはまっていない場合は借りることができません。このような場合には、クレジットカードの現金化を行うことで、即座にお金を手に入れる方法がよいでしょう。しかし、利息を支払う必要が出てしまいますし、クレジットカードを利用していない人は使うことができません。このようなときにはどうすることもできないのかというと、実はまだ別の方法が存在しているのです。

 

それは携帯電話を利用する方法になります。携帯電話は大半の人が所持しているので、利用できないという人は少ないでしょう。ただし、現在日本でメインとなっている携帯会社であるドコモかAUを利用している必要があります。他の会社ではソフトバンクが同様のサービスを行っているのですが、どのような方法でお金を用立てるのでしょうか。

 

それはギフト券を購入して転売するという方法になります。どこで購入しても、どんな種類のギフト券でもよいというわけではありません。

 

まずはPINCOMというサイトを利用してギフト券を購入するのですが、よく購入されているのはアマゾンのギフト券です。そして普通に購入するのではなく、携帯電話を使って携帯決済で購入するようにしましょう。それを売却してお金にするのですが、せどりと呼ばれている方法と同じです。オークションサイトを利用しているのであれば、他の物を購入してオークションに出品するという方法もあるのですが、必ず儲かるとは限りません。

 

しかも入札してくれる人がいなければ1円にもなりませんし、時間もかかる方法なので、すぐお金を手に入れたい場合には向いていないでしょう。

 

携帯決済でメールタイプのギフト券を購入して売ればよいのですが、売るところもにも注意が必要です。売るのは専門の買取業者を利用するようにしましょう。この方法であれば比較的早い段階で現金を手にできるのですが、それほど多くの金額を稼げるわけではないので、一時しのぎ程度になってしまいます。

 

市役所でお金を借りるのは安心です!

市役所でお金を借りるのが最も安全である理由は、金利がとても低くなっているからです。民間の業者でお金を借りる場合に比べて、かなり低く設定されていると言えるでしょう。市役所の場合には、年金利が1.5パーセントに設定されているので、これだけ低い金利で借りることができるところは他にありません。

 

なぜこのような安い金利で借りられるのかというと、市役所は民間の業者ではなく、公共の施設だからです。公共の施設というのは、市民の税金で成り立っているのは知っているでしょう。

 

ようするに市民が税金を納めなければ、市役所の職員も市議会議員も市長も給料をもらうことができません。また、日本には生活保障を行うという義務が存在しているので、このように地方自治体がある程度の支援を行っているのです。ただし、市役所はお金を借りるための機関ではないので、どのような理由でも貸してもらえるというわけではありません。きちんと条件を満たしていないと借りることができないので、まずはどのような条件なら借りることができるのかを知っておきましょう。

 

低金利でお金を借りられることだけが、安全な理由ではありません。他にも悪徳業者に引っかかる心配がないという点も市役所が安全な理由です。現在では政治家の不祥事や犯罪が目立つようになっており、市議会議員や市長であっても辞職に追い込まれることがあります。

 

これが民間であれば確実に逮捕されているのですが、日本には議員特権があるので逮捕されません。しかし、このような不祥事を起こしてしまえば、当然市民から苦情の嵐が来ることになります。

 

民間業者と違って逃げ場がないのが公共施設なので、市民に対して悪質な貸し付け方法や小売りでお金を貸すという直接被害を加えるようなことは、殆ど発生していないのです。しかも1つの市に1つの市役所しか存在していないので、情報収集をして評判などを確かめる必要もありません。だからこそ市役所というのは、お金を借りるときには最も安全だと言われているのですが、お金を手にするまでの期間が長いというのがデメリットだと言えるでしょう。

 

住居がない方への支援

現在は生活苦になる人がとても多いので、家を失ってしまうこともあります。どのような理由で家を失ってしまうことが多いのかというと、地震や火災、台風などの災害によって家に住めなくなってしまうということもありますし、自己破産をして持ち家を失ってしまうこともあるでしょう。中には賃貸住宅に住んでいる人もいるでしょうが、家賃を支払うことができずにホームレスになることも現在ではあるのです。

 

このような理由で家を失ってしまえば、当然役場は税金を徴収することができなくなります。

 

そのため、市役所では住居がない人にも支援を行っているのです。ただし、市役所でお金を借りる場合であっても、返せる見込みがなければ貸してはくれないことが多いですし、しっかりと相談に乗ってくれない職員もいます。もちろん市役所でも住居入居費としてお金を借りられるようになっているのですが、職があればともかく、無職だと厳しいでしょう。農業を行っていた場合などは、農地も災害で使えなくなってしまうこともあります。

 

自宅でパソコンを使って仕事をしている人もいれば、内職などで生計を立てている人もいるので、このような人の場合には返せる見込みがありません。実はこのような人でもお金が借りられるような行政支援を行っているところも存在しているのです。それがTOKYOチャレンジネットなのですが、このような支援制度を利用する方法があるのを知っておくべきでしょう。

 

これは東京都で行っている制度なのですが、他の県でも行われているところはあります。

 

市役所がダメなら、都道府県に相談してみるという方法があるので、諦めないようにしましょう。もちろん誰でも利用できるというわけではありません。きちんと支援を受けるための条件が設けられているのですが、TOKYOチャレンジネットに関しては、住居がないことと、東京都内に半年以上在住していることです。なぜなら東京都に税金を納めている人のための支援だからです。仕事についての相談にも乗ってもらえるので、とてもよい制度だと言えるでしょう。

 

市役所以外でも出来るお金に困ったときの対処法

市役所でお金を借りる方法以外にも、いろいろとお金を用立てることができるのですが、主な方法としては生活保護があります。しかし、本来であれば生活に困っている日本人を対象に行われている制度なのですが、本当に困っている人が生活保護を受けられないという事態になるケースもあるのです。

 

逆にそれほどお金に困っていない人が生活保護を不正受給して問題になっているケースもあるので、公平性に欠けると言えるでしょう。しかし、有効的な方法でもあるので、条件をよく確認して相談してみるべきです。

 

また、生活保護を受けながらでも、生活福祉支援制度を受けることができるのです。これによって一時的にお金を得ることはできるので、本当に困ったときのみ利用してみてはいかがでしょうか。他にもクレジットカードの現金化を行う方法や、フリマアプリを利用する方法などもあるのですが、クレジットカードの現金化は、一般的な借金とそれほど変わりありません。そのため、返済する必要が出てきてしまうので、あまりおすすめできる方法だとは言えないでしょう。

 

フリマアプリも近年では現金の出品ができなくなっているので、金券など比較的高く売れる可能性が高い物を出品するなどの方法も可能です。しかし、メリットがある反面、デメリットも存在している方法なので、やはり先ほども少し触れたように、生活福祉支援制度などを利用するのがよいでしょう。

 

また、職業訓練受講給付金を利用する方法もあります。この方法であれば、スキルを身に付けて就職する場合にも有利になるので、おすすめできる方法になっています。

 

職を失ったばかり、退職したばかりでお金に困っているという場合であれば、失業保険を利用するのがよいでしょう。失業保険は返済する義務がないので、安心して利用することができるのですが、給付されるまでの期間が短いというのが欠点です。

 

また、退職したときの状況によって、給付されるまでの期間が長くなってしまうケースもありますし、給付される期間がさらに短くなってしまうこともあります。しかし、利用して損をすることはありません。


カードローン おすすめ

×